仕事中は完璧な服装でも、実は家に帰ると部屋が汚れていたり、そもそも部屋の飾りつけが地味な男は、将来的に汚いおじさんになること決定。

バブルの時代の世代から、男の人も部屋のインテリアにこだわるのが当たり前になった。外ではおしゃれに着飾るけれど、部屋が寂しそうな感じの部屋に住んでる男や、散らかし放題の部屋の男は、年々、汚い癖が増えていきますよ。
お風呂に入るとき、はぁーっと言ったり、お蕎麦やお茶をズルズル飲んだり。腰痛になった時、いててて、と何回も言ったり。食後に爪楊枝でシーシーしたり。張り倒したくなるほど、気持ち悪いジーさんに降格するのは、あっという間ですね。

部屋は、その人自身のセンスの象徴であるだけに、心の中の状態を映し出してくれる鏡。こんな大事な点に手を抜く人は、自分磨きの足りない人と断定。結婚をしたら、家のインテリアは、女性が仕切れば見た目には美しいでしょう。しかし、独身時代に部屋のムードに気を使わないで生きてきた男の人は、きれいな部屋の空気を台無しにしてしまう態度をとりつづけてくるでしょう。

あなたー。下着一枚で部屋を歩き回るの止めてください。と注意しても直らないでしょう。それを許せる女の人なら、良いでしょうけれど、許せない人は、結婚には踏み切らない方が身のため。たかが部屋の汚さ、されど汚い部屋。
部屋の状態を確認したあと、この点に妥協することなく、パートナーを決めていきましょうね。

モテ女の皆様! 頑張って。

占いHappyWeb本格鑑定へ
https://mbhappy.com/paidFortuneList.php