芋名月の十五夜に祈ったら、栗名月の十三夜を忘れずに

秋は、名月と恵みの季節。
とくに今年は10月に二度、名月が楽しめます。

まず今月の1日は旧暦だと8月15日にあたりました。みなさんは中秋の名月をご覧になれましたか?
旧暦8月15日の「十五夜」の月は、里芋のように真ん丸な形なので「芋名月」などとも呼ばれ、昔から秋の収穫を天の神様に感謝するお祭りでした。みんなでご馳走を食べて豊作の喜びを分かち合うのです。

じつはこの十五夜と対になっている名月が今月もう一度あります。それが旧暦9月13日の「十三夜の月」、今年は10月29日が十三夜にあたります。ちなみに十五夜の月を見たら、次の十三夜の月を見ないと「片見月」といって、縁起が悪いのだとか。
その十三夜の月は、十五夜の月とは違って、まだ「望」の前なので完全に満ちていません。ですから栗(くり)の形のようにちょっとひしゃげています。そのため「栗名月」と呼ばれています。

私が子供のころ「十五夜」の晩は、「芋名月」を愛でながら、里芋の田楽や衣かつぎ、それに「むかごご飯」を食べました。
そして十三夜には「片見月」にならないように「栗名月」を楽しみながら、栗ご飯や栗おこわ、栗入りの赤飯などを食べるのです。

そうやって、どちらの晩も天の神様に秋の恵みを感謝したのです。
母は「旬の食べ物を食べることは、その時節の宇宙にあふれる“氣”を身体に取り入れることになるから、健康長寿はもちろん、よい運気も引き寄せるので開運にもつながる」と教えてくれたものです。
また、月の白い光には、心身を浄化する力が宿っているとも教えてくれました。とくに十五夜や十三夜の月の光を浴びると、日頃の汚れが落ちて健康と幸運を招くのだそうです。

今度の10月29日の「十三夜」の晩、栗おこわでなくとも、栗の形そのままの甘栗やマロングラッセなどを食べながら、十三夜の名月を眺めて心身の汚れを祓い、幸運と健康長寿を祈ってはいかがでしょうか?

それでは今月もみんなで一緒に幸せになりましょう。
チャオチャオ! マークでした。

☆マーク・矢崎先生 最新刊!発売中! すでに重版しました!!
『いにしえからの贈り物 お守り・厄除け・おまじない』(疫病退散の護符カード付き)
マーク・矢崎:著
定価:1,430円(税込)四六判・並製/232頁/ISBN:9784906828623
⇒伝説の占い情報誌『My Birthday』で一大“おまじない”ブームを作りだした“マークさん”が、今必要な「大人の願いをかなえるレシピ126」をここに!!
☆切り取って使える4種類の護符付き!
【護符画像】
疫病除けの「角大師疫病除け護符」/願い事をかなえる「勅令護符」/魅力や才能を引き出す「五芒星の護符」/ほしいものを引き寄せる「六芒星の護符」
http://setsuwasha.com/bookDetail.php?bKey=206
https://www.amazon.co.jp/dp/4906828620/


【マーク・矢崎先生の新サイトオープン】
☆【感謝殺到】親身に寄り添いピタリ的中◆癒しの占い師マーク・矢崎
マーク・矢崎(日本占術協会・理事・認定占術師)監修
⇒生まれたときの星の位置から算出した【惑星×星座チェックシート】、オリジナルの【アストロカレンダー】、幸運の【おまじない】で幸運をキャッチ
https://charge-fortune.yahoo.co.jp/stw/mark_stw/index.html


☆マーク・矢崎先生の占いサイト!!
「【マーク・矢崎】的中占星術」
〔スマホ/PC〕
⇒無料占い「人生」
【前世から受け継いだもの】強み/長所/人生の流れ⇒現世での心がけ
https://mbhappy.com/paidFortuneDetail.php?fKey=96
⇒無料占い「恋愛」
【うまくいく? いかない?】あの人との相性/現状と幸運のヒント
https://mbhappy.com/paidFortuneDetail.php?fKey=97