【牡羊座】
あなたは、滅多に人を好きにならないかもしれませんが、一度、誰かを好きになると途端にカーッとのぼせてしまうことがあります。その情熱を恥ずかしいと思ったり自分らしくない…などと思わず、大切にしたほうがいいでしょう。しかし、ちょっとやそっとのことでは、人を好きにならないあなたですが、いざ好きになってしまうと狙いを定めた相手を、必ず自分のモノにしようとするようです。積極的になるのはいいのですが、くれぐれも自信過剰にならないように気をつけてください。また、あなたには、相手から追われると気持ちが冷めてしまう傾向があり、逆に自分から追いかけると一転して、情熱的に変身するようです。愛されることを疎ましいなどと思わず、ぜいたくな悩みだと自覚したほうがいいかもしれません。もしも、自分から愛さなければ恋など意味がないと考えているのなら、こんなにもったいないことはないでしょう。恋愛は、お互いが愛し合ってこそ豊かな関係が築けるもの。もう少し自分の内側にある気持ちに、素直になったほうが良さそうです。周囲からすると、一見、冷たそうに見えることがあるようですが、本来のあなたは心の中でかなり情熱をかき立てているタイプ。そういった内側にある姿を無理に隠そうとせず、少しずつでも周囲に見せるよう心がけると、さらにステキな恋愛ができるようになるでしょう。普段から友人と接する態度にも気をつけ、感情を表に出していくことが望まれます。そういった姿勢は、あなた自身が醸し出す雰囲気を変えることにつながり、これまでと違った形の恋、そして、納得のいくステキな相手にめぐり会えることに発展していくはずです。

【牡牛座】
あなたは、どちらかといえば一人の相手をずっと思い続ける一途なタイプであるといえるでしょう。しかし、すべてが万事誠実で、決して裏切らないかというとそうでもなく、一方でつい浮気に走ってしまうこともある、という矛盾を抱えているでしょう。そのことについては、自分の中で何かしらの結論を持っていたほうがいいようです。自分の心の弱さや寂しさ、あるいは本能に従っているだけ…といった、何かしらの自覚が必要だといえます。なぜなら、自分の置かれている状況を客観視できるようになると共に、そういった方向に走ってしまう自分自身をコントロールし、歯止めを利かすことができるようになるからに他なりません。また、あなたは元来、人に対する好き嫌いが激しいのに、滅多に顔には出さない傾向があります。特別好きでもない人が近寄ってきても、好意的な素振りをしたり、何食わぬ顔をして接するため、かえって相手に誤解をされてしまうので注意が必要でしょう。さらに好きな相手の前だと、緊張してしまうことが多く、思うように自分をアピールすることができません。あまり自分をいい人に見せようとせず、もう少し本当の自分をさらけ出したほうが周囲にも、そしてあなた自身のためにもプラスになるはずです。往々にしてあなたは、すべてに人に対して愛想がいいのですが、なかなか人に恋心を抱かないようです。そのため誤解されたり、タイミングを逃す傾向があるといえます。片思いが多くなり、うまくいかないとヤケを起こして、さほど好きでもない他の相手とつき合うということもあるでしょう。進んで嫌味な態度をすることはありませんが、誤解されたりチャンスを逃がす前に、ハッキリとした意思表示はしておくべきといえます。

【双子座】
あなたには、内気な一面があり、好きな相手の前に出ると緊張しがちになるでしょう。そのため思うようにアピールすることができず、自分自身でジレンマに陥ることもあるかもしれません。まずは、それを何とかすることが大事といえます。自分をいい人に見せようとか気に入られようと強く思わないで、家族と一緒にいるときのような普段の自分でいられるよう心がけましょう。思い切ってギャグを言ったり、あえて格好悪いところを初めに見せてしまうと、肩の力が抜けるかもしれません。また、あなたは、サービス精神が旺盛といえ、好きな人に尽くすことが好きでしょう。ただし、それが行き過ぎていないかどうか確認する必要はありそうです。自分が相手に「こうしてあげたい!」と無償の愛情を与えているつもりでも、肝心の相手にとってそれが過剰サービスであったり、ときにはありがた迷惑になってしまうこともあり得ます。少し冷静に自分を省みることを心がけ、また相手の気持ちや都合を汲んであげるようにしましょう。一方であなたは、負けん気が強い面もあり、状況によっては相手が好きな人だろうが、言いたい放題になることがあります。その点だけは、十分に意識して気をつけたほうがいいでしょう。勢いあまって相手を傷つけてしまっては、その後の展開に支障が出かねませんから要注意といえます。さらに、意外だと思うかもしれませんが、実際のあなたは、異性恐怖症的な部分が少しあるようですから、無理に見栄など張らないことです。生理的に我慢できないことは、素直に、そして柔らかく表現するようにしましょう。周囲の動向や評判など気にせず、自分の、本当の好みの人にアプローチしていくことが大切です。

【蟹座】
あなたは、見るからにやさしげな雰囲気が漂っており、長い時間をかけてステキな相手を射止めたいと考える傾向があるようです。気に入った人をジックリと観察し、自分の気持ちを確かめ、徐々に盛り上がっていく情熱を感じながら、機が熟すときを待っているあなたといえるでしょう。ただし、ときには時間をかけ過ぎてしまい、目の前にあるチャンスを逸することがあるので注意してください。自分の気持ちばかりでなく、相手の気持ちや都合を汲み取り、シッカリと把握していないと、スレ違いや誤解が生まれてしまいます。告白はまだ先と思っていても、ある程度の意思表示はシッカリと見せておく必要があるでしょう。また、あなたは、さっぱりしてドライな部分が前面に出ると、ストレートに愛情を表現し過ぎてしまうこともあります。自分では当たり前に、ごく自然に気持ちを表現しているだけなのかもしれませんが、相手や状況に合わせて言葉を選ぶことは大切なことです。好きな人の前では特に、意識的に自分をコントロールすることを心がけ、行き過ぎたときがあったら素直に訂正するくらいの潔さがあってもいいでしょう。一方で、異性問題に神経質になり、考え過ぎて失敗することもあるようです。「男性だから…女性だから…○○をすべき、すべきじゃない」とこだわり過ぎず、自分らしい愛し方を自覚し、確立するといいでしょう。もう少し、男女間の関係においては大らかに構えることが望まれます。さらに、チヤホヤされることばかり考えていると、自分から行動に出ることが困難になることがあるはずです。自分を省みることや、周囲の人たちの良い部分を吸収したい…という謙虚な気持ちを持つよう心がけましょう。
【獅子座】
あなたは、恋愛相手についての選り好みが激しくなって、なかなか人を好きになることができなくなる場合があるでしょう。もちろん自分の理想に合った人を探し、おつき合いしたいという気持ちも大切ですが、目の前にあるチャンスを逸し、恋愛の経験を狭めるのはもったいないことだといえます。あまり相手のステイタスや上辺の事柄などに対して、神経質にならないほうがスムーズに展開しますし、おつき合い自体もうまくいくでしょう。また、ステキな人から一方的に愛されることが多くなる時期が予想されるあなたですが、そこで自信過剰になってしまうと、ある日を境にピタッと声がかからなくなることになりえますから要注意。高飛車な態度は、周囲に噂となって広まり、悪い印象を植え付けることになります。そうなると、なかなかイメージを払拭できなくなる恐れがありますから、謙虚な気持ちは忘れないようにしてください。どうして自分がそんなことをしなくてはならないの?という気持ちは、すでに自信過剰になっているという証拠です。注意してください。さらに、好き嫌いがすぐ顔に出てしまいやすいあなたといえます。好きの場合はよいのですが、嫌いの場合は険悪な雰囲気を漂わせ、ときにはケンカをもたらすでしょう。特に、第一印象だけで相手のすべてを決めつけるのは止めたほうが賢明です。態度だけでなく、言葉遣いにも細心の注意を払い、まず相手がどんな人であるのかをシッカリ見極めることに努めましょう。印象や外見だけで人を判断するのではなく、その人の内面をジックリ観察してください。あなたの心を揺さぶるような心の通じ合いを感じたとき、きっとステキな恋ができるはずです。

【乙女座】
あなたは、温かい家庭を築くことを夢見る傾向があるといえ、好きな人のために尽くすことが好きでしょう。自分なりの理想を思い描き、それに向かって努力し、また実践していくことはすばらしいことではあります。しかし、それも度を超すと、単なるお節介になってしまいますので、十分に注意してください。あなたの「してあげたい」という気持ちは大切ですが、まずその前に、相手の気持ちや都合を考えてあげることが最も重要なことだといえます。相手の気持ちを汲み、確認してから尽くしてあげても、決して遅くはないはずですし、そのほうが一方通行にもならず、きっと喜んでくれるに違いありません。また、あなたは過剰なほど、ものをハッキリ言う面があり、特に好きな人には率直に告白することがあるでしょう。もちろん、それはとてもステキなことではありますが、あまりに大胆だとかえって相手が引いてしまいますので注意が必要です。相手の立場やその場の状況を把握し、どの程度までが一番効果的なのかを見極めてから行動に移したほうがいいでしょう。「親しき仲にも礼儀あり」のことわざを忘れないようにしてください。逆に、あれこれ考え過ぎて、せっかくのチャンスを逃してしまうこともあるようです。何も考えずぶつかっていくのも考えものですが、いずれにしても度が過ぎるのはほめられたものではありません。もしも、自分一人で判断がつかないのであれば、信頼できる友人の力を借りましょう。周囲からのアドバイスに耳を傾け、そして上手に自分自身をコントロールすることがポイントです。タイミングをうまく見計らい、冷静さを失わない程度に接していくのがベターでしょう。

【天秤座】
あなたは、澄ましているようで、実は異性のことを非常に意識している傾向があります。いつもポーカーフェイスを装いながら、何気にチャンスを作り出し、あなたの周囲はたくさんの魅力的な人がいっぱいで、ステキな相手から一方的に愛されることもあるでしょう。しかし、それが欠点になる場合もあるようです。相手から好意を持たれることは嬉しくもあり、また贅沢なことではあります。しかし、あなた自身が好意を持てないタイプの人からもアプローチがあるともいえるのです。その原因は、ポーカーフェイスでありながら、相手の気を引くような仕草や態度をしてしまうことであり、強いて言えば自分を良く見せようとする意識があなたの中にあるからに他ならないでしょう。露骨に好き嫌いや、自分の感情を表す必要はありませんが、あなたが本当に好意を抱いた相手にだけは、何か特別な表現方法をすることがベターといえます。また、自分の中で考え過ぎてしまい、相手の出方を待つばかりで、うまくいかないこともあるようです。相手の気持ちが分からないのであれば、そして確かめたいのであれば、やはり自分からキッカケを作っていく必要があります。ちょっとした言葉を投げかけたり、好意的な素振りを見せていくなど、派手さはなくても伝える方法はいくらでもあるはずです。まして、あなたからそんな行動を取られれば、相手も何かを感じずにはいられないはず。もう少し自信を持ち、また妙なプライドなど捨てて行動していくことがポイントだといえます。自分からは、なかなか燃えないあなたかもしれませんが、積極的なアプローチを試みていくことは、ステキな恋を経験するための重要な鍵でしょう。

【蠍座】
あなたは、好きな人の前だと、自分の愛を隠してしまうことがあるでしょう。恥ずかしい気持ちやプライドが入り混じり、なかなか素直になれないようです。かえって思いとは反対のことを言ったり、態度を見せてしまうこともあり、相手に誤解されることもあるでしょう。そういったあなたをシッカリ理解してくれるような相手なら問題はありませんが、それが度重なると恋のチャンス自体が通り過ぎていってしまうので注意してください。なるべく本心を言葉にするように心がけ、一つでも多く本当の自分を相手に見せていくようにしましょう。逆に、好きな人ができると、いても立ってもいられなくなって、衝動的に告白してしまうこともあるようです。その場合は、あなたの都合ばかりであり、一方通行になりやすく、失敗するケースが多いかもしれません。いずれにせよ極端過ぎるため、なかなかうまくいかないようです。自分の気持ちを意識的にコントロールし、相手の気持ちや都合も考えた上で、普段からさり気なく愛を伝えることを実践してみてください。またあなたは、好きな人ができるとじっくり観察して、相手のすべてを知りたがり、特にライバルの存在を確認すると急に情熱的になるという、複雑な感情も持っています。意外に周囲の状況を気にしている面があるといえ、相手を愛する気持ちよりも自分たちがどう見られているのかということを優先してしまう傾向があるでしょう。それは、決して幸せな恋のためには、効果的とはいえません。自分がどんな恋をしたいか、相手に何をしてあげられるか、周囲がどうであれ二人がいかに幸せを感じ合えるか、ということを考えることが最も大切でしょう。
【射手座】
あなたは、やさしい気持ちや同情心がいつの間にか愛に変わってしまう傾向があるようです。元来あなたは、奉仕的な気持ちを持っているといえますが、そこから幸福な恋が生まれることは決して多いとはいえない、ということを覚えておいたほうがいいでしょう。あなた自身は、相手に尽くすことで喜びを得られるかもしれませんが、果たしてそれが本当の愛であるのかどうかが、その後、自分の中で曖昧な感情としてわいてきてしまいます。さらに、あなたの情深さをいいことに、図にのり、いいように扱われてしまうケースも多いはずです。いずれにせよ、相手の内面をしっかりと見極め、たとえ交際中であっても、良くない状況に陥ったらキッパリと清算する強い意志はもつべきでしょう。また、本当に好きな人の前だと何も言えなくなってしまうところがあります。せっかく好意を抱いてくれている相手であっても、あなたからの「ひと言」がないために去っていくこともあるでしょう。恋は、ときには勇気が必要です。尽くすといった行動だけではなく、ハッキリとした意思表示として、思いを言葉にして表現していくことを心がけるといいでしょう。半面、あなたは自分が明確に思いを伝えられないことがあるのに、逆に相手がイエス、ノーをハッキリしないと頭にくるといったワガママな一面もあるようです。基本的に受け身の姿勢を取りがちといえますから、ときには積極的に前に出ていくことが望まれます。恋の駆け引きばかりしていると、目の前にある幸福が遠ざかることもありますので、十分に注意してください。相手からアプローチが見られなくても、自分が何を望んでいるのかということに素直に従い、行動していきましょう。

【山羊座】
あなたは、かなり頑固な一面を持っているといえ、恋愛相手に対しては、かなり高望みをすることがあるでしょう。いくら相手のことをいい人だとわかっていても、あなたにとって外せない理想が邪魔をし、せっかくの幸運を取り逃がしてしまうといったことがあります。しかし、いつもその調子では、かえって恋人ができにくくなることもありますので注意が必要です。自分が望み、欲しがるばかりではなく、相手が何を求めているのかよく考えて、自ら合わせることもできるはず。すべてではなくとも、与えていく愛をもう少し実践したり、内面を認め合う努力をすると、もっとステキな恋ができるに違いありません。また、あなたは好きな人ができると、相手の考えていることが気にかかって疲れてしまうことがあるでしょう。いくら強がって見せたとしても、相手を思う気持ちで張り裂けそうになるあなたのはず。嫉妬心も含め、相手のすべてを知りたいという欲張りな面が表れてくるのです。それは、決して悪いことではありませんし、恋愛には必要な要素でありステキなことだといえますが、度が過ぎることのないよう注意してください。そんなときは、素直に気持ちを表現していくことが一番です。ただし、何振り構わず感情を剥き出しにするのではなく、自分をコントロールし、同時に相手への配慮も忘れない思いやりや気遣いをすることが大切といえます。何にでも熱中しやすい傾向のあるあなたですから、その方向を間違わないようにしましょう。おつき合いが始まったのなら、できるだけ隠し事はしないことです。どれだけ自分をさらけ出していけるか、ということが幸せな恋愛の重要な鍵を握っています。

【水瓶座】
あなたは、すべての異性に好かれたいと思うような、欲張りな一面をもっているようです。たとえ自分の好みではない人であっても、決して嫌われるようなことはしません。それは、その人に好かれたいというよりは、その人への扱い方が悪い評判になっては困るからであり、強いて言えば良いイメージを周囲に知らしめるための策ともいえるでしょう。時には、そんな作為的なこともできるあなたですが、それも度が過ぎると化けの皮が剥がれて、かえって評判を落とすことになりますから注意が必要です。また、一度、誰かを好きになると、情熱的なまでに愛し続け、やがて相手を射止める強い意志があるのはいいのですが、相手の気持ちが自分に向くと、すぐ興味を失う傾向があるでしょう。あなたは恋愛を楽しんだつもりになっているかもしれませんが、ややもすると相手を傷つけ、自分自身の評判を下げることにもなりかねません。しかも、本当の意味においての恋愛を経験したとは言い切れない部分が多いといえます。そういったことを繰り返していては、幸福な恋には辿り着けませんから、自分が傷つく前に考えを改めたほうが賢明といえるでしょう。あなた独自のユニークな魅力で多くの相手をひきつけ、その中心になることは恋の醍醐味かもしれませんが、一人の人を愛する喜びを見つけることは大切なことです。恋のときめきは、とても楽しく心弾むものですが、その先にある心のつながりこそが真実の愛であることを忘れないでください。また、もったいぶった言動で、せっかくのチャンスを逃してしまうことがありますので注意が必要です。恋の駆け引きを楽しむのはほどほどに、内側にある心の声に素直になることがポイントだといえます。

【魚座】
あなたは、守ってくれる愛情を求める傾向があるでしょう。変わることのない、永遠ともいえる愛に守られ、安心していたいようです。あなたは、常に守られていないと不安になったり、暗い気分になりやすく、結果、依存心ばかりが強くなってしまいます。しかも、自分からは何もしない、ということになりがちですので注意が必要です。恋愛は、与えられるばかりでなく、自ら与えていくものであることを忘れないようにしてください。一方通行の愛情は、いずれ二人の関係に歪みを生じさせることになります。常にフィフティ・フィフティではなくとも、与えられた愛情のいくつかは返してあげる気持ちが大切です。また、あなたは、甘えるのがうまく、いつしか自分のペースに相手をのせてしまい、おもしろくないことがあるとヒステリックになって困らせてしまうわがままな面があるでしょう。それは、周囲から見れば自分本位な姿に他ならず、相手も決していい気分ではないはずです。いくらあなたを愛していたとしても、不満や不安につながるはずですし、二人の関係に亀裂を生じさせる最も大きな要素にもなり得ます。そんなことが続いてしまっては、恋は長続きしないと心しておきましょう。あなたは、恋愛において自分が相手に何をしてあげられるのか、相手は自分に何を求めているのかをじっくり考えてみることが必要です。恋に対する理想もあるでしょうが、現実的なおつき合い、生身の人間との関わり合いに、もっと目を向けてみましょう。あなたばかりが甘えていくのではなく、時には相手から甘えてくるような人としての器の大きさをもったほうが、より幸せな恋愛をすることができるはずです。