知的な男性は、けして知ったかぶりはしません。社会経済をよく知っているし、知っているから、専門家でもない限り、あえて自ら経済の話をすることはありません。知的な男性は、とても上品な口元をしています。

しかし、あろうことに、自ら経済の話を、ペラペラとする男の人もいます。そのような人は、頭がカチンコチン。自分の話を聞いてくれそうな人を見つけたら、いざ出陣! 天下をつかんだ勢いで話し始めます。
しかし、待ってくださいよ。いくらこちらは、社会経済に詳しくないとしても、お山の大将のような人の話は、鵜呑みにしませんよ。政治家でもない人が、知ったかぶって話をしていることくらい、大人の年齢の人には、わかります。

経済の話って、ペラペラと話す人に、正しい見解はない!と、これまでの統計で分析できます。それなのに、ずっと話し続ける痛い男。もし目の前に、ずっと話し続ける痛い人がいたら?黙って!と口から飛び出てしまいそうになりませんか? いい男の人は、決してしない無駄なおしゃべりを、ブサイクは、ずっとしている。

統計的に、1日に話す分量は、男の人は、二千語。女の人は、七千語。と言われていますが、経済の話をしている男の人は、1日に話す分量を、経済の話にすべてを費やしているのではないでしょうか?
世の中には、個性さまざまな方々がいらっしゃいますが、モテる男は、基本的に寡黙です。

女の人は、お話をするのが大好きな人が多いですから、自分よりたくさん話をする男の人は嫌ですよね?
人生は、長いようで短い。手に掴めそうで掴めない幸せを、しっかり手にしたいならば、是非とも知的な男の人を選びたいですよね!やはり、魅力的な皆様のパートナーは、寡黙な人に決定!