「パウラ」の意味、それは「恐怖」。
あなたの近くに潜んでいるかもしれないパウラが姿を現し襲ってくる時、そこから逃れられるのか、それとも呑み込まれてしまうのか……。

詠み終えた後に残る、いくら振り払っても取り除くことのできないような、恐怖の源を味わうことも、また一興………。
大切な人に、あるいはあなた自身に潜んでいるかもしれない、心の深淵を覗く勇気はありますか……。

暗闇の中、冷たい指先で首筋を掴まれたような怖ろしさ。人の心の抱える闇が、恐怖の世界へと引きずり込む5つのストーリーを収録。

【目次】

「桜子」御茶漬海苔
◆妻に先立たれた男は愛娘の桜子を溺愛していた。だが彼氏が出来た桜子は、少しずつ父から離れていく。その桜子には出生にまつわる暗く歪んだ秘密があった……。

「美女と鬼女」空路(くろ)
◆屋敷の窓辺に立ち、いつも外を眺めている美しい娘のことが気になっていた佳介と信良。ある日、門のところまで出ていた娘に出会った彼らは、娘が鬼のような母に閉じ込められていると知る。しかしそれには理由があった……。

「狂信の家」もろおか紀美子
◆幸せな結婚をしたはずだったのに、夫が隠していた狂信的信仰によって蝕まれていく夫婦の仲。やっと離婚できた思った矢先に見舞われた不幸は予言されていた!?

「毬夜(まりよ)の池」千之(せんの)ナイフ
◆夏休み、湖水浴に出かけた由絵ら親友3人娘は予約の行き違いからペンションに泊まれず、近くの古い日本旅館を紹介された。その日本旅館には毬夜という等身大の娘人形が飾られていて……。

「切り裂きX」日野日出志
◆スポーツ万能で成績もトップ、そのうえ美しい星さとみは花園女子学園の人気者。ところが「切り裂きX」から彼女の机に残虐な殺害予告が置かれるようになって……。誰が犯人なのか? 親友か? 先生か? 疑心暗鬼になったさとみは幻想に悩まされるようになっていく……。

『ホラーコミックス パウラ 第1巻』
御茶漬海苔/空路/もろおか紀美子/千之ナイフ/日野日出志:著
定価:1,980円(税込)
体裁:B6判・並製・256頁/ISBN:978-4-906828-93-7
発行:株式会社 説話社

https://www.setsuwa.co.jp/publishingDetail.php?pKey=265

<プレゼント内容>
抽選で『パウラ 第1巻』著者の空路先生、もろおか紀美子先生、千之ナイフ先生のサインが入った本を2名様に差し上げます。

<プレゼント応募方法>
プレゼントの応募には会員登録(無料)が必要です。まだ会員でない方は下記よりご登録をお願いいたします。
すでに会員にご登録済みの方はログインして、下に表示される回答フォームに必要事項をご記入の上、ご応募ください。

<応募締め切り>
2022年11月30日(火)

※当選者の方にはお届け先確認のため、締め切り後10日以内にこちらからメールを差し上げます。
※なお弊社から当選ご通知メール送信後、1週間以内にご返信が確認できない場合は当選無効とさせていただきますので、ご了承ください。

プレゼントのお申込みには会員登録が必要です。

会員登録(無料)する!