使えてる? 幸せの波動☆

マークさん「これは俗にいう【言霊(ことだま)】と同じ発想で、運を下げる言葉、損をする言葉っていうのは、マイナスのイメージを連想させる言葉なんだ。

“言葉を口に出す”という行為は、“その言葉のイメージが波動になって、心に宿す”ということ。つまり、マイナスの言葉は、マイナスの波動となって心に届くから、自分のハートがマイナスの要素で汚れてしまうんだよ」

思い当たる節はありませんか?

運を下げてしまう言葉10の例


1 めんどくさい →誰もが思っていて口にしないのに、一人が言うと、全員がげんなり・・・。
2 ウザい →冗談ならまだしも、本気で言っていると品格が一気にダウン。
3 あっそう。 →「あなたに興味ない」って感情丸出しで、感じ悪い・・・。
4 つまんない →そういうつもりじゃなくても、一緒にいる周りの人に言ってるみたい。
5 見下されたぁ。 →この人は私より上、この人は私より下、と友達の間に上下関係があるように匂わす言い方に。
6 ~にすれば良かった。 →済んでしまったことにクヨクヨするより、前へ進む姿勢を見せたいもの。
7 ○○ちゃんはいいよね~。 →“褒め”というより“責め”の印象。「私も頑張らなきゃ!」と前向きな発言が続けば◎。
8 だりぃー →頑張っている人がいたとしても、一気に脱力・・・。
9 無理。 →いくら無理でも、「役に立てなくてごめん」くらいの気持ちは示したいもの。
10 ハァ~(ため息) →ため息をつくと幸せが逃げてしまう。自分だけでなく他人の幸せまで吸い取って、悪い雰囲気に。


マークさん「また、“悪口”っていうのは、“その人の不幸を願う言葉”だから、自分の心にも不幸な波動を送ってしまうんだ。

どんな悪いことをした相手でも、結局はその悪口をした自分自身のハートを汚しちゃうことになるんだよね。だからマークは、悪口は言わないに限るって思うんだ」

「死ね」「キモイ」なんていう悪口は、自分が直接受けるわけでなくても、心にズキンとくるもの。

しかも自分自身を傷つけ、損してる!!



運を下げる言葉が、マイナスの言葉だった、ということは、運を上げるには、プラスの言葉を口にすると良いのでしょうか!?


マークさん「うん、その通り! さっきの仕組みとは反対で、プラスのイメージを連想させる言葉は、心に幸せのイメージを宿すんだ。プラスと言っても、お世辞を言ったり、ブリッコしたりするのが、プラスの言葉ではないからね。

人を本当の意味で喜ばせる、相手の気持ちを考えた言葉が、幸せのイメージを作って、運を上げる言葉になるんだよ」

→運のいいコトバの例は、コチラ!


つまり言葉は、自分の幸せを左右するほど、強力なんですね!
ただ人って、余裕がなくなるとつい、マイナス的な言葉を言ってしまうことがあります。
もし、言った後に「しまった・・・」と気づいたららどうしたらいいのでしょう?


マークさん「気づいたのなら遅くはないよ! できてしまった不幸なイメージに、幸せのイメージをくっつけちゃえばいいのだから。

そんな時は、『今、嫌な気分にさせちゃたね。ごめんね』とか、『ま、大変だけど、頑張ろうね!』という風に、すぐにフォローの言葉(つまりプラスの言葉)を口にしよう! 悪い波動に包まれた心に、すぐさま良い波動が届くよ」



言葉は強力! 自分自身も周りの人にも、プラスな言葉で、どんどんプラスの波動を発信していこう!!


素材協力/ イラスト無料素材【イラストわんパグ】