シェアする twitterボタン LINEで送る googleプラスシェア facebookでシェアする

ココロの図書館

ホロスコープが自分で読める 鏡リュウジ星のワークブック

西洋占星術

: よみドコロ :

ホロスコープがすぐに作れるCD-ROMが付いています。

Book review:三田モニカ(フォーチュン・カウンセラー)

書名: ホロスコープが自分で読める 鏡リュウジ星のワークブック
著者: 鏡リュウジ
出版社: 講談社
定価: 1,944円(税込)
判型・ページ: A5判・並製
ISBN: 9784062136112

これ1冊で、深遠なる西洋占星術の基礎知識が

こんにちは。三田モニカです。
フォーチュン・カウンセラーとして、個人鑑定のほか、雑誌やサイトに占いの記事を書いています。占い研究は奥が深いので、まだまだ日々勉強です。
今月から、毎月1冊みなさんに、私が読んで「この本をぜひ読んでいただきたい!」、「占いを学ぶなら、まずはこの本を参考に」と思った本をご紹介したいと思います。

まずは私が尊敬する、この先生の本から。

記念すべき第1弾は、鏡リュウジ先生の『星のワークブック』。

この本、すごいです。なんと、ホロスコープがすぐに作れるCD-ROMが付いています。データを入力すれば、あとはパソコンにお任せ。あっという間にホロスコープが示され、ハウスやアスペクトがわかります。

つまり、面倒な計算をしなくても、すぐにホロスコープを読み始めることが可能なのです。

こちらの本は1人用なのですが、続編で2人用、つまり相性を占うための本も発行されています。
これ1冊で、深遠なる西洋占星術の基礎知識が身に付きますし、鏡先生ならではの深い解釈には、うなるばかり。それぞれのサイン(星座)やハウス、守護惑星の役割、意味、そして働きなどが詳細かつ具体的に述べられています。

例を挙げてみましょう。「太陽」と「月」の場合。この本では、太陽を「大人の自分」月を「子供の自分」と呼んでいますが、実にわかりやすいたとえです。

太陽は、「こうなりたい」という意識的な目標を表すのに対し、月は欲求や感情に正直な、「素の自分」。太陽が入っている星座とともに、月が入っている星座も重要なのだ、と説いています。もちろん、他の惑星も大切なのは言うまでもないこと。これは深い!

とはいえ、専門的なむずかしさはさておき、「楽しく読んでください。楽しいのが一番だから」と言う鏡先生。

鏡先生のユーモアや知性も伝わってくる、一生ものの本です。

「ホロスコープで占ってみたいけど、なんだか難しそうで……」としり込みしているそこのあなた。この本を真っ先におすすめいたします! 冒頭に載っている、ホロスコープ初心者・角田光代さんとの対談からも、楽しいお人柄だなぁと親しみを感じてしまいます。

どうしても「とっつきにくさ」を感じているなら、対談だけでも読んでみてください。ぐいぐいと星の世界に引き込まれていくこと請け合いですよ。

この占いサイトにも注目!
【原点回帰】鏡リュウジ12の星物語◆1/520000のあなたを知る究極鑑定
https://charge-fortune.yahoo.co.jp/stw/kgm12/

☆三田モニカ
フォーチュン・カウンセラー
早稲田大学第一文学部西洋史学科卒業。占い情報誌の編集プロダクションを経て独立。
ライター業のかたわら占いを研究する。
西洋占星術、血液型診断、タロット等のロジックを応用した開運術を提唱。
著書に『A型人間の頭の中 12星座別血液型性格診断書』(A型・B型・O型・AB型の全4冊シリーズ)青志社刊。


現在、LINE占いの『悩み相談所』にて、個人鑑定受付中。
https://fortune.line.me/

おすすめ占い

  • 【マーク・矢崎】的中占星術
  • 【ジュヌビエーヴ・沙羅】幸導推命術
  • 【浅野八郎】姓名判断