「てるてる坊主」は女の子?

沖縄を皮切りに、6月の第二週~第三週にかけて、日本各地から続々と梅雨入りの便りが届く季節となりました。

日本は南北に長い国なので、梅雨が早く明ける場所もあれば、梅雨のない地域もありますが季節の変わり目のこの時期、全国的にお天気は良くありません。
どんよりとした曇り空を眺めていると、つい気分も湿りがちに……。

そんな梅雨のうっとうしいお天気を、晴らしてくれるおまじないといえば「てるてる坊主」ですよね。このてるてる坊主、本来は女性、つまり「てるてる尼」さんだってご存知でしたか?

てるてる坊主は平安時代に中国から伝わった風習です。
その本家・中国のてるてる坊主は赤い服を着て箒を持った姿で、「雲掃き娘」と呼ばれていました。つまり、箒を持って天に昇り雨雲を掃き去って晴れにしてくれる、伝説の妖精だったのです。

ところでこのてるてる坊主、じつは雨雲ばかりではなく、暗雲のように心にたちこめてくる、不安な気持ちも掃き清めて晴らしてくれる力も持っているのです。

もしなにかに漠然とした不安感を抱いているなら、紙にその思いを書いてみましょう。
それから、その紙を小さく丸めて白いハンカチや布で包み、てるてる坊主の頭の部分にします。そして枕元に、そのてるてる坊主を吊るして眠るのです。
すると不安な気持ちが、少しずつ晴れていくといいます。
書くことは悩みなどではなく、お願いごとでもOK。

もやもやした気持ちが晴れて願いが叶ったら、そのてるてる坊主に笑顔を描いて部屋に飾ります。
するとこんどは、幸せを呼ぶお守りにもなってくれるのです。

それでは、今月もみなさんの幸せをお祈りしています。
チャオチャオ!
マークでした。