占いエッセイ

  • 【幸せの見つけ方コラム】男女の関係の謎

    2018.05.18NEW

    【幸せの見つけ方コラム】男女の関係の謎 【会員のみ閲覧可】

    読むだけで幸せが見つかるソフィア先生のコラム!

  • 【幸せの見つけ方コラム】初めての場所に行ってきました。

    2018.05.15

    【幸せの見つけ方コラム】初めての場所に行ってきました。

    読むだけで幸せが見つかるソフィア先生のコラム!

  • 【幸せの見つけ方コラム】おおらかな女性を、男は放っておかない

    2018.05.14

    【幸せの見つけ方コラム】おおらかな女性を、男は放っておかない 【会員のみ閲覧可】

    読むだけで幸せが見つかるソフィア先生のコラム!

  • 【幸せの見つけ方コラム】ダイエット

    2018.05.12

    【幸せの見つけ方コラム】ダイエット

    読むだけで幸せが見つかるソフィア先生のコラム!

  • 【幸せの見つけ方コラム】無限に広がる美しい世界
  • 【幸せの見つけ方コラム】疲れ果てている男性たち!
  • 素敵な“if”を想い描こう

    2018.03.11

    素敵な“if”を想い描こう 【会員のみ閲覧可】

    3月は、気持ちは春! なのに、気温が冬みたいに低い日もあり、心身のバランスを崩しやすい。外出するときも、夜、帰る頃にはきっと寒いかもね……と、モコモコしたコートで出かけると、歩き始めて10分もしないうちに後悔が始まる。でも、夜寒いかも……? しかし、ヤボったくてみっともないかも? 寒いかもしれない、暖かいかもしれない? 好きかもしれない? 嫌いかもしれない? おいしいかもしれない? マズイかもしれない?

  • 恋するライオンの複雑な胸の内

    2018.03.04

    恋するライオンの複雑な胸の内

    前回、遠い昔の失恋体験談を書いてしまった。時効になっている話だからもういいかな……と、深く考えもせずに“エッセイ”として発表したけれど、画面で自分の失恋記を見ると、「あ~、今思えば、勇気がなくて最初から引き気味だし、これじゃ失恋してもホントにしょうがないわねえ」と、つくづく考えてしまった。やっぱり、恋の成就に必要なのは、あと一歩、あとひと握りの勇気なのだと思う。その逆に、あってもあまり役に立たないものは、意地なのではないか? と思いをめぐらせたりもした。

  • 相手の心を知る法則

    2018.02.25

    相手の心を知る法則 【会員のみ閲覧可】

    23歳の冬、私は大きな失恋をした。 「キミに対する気持ちがもうなくなった……。これ以上やっていくのは、お互いにつらくなるばかり。もう別れよう」 「何だか、この3ヶ月くらい会っていても心がはずまないんだよね。特に大きな理由もないけれど、でも、やっぱりもうダメなんだ……。だから、別れよう」

  • 清少納言との意外な共通点!?

    2018.02.17

    清少納言との意外な共通点!? 【会員のみ閲覧可】

    このところ雪が降ったり、急に春爛漫になったり、お天気の機嫌が毎日のように違う。それに伴い、衣裳計画が狂い、冬支度、春の装い……とお出かけ前は部屋中、衣類の花畑になる。去年からずっとカラータイツに凝っているのも、お洋服選びに手間取る一因?! コーディネートは楽しいけれど、一方で時々、外に出てウィンドウに映る自分の姿を眺めつつ、“キャー!! 大失敗の巻!!”と、口から心臓が飛び出そうになってしまうこともある。(真赤なタイツとの組み合わせ失敗談シリーズは、そのうちいつか、お話ししますね!!)

  • 生命の神秘

    2018.02.10

    生命の神秘

    年に一番の厳冬期だというのに、今日はとても暖かい。窓から外を眺めていると、冬の木立の中に、薄く薄くみどりが混ざり始めているようだ。静かにたたずむハクモクレンやコブシは、つぼみの中にたくさんの春をたたみ込み、一枚……そしてまた一枚……と花ひらく日を夢見てる。その光景はまるで、花の中に眠れる神秘のコードを、春の女神たちがひとつひとつ解き明かしていくのを静かに待つ“早春の祭典”のようだ。

  • 「リフォーム中のこと」

    2017.12.29

    「リフォーム中のこと」 【会員のみ閲覧可】

    こんにちは、エミールです。12月を迎えてかなり寒くなりましたね、お元気でしたか? 今このお便りを書いている机の向こうは、晩秋の森景色。紅葉したけやきの葉が、サラサラと舞い散ります。

  • 人生で初めての占いとの出会い?

    2017.12.28

    人生で初めての占いとの出会い?

    一晩で千里を駆けるトラのように凄い勢いで走り抜き、一年を終えた。個人的なことだけれど……、本当に大激動!の連続……、そして、そのまた連続の連続!! まるで、ドラマのような出来事が次から次へとやってきて、365日のうち三分の二以上は、ハリケーンにグルグル巻き状態だった。しかし、大激戦や大混乱になるとガゼン、力が湧いてくるワタシ。

  • くるみ割り人形

    2017.12.27

    くるみ割り人形 【会員のみ閲覧可】

    冬至を過ぎた年末のある日、バレエ『くるみ割り人形』を鑑賞に出かけた。

  • 「子ネコがウチにやってきた!」

    2017.12.14

    「子ネコがウチにやってきた!」

    みなさん、こんにちは。ついに一年の最終月がやってきましたね。11月の終わりごろから、時間が倍速で過ぎていくように感じていますが、あなたはどうかしら。

  • 「想いを語ろう」

    2017.12.10

    「想いを語ろう」

    こんにちは! とうとう12ヵ月一番の最終月を迎えましたね。メール、電話、手紙など、想いを伝える方法にはいくつかの手段があるけれど、やっぱり私は手紙が一番、好きかな ?

  • ある満月の夜に見た魔法

    2017.05.27

    ある満月の夜に見た魔法 【会員のみ閲覧可】

    満月の日は、幼い頃、絵本で読んだ月のお話の魔法にドキドキ、ワクワクしたときを思い出す。 絵本に描かれていた不思議な魔法を見たくて、満月の夜はいつもベッドからこっそり抜け出して、毛布に包まりながら窓辺に座り込んで空を眺めていたの。

  • 占いは天界から与えられた英知

    2017.05.20

    占いは天界から与えられた英知

    先日、“どうして占いをお仕事にしようと思ったのですか?”と言われて、あまりにも唐突だったので一瞬、困ってしまった……。 そういえば、そうだ……。私の履歴書風に言えば、ノンノ創刊号にて初めて西洋占星術に触れ、上京と共に四谷舟町にあるルネ・ヴァン・ダール先生のアトリエを訪ね、入門。以降30数年余、西洋占星術及び東洋占術及び世界の占いの道を歩む。長い道のりを凝縮して書くとわずか数行!!

  • 遠い昔の月と太陽のお話

    2017.05.13

    遠い昔の月と太陽のお話

    前回のエッセイは、ロシアの民話だったので、今回はペルーに昔から伝わる太陽と月のお話をしますね。 地球が誕生した頃には、太陽と月は夫婦でした。夫は太陽で、月が妻。ふたつの天体は、昼も夜も一緒に働き、地上を照らしていました。 しかし、ある日のこと、月が人間を見つめながら、グチをこぼし始めたのです。 「人間をよくながめていると、時々良くない行ないをするものがいる。悪人は地球上から追放してしまったほうがいいのではないか……?」 月があまりにも落ち込んだり、腹を立てたりするので、太陽がなだめて 「悪いこともするが、いいこともしているではないか……。そんなに怒ってはいけないよ。」

  • 天空にきらめく七つ星のお話

    2017.05.06

    天空にきらめく七つ星のお話

    “北の空に一年中輝き、旅ゆく人の守り星として美しく光る北斗七星” ……世界の民話集の中で、こんなお話があるのでみなさんにも紹介するわね。 このお話は、どこまで行っても麦畑が広がるロシア。ウクライナの穀倉地帯に伝わる民話のひとつ。 ある村はずれの農家に、病気の母親と娘ソニアが暮らしていました。ソニアはとっても働き者で、朝から晩まで働き、生活を支える日々でした。

おすすめ占い

  • 【マーク・矢崎】的中占星術
  • 愛と結婚 究極リーディング アモールタロット
  • 【ジュヌビエーヴ・沙羅】幸導推命術
  • 【浅野八郎】姓名判断
  • 【天野原みちる】童話タロット
  • 【ケントナカイ】西洋占星術