FACE BOOK

MISTY Happy Mall
腹探りカメラ
MISTY DX
オーディオブックを声優の声と演技で楽しむ朗読サイト kikubon(キクボン)
MISTY DX

-2/27更新-つやの正体って一体なに? 目からウロコの美肌術

2月27日更新

「お肌につやがある人は運もいい」という話を聞いたことはありますか?
お肌や髪につやがあると、運やチャンスを自然に引き寄せられるというのです!
確かにお肌がつやつやな人は若々しくて健康的で、なんだか幸せそうなオーラに包まれていますよね。
というわけで今回は「お肌つやつやだね!」と言われるような美肌の作り方を特集。
お話をうかがったのは、ダイエットカウンセラー・管理栄養士として多数の著書を出されている伊達友美先生。実際に肌で苦しんだという経験をもとに、見つけ出した美肌術とは一体なんなのでしょうか?

取材/伊達友美(だてゆみ)
1967年静岡生まれ。管理栄養士、日本抗加齢医学会認定指導士、アオハルクリニックカウンセラー。「きちんと食べてボディラインと肌を美しく変身させ る」という独自のメソッドを確立し、これまでに約5000人の食事指導を行う。(自らも20kgのダイエットとニキビ肌改善の体験を持つ)著書:『食べて 食べて若返る方法』(マイナビ)『ラクラク ダイエット日記』(日本文芸社)ほか多数。

誰でもつやつや美肌に変われる!!
伊達先生:あなたは「つやつや美肌なんて、自分にはムリムリ!」なんて思っていませんか? 遺伝や体質、年齢から美肌をあきらめていませんか? いいえ、美肌は誰でも手に入れることができるのです。美肌を作るためには「きちんとしっかり食べること」が何よりも大切。理由はとてもシンプル! 私たちの身体は食べたものからできていて、お肌のコンディションも食べたもので決まるのですから。つまり、お肌を作る材料をきちんととれば、必ずお肌はつやつやになるのです。
まずは、お肌にいいものを食べることからはじめましょう!

ー「つやつや美肌」を作る食材があるんですか!? ぜひ教えてください!!



つやつや美肌の素は「たんぱく質」にあり!!
私たちの身体を作っているのが「たんぱく質」。たんぱく質は、体内でアミノ酸に分解され、まず心臓、肝臓、腎臓など生命維持に欠かせない臓器に振り分けられます。そして、生命維持には直接関係のない肌や髪、爪にたんぱく質が吸収されるのはいちばん最後。どれだけ髪がパサパサでも、肌がボロボロでも生きていくことはできるので、たんぱく質が不足すると髪や肌、爪からカットされていくのです。

ー十分な量のたんぱく質を食べていないと、お肌に栄養が行き渡らず、肌にトラブルが出てしまうのは目に見えていますね。

肉・魚・卵を食べよう

では、たんぱく質が多く含まれる食品とは一体何でしょう? また、それをどれくらい食べればいいのでしょうか。
憧れのつやつや美肌には「肉、魚、卵」など動物性のたんぱく質が欠かせません。特におすすめなのが羊や牛、豚の赤身の肉。これらの肉には、お肌の素になるたんぱく質だけでなく、代謝を高めるL-カルニチンや鉄分が豊富。できるだけ脂身の少ない赤身を選んで食べましょう。
お魚はイワシやサバ、サンマなどの青魚やマグロ、あとはなんといっても脂ののった旬の魚がおすすめ。お魚にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)と呼ばれる良質な油が含まれ、お肌の細胞膜や皮脂の素になったり、脳や女性ホルモンの調整に欠かせません。
メインのおかずは吸収のよい、肉・魚・卵の動物性たんぱく質を選びましょう。

一日のたんぱく質目安量は手の平2枚分!!
たんぱく質をとる目安は、1日に手の平2枚分が理想的。よく「そんなに必要なの!?」と驚かれますが、手の平の大きさや厚みは、その人の身体の体たんぱく量に大まかに比例していると言われています。そう考えると、おにぎりに入っている鮭やカルボナーラに入っているベーコンの量では全然足りないということがわかりますよね。
三食きちんと動物性のたんぱく質がとれるならそれがベストですが、朝からしっかりお肉やお魚を食べるが難しい人は、昼と夜でそれぞれ手の平1枚分を食べるようにしましょう。

ー自分の手の平を見てみると…お魚の干物もオムレツもハンバーグもだいたい手の平サイズなんです。これなら見た目で十分なたんぱく質がとれているかどうかすぐにわかりますよね!



良質な油で身体の内側からピカピカに!!
私たちの身体は、油からできているものが多いのをご存知でしょうか。脳の半分以上は脂質、つまり油でできているし、心臓もエネルギー源は油。細胞膜も皮脂も、女性ホルモンも油からできています。昔から「油断大敵」といいますよね。油を抜くことはよくないことなんです。

エゴマ油とアマニ油がすごい!!
良質の油とは、オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)を含むオイルのこと。残念ながらオリーブオイル、ごま油には含まれていません。おすすめはエゴマ油、シソ油、アマニ油。人の体内では作れない必須脂肪酸で、お肌などの炎症を抑えたり、体脂肪を燃えやすくする作用もあります。ただし、加熱すると酸化してしまうので、生のまま食材にかけて食べましょう。身体を冷やしてしまう生野菜もオイルドレッシングをかけて食べれば冷えにくくなり、脂溶性ビタミンの吸収もよくなって美容食に早変わり!

ーナッツでは、クルミやピーナッツにもオメガ3脂肪酸は含まれるそうですよ。おやつにクルミのお菓子を食べたり、サラダやスープのトッピングに加えてもいいですね♪


加工されていない自然なものを食べよう!
つやつや美肌を目指すなら、できるだけ手の加わっていない自然なものを選びましょう。人間の身体は自然のものを分解したり消化吸収する力しか持っていないため、加工されたものが入ってくるとどうしていいかわらかなくなってしまうんです。
例えば、りんごを食べるのとアップルパイを食べるのでは身体の負担が大きく違います。りんごはそのまま消化できるけど、アップルパイは小麦粉、バター、砂糖、りんごがミックスされているため、消化するのがとても大変。もちろん、糖や質のよくない油はお肌のトラブルにもつながりますから、注意しましょう。間食もできるだけシンプルなものが理想的ですプルーンやドライイチジク、杏、干し柿、干しイモ、甘栗などもナチュラルフードでオススメです。果物や野菜は美肌の味方、抗酸化成分も豊富なのでしっかり食べてくださいね。

ー小腹が空いた時は、なにも添加されていないドライフルーツや甘栗をそのまま食べればいいんですね〜♪ 引き出しに忍ばせておこうっと!


お肌の大敵「トランス脂肪酸」って?
マーガリンやサラダ油、コーヒーのクリームに含まれる「トランス脂肪酸」という成分を聞いたことはありますか? トランス脂肪酸はプラスチックと同じ構造をしていると言われていて、人間の身体ではうまく分解することができません。そのため、脂肪として蓄えられたり、アレルギーを引き起こしたりニキビの原因になることも…。
「トランス脂肪酸」が含まれる油は安価なため、コンビニなどで販売されている菓子パンやクッキー、スナック菓子や、ファーストフードの揚げ物などの油にもたっぷり入っているのです。

ーそんな危険な成分が使われているなんて…。「トランス脂肪酸」と書いてある食品だけは避けないと!

そう思いますよね。でも原材料名には「トランス脂肪酸」とは書いてありません。「ショートニング」「ファットスプレッド」「植物油脂」などという名前に変わって表示されています。避けるのは難しいですが、原材料表でチェックしてなるべく控えるようにしましょうね。

ーコンビニでパンやお菓子をよく買う人は要注意ですね。パティシエが作るクッキーやパン屋さんが作るパンはマーガリンではなくバターが使われているから大丈夫だそうですよ!

冷たいものはつやつや美肌の大敵!!

「冷えは万病のもと」と言いますが、美肌の大敵でもあるのです。冷たい食べ物や飲み物をとっていると胃腸が冷えるばかりか、お肌に栄養素を運ぶ血液の流れが悪くなります。氷が入ったお水よりも常温のお水、アイスドリンクよりもホットドリンクというように、なるべく冷たいものよりもあたたかいものをとるようにしましょう。
また、小麦粉も身体を冷やす食べ物のひとつ。小麦は粉にするために精製加工されるため、身体を冷やす作用があり、日本人の体質にはあまり合いません。やはり日本人に合うのはお米や蕎麦。週に1〜2食は、パスタやパンなど小麦系でもいいけれど、できるだけご飯食を心がけましょう。

ーなるほど! こうして身体を冷やす原因を取り除いていけば、内側から輝く美肌ができていくんですね。


化粧水は水にこだわってみてはいかが?
良質な油とたんぱく質が最高のお手入れだというのが私の極論です。これらを食べずに、いくら高価な美容液を塗ってもカサつきは変わらないし、つやも望めないでしょう。食事で必要なものが足りていれば、外側からのケアは最低限甘やかさない程度で十分。

ー内側からのケアに勝るものはないんですね。とはいっても、美肌の先生はどんなところに注目してスキンケア用品を選んでいるか、気になるところですよね!

そうですね、添加物が入っていない自然なもの、無香料のものを選んでいます。あとは、化粧品の成分表を見ると95%くらいが水でできているから、その水が自分に合っているかどうかを選ぶポイントにしています。いろいろ試してみてほしいけど、基本的には生まれ育った土地のお水が合いやすいはず。女性は朝晩洗顔して化粧水をつけるから、一日二回は顔に触りますよね。今日は肌の調子がいいぞ!とか、今日はカサカサ…というふうにお肌の調子が分かるはず。前日何を食べたのか、何を塗ったかで、自分の肌に合うor合わないを判断してくださいね。

……………………………………………
みなさんいかがでしたか?
スタッフは伊達先生の取材から、たんぱく質+エゴマ油生活を始めました!!
肉・魚・食べ物を積極的に食べるようにして、エゴマ油は毎朝おみそ汁にたらして飲むようになって1ヵ月、お肌の変化、実感しています。何が嬉しいかって吹き出物が減ったこと!! 睡眠時間が減ったり、ストレスがたまるとすぐにできていた吹き出物が明らかに減ったのです!!
また、これまでは「太るから」と、カロリーの少ないものを選ぶことが多かったけど、メインのおかずを肉・魚・卵にしてから肌にもハリが出てきたようです! 

食べたものでお肌ができるのは生まれてから死ぬまで永遠に変わらないルール。
あなたもたんぱく質+良質な油で、つやつや美肌を目指しませんか?
そして、チャンスを引き寄せられる魅力的な女性になりましょう!!




(担当:はるなっつ)

この記事は役に立ちましたか?
役に立ったイマイチ

年代を教えてください
未選択〜10代20代30代40代〜

よろしければこの記事の感想を、お願いします!

※お寄せいただいたコメントや感想などは、お名前を伏せて、スタッフブログ やメルマガ、その他でご紹介させていただくことがあります。ご紹介不可の場 合は、その旨ご明記ください。

今、あの人は私のことをどう思っているの?
童話の登場人物たちが真実をあなたにそっと教えます。

占い&心理テストを多数とりそろえています♪
今月のオススメはこちら!

  • 魔女っ子占い
  • SWEETS占い
  • 未来のおうち心理テスト
  • 神秘のジプシー占い
  • 逆人相占い

占い一覧を見る

今日は3月30日(木)

−今日の誕生花占い−

今日の生まれの人:表裏のない、竹を割ったような性格。正義感が強く、嘘やお愛想が言えません。
この日の花:サクランボ
花言葉:小さな恋人
他の日を調べる