いい男は、相手のマイナス面を決して見てきません。ダメ男は、相手のマイナス面をジロジロ見てきます。その差は歴然、まるで覗きが大好きのようなダメ男。女性は、人生のパートナーに一緒にいて安心できる人を求めています。

それには、マイナス面を見てこない人がパートナーの条件として譲れない要素になるでしょう。女性は美に対する意識がとても高いため、日ごろから身のまわりには気をつけています。だからこそ、今日の自分のマイナス面を事前に把握してからデートに出かけているのです。肌の調子が良くない日のデート。

待ち合わせの場所で会うなり、あれ?肌の調子悪いの?とひと言。その上、カサカサの肌を凝視してくる男……失格です。
また、たとえば、夏の暑い日に、彼と二人でラーメン屋に行ったとしましょう。狭くて、汚いラーメン屋。でも行列ができていると、どうしても食べてみたくなりますよね。
そこで、気合をいれて行列に並び、待望のラーメンにありつけた瞬間。夏の暑さで、すでに汗びっしょり。その上に、熱いラーメンを食べるわけですから、予想とされるのは滝の汗。
そう、汗の経路を見てくる男。失格です。汗をたくさんかいているときに、汗の道筋を目で追われるということは、マイナス面を凝視されている感が否めません。

このような場面で、いい男はまず彼女の汗を見ることはしませんね。ハンカチを渡すくらいならするでしょうけれど、汗を見ることがどれだけ彼女に窮屈な思いをさせてしまうことかを知っています。
見ようとすれば見えるけれど、見ていない気遣いができる男は、そうとうにやさしく、思いやりのあるいい男ですよ。

だいたい、人の欠点をしっかり見てくる男などは、無神経で思いやりに欠けている男です。無神経な男と、将来を共にするなど、とんでもないこと。
女性は、無神経な男といると怒りっぽくなってしまいますから、怒りの感情を刺激してくる人は美の大敵ですよ。

美は穏やかな心でいてこそ、維持できていけるというもの。
これからもずっと魅力的なあなたでいるために、マイナス面を見てくる男はパートナー候補から除外してしまいましょうね。