A型

A型の彼は、どちらかというとM度が強そう。日頃自分をクールに抑えているだけに、ベッドでは女性の奉仕に身を任せたいと、密かに望んでいるところがあります。特に、年上の女性に弱く、されるがままになることも。実際、年上の女性の母性本能をくすぐります。ただし、馴染んでこなければ、密かな願望を表に出すこともないでしょう。また、気持ちを解放してあげると、徐々に大胆になります。そして、翻弄してくる相手に夢中になってしまうでしょう。


B型

B型の彼は、どちらかといえばS度が強そう。女性の気分に関係なく、自分の欲望のおもむくままに強引に振る舞うところがあります。女性が素直にしたがってくれると、ますますワイルドに。ただし、度を越して、女性の気持ちを配慮せずに振る舞うとしたら、それはただの欲望処理だけのセックスでしょう。気持ちの動きを見ながら行動する場合は良いのですが、あまりにもエスカレートするようなら、愛情そのものを疑ったほうがいいかもしれません。


O型

O型の彼は、どちらかといえばS度が強そうです。何かとライバル意識が強くなってしまいがちな彼は、ベッドでも自分が中心になってリードしたがります。女性が自分のセックスにまいってしまうまで、とことん迫り続けることも。あまり相手から迫られるのは好まないので、女性のほうが「負けた」ふりをするのがポイントかも。「ベッドのあなたってステキ」というほめ言葉にも弱く、そうなれば会うたびにHを求めるようになるに違いありません。


AB型

AB型の彼は、SもMもなく、対等な関係を望むでしょう。調和のとれた関係が好きで、あまり女性にナヨナヨと頼られるのは苦手。ふたりで楽しむセックスが、このタイプの理想です。時には、気分によって立場をチェンジすることもあるようです。あまりサービス精神が旺盛というわけではなく、ときどき自分だけが満足する、身勝手なセックスになってしまうことも。女性側が不満をもっても、それをあからさまにぶつけると気持ちが引いてしまうので要注意。上手に駆け引きで楽しむことが大切です。