A型

彼は、喜怒哀楽をあまり出さないほうです。自分の感情や思っていることをあからさまに出すのは、みっともないことであり、恥ずかしいことだと思っているからです。羞恥心の強いタイプでしょう。そのため、うれしいときや楽しいときも、ニコニコしたり目が笑っている程度で、声を立てたりすることはめったになさそう。それでも彼は、十分にうれしいのでしょう。特に、あとからメールで感想をつづってきたり、後日「あのときは楽しかったね」なんてくり返すのは、彼なりの喜びやうれしさをめいっぱい表す方法なのです。


B型

彼は感情のアップダウンがかなり激しいタイプです。ただし、いつもストレートに、その感情や気持ちを出すわけではありません。心の中では怒りが渦を巻いているのに、なぜか冷静な顔をしていたりすることもあるのです。そのため、パッと見ただけで、彼の感情を憶測するのは慎んだほうが賢明です。とはいえ、強い感情を抱いた場合は、何らかの形で表現するでしょう。その場では何も言わなくても、別の友人に不満をぶちまけたり、無言でその場を去ったりします。逆に、ひとりになると、にやけたりするのは、喜んでいる証拠です。


O型

彼は喜怒哀楽が激しく、しかも、その感情なり、気持ちなりをストレートに表すタイプです。うれしければ手を叩いて大喜びして、悲しければ涙をこらえようとするでしょう。怒りに顔をゆがめることもあります。そんな素直な彼ですから、かなりわかりやすい人といえます。同時に、周囲にも自分と同じような感情を共有してもらいたい、という願望を強くもっているようです。自分ひとりだけが大はしゃぎして楽しんでいても、何だかつまらないなーと考えてしまう彼。そんなときは、周囲に自分の半分でいいから、はしゃぐことを強要するでしょう。


AB型

彼はあまり喜怒哀楽を表さないほうです。とはいえ、喜怒哀楽を感じないわけではありません。ただ、自分の気持ちや感情をストレートに表すことに、抵抗感を抱いてしまうのです。特に、自分が表す前に喜怒哀楽を出している人がいると、スーッと気持ちが冷めてしまうことが少なくないでしょう。また、好きな人の前では、つい照れてしまい、素っ気ない態度をとってしまいがち。でも、何の気もない相手なら、逆にやさしく接したりします。素っ気ない態度をとるのは、それだけ意識しているという印でしょう。