10代、20代の頃の“顔”にはなかったものが、30代に入って突如浮かび上がってきた模様…。
それは、シミです…。
鏡は毎日見るものだから、「気にしない気にしない\(-◆-#)」なんて自分にごまかしがきかない…。
だから、「どーしても、このシミを消したい!!(;#`◆´#;)」という個人的切実な想いから生まれたのが、この企画です☆
そこで今回、“シミの消し方”を●ロート製薬広報の西脇純子さんに教えて頂きました。
教えて頂いた内容は、以下の項目。








まず、第一章では、『できちゃったシミを消す集中ケア法』をシミ消し効果レベル1→シミ消し効果レベル2→シミ消し効果レベル3と、シミ消し効果度をレベルアップさせながらご紹介します!
内容は、
効果レベル1は、紫外線に強い肌をつくるスキンケア法を
効果レベル2では、シミに効く“美白成分”について解説、
効果レベル3では、“成分をムダなく浸透させる”絶好のスキンケアタイミング
についてです。
第二章では、
『シミをつくらないためのケア方法』を、
STEP1身体の外のケア法と、STEP2身体の中からのケア法にわけて
対策をご紹介します。
なぜ今回、ロート製薬の方に取材をお願いさせて頂いたのかというと…、
実は(#・3・#)、
ロート製薬さんから出されている商品を使い始めてからマルタのシミがどんどん薄くなっているんです!
そんなすばらしい商品を開発されたロート製薬さんなら、もっと具体的なシミの消し方を教えて頂けるのでは!?と考え、ご登場頂きました。
思っていたとおり、ムダのない的確なケア方法を教えて頂きました!
「シミなんて関係ないもーん」と思ったお若いあなた、効果レベル1で、今から紫外線に強い肌力をつけておくことをオススメします。マルタと同様、シミに悩んでいらっしゃる方は効果レベル2と効果レベル3を実行して、本気でシミを消していきましょう(;#@3@#;)!
●取材協力/ロート製薬株式会社 広報調査室 西脇純子さん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第一章できちゃったシミを消す集中ケア法
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シミ消し効果レベル1 ★☆☆
“保湿”スキンケアで、紫外線への抵抗力を高める!
紫外線を浴びた肌には、まず“保湿”!
紫外線を浴びると、肌は水分も油分も失われ乾燥してしまいます。
乾燥した肌は、紫外線や雑菌などに対して抵抗力が弱く、そしてシミができやすくなってしまうのです。
シミができるのを防ぐためにも、“保湿”はとても重要。
まず、 シミ消し効果レベル1★☆☆ では、“保湿”を心掛けたスキンケア法を、マスターしていきましょう。
《まとめ》
●乾燥した肌は、紫外線や雑菌などに対して抵抗力が弱く、シミができやすくなる。


シミを消す“洗顔”の仕方              
たっぷりの泡で優しく洗う♥

やり方を間違うと、シミや乾燥肌を生み出してしまう洗顔。
その間違った洗顔方法というのが、“こすり洗い”です。汚れをキレイに落としたいあまりに、ゴシゴシとこすり洗いをしていませんか? 
お肌に過度な刺激を与えると、シミの原因となるメラニン色素がつくられる恐れがあります。洗顔は、たっぷりの泡で、肌をなでるように洗ってください。
泡の吸着力は、ゴシゴシ洗うより絶大です! 拭き取る際も、清潔なタオルで決してこすらず、軽くおさえるように拭き取ってくださいね。
《まとめ》
●ゴシゴシ洗いは、シミのモトであるメラニン色素をつくり出す!
●たっぷりの泡で、肌をなでるように洗う
●清潔なタオルで、軽くおさえるように拭き取る

シミを消す“化粧水”のつけ方            
手で塗るより、コットンでつける

お肌の保湿力を高めるのに一番必要なのは、水分。お肌の水分は、多すぎて困るということはありません。化粧水がこれ以上入らないと思うほど、肌に潤いを与えてください。
そうすることで、化粧水が透明のベールとなり、紫外線や乾燥から肌を守ってくれます。
そこで、化粧水を肌の奥にたっぷり染み込ませるためには、手で塗るよりもコットンでつけるのがベスト。さらに、コットンパックをおこなうことで、肌の水分量はぐーんと高まります。
〈コットンパックのやり方〉
① 顔全体にムラなくつける
まず、コットンに化粧水をたっぷり染み込ませ、顔全体にムラなくつける。
(※フェイスラインにも、忘れずに化粧水をつけてください)
② 3分間のコットンパック
次に、数枚のコットンに化粧水をたっぷり含ませ、額や両頬、口まわりにのせて、そのまま3分間放置。これだけで、肌がプルプルに潤います。ただし、3分以上おくと、コットンの水分が蒸発し肌も乾燥してしまうので、必ず3分間のうちに終了してください。
《まとめ》
●化粧水は、手で塗るよりコットンでつける
●コットンパックで、肌の水分量アップ!
●肌の水分量が増えることで、シミのモトである紫外線をブロック!

シミを消す“乳液&クリーム”のつけ方        
マッサージをしながらつける

化粧水で潤った肌を持続させるために必要なのが、乳液orクリームなどの油分。化粧水後に、すばやく乳液orクリームでフタをすることで、お肌の水分が蒸発しにくく、肌のしっとり感を持続させることができます。
また、乳液orクリームを塗る際に、くるくると指を動かしてマッサージをおこなうと、血行が良くなり“保湿”効果がさらにアップ! シミにもっとも大敵な乾燥肌を防ぐのはもちろん、くすみが消えしっとりとした弾力のある肌が生まれますよ。
《まとめ》
●乳液orクリームマッサージで、シミに大敵な乾燥肌を防ぐ
●マッサージで、くすみが消えしっとりした弾力肌に!

シミ消し効果レベル2 ★★☆
シミの状態に合った“成分”を選んで集中ケア!

毎日のスキンケアで“肌の保湿力”を高めても、「それでも足りない…」「もっと効果を上げたい!」という方は、美容効果の高い化粧品や美容液をプラスオン! 
プラスオンすればするほど、肌への効果は確実に出てきます。しかし、何でもプラスすればいいというワケではなく、美容化粧品の中に入っている“成分”によってシミに対する効果は違ってくるのです。
そのため、自分のシミの状態に合った“成分”を見極めて選ぶことで、シミの悩みを少しでも速く解消することができるでしょう。
〈シミに効果がある成分はコレ!〉
【ビタミンC誘導体】
体内へ浸透して、シミやソバカスのモトであるメラニンを薄くしたり、新しくメラニンができるのを防いでくれます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ピュ アビタミンC】
ビタミンCそのもので、シミにダイレクトに効く成分。ビタミンC誘導体よりも、シミの除去効果が高いものになります。(※また、熱や光の 影響を受けやすく安定性に欠けるため、配合がむずかしい成分。そのため、価格はやや高め。ロート製薬の商品では、『Obagi(オバジ)』に配合していま す)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【アルブチン】
シミのモトであるメラニンの生成を抑えて、シミやそばかすができるのを防ぎます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【レチノイド】
ニキビ、肌の老化防止にも有効。表皮のターンオーバー(※お肌の生まれ変わり)を活発にするため、シミを薄くするのにも効果的です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ハイドロキノン】
美容外科でよく処方されている医薬品。すでにできてしまったシミを消すのに、もっとも効果的な成分です。
《まとめ》
●シミの状態にあった“成分”をプラスすればするほど、効果はアップ!

シミ消し効果レベル3 ★★★
美白成分を“浸透効果が高くなるタイミング”につける

自分に適した“成分”のプラスワンアイテムを選んだら、次にその成分の効果を最大限引き出すための“つけるタイミング”が重要になってきます。
シミに効く成分は、肌の奥に浸透させてこそ効果を発揮。浸透を高めるためのつけるタイミングやつけ方を工夫することで、シミを薄くし、また増える可能性をぐーんと減らすことができるのです。
その美白化粧品の効果を最大限発揮させるベストタイミングというのが、入浴後。
なぜなら、入浴後は蒸気で毛穴が開き、成分が浸透しやすくなっているから。お風呂から上がったら、肌が完全に乾く前に、すばやくたっぷりと美白成分を浸透させてください。
(※入浴中のケアは、汗が出ているためあまりオススメできません。やはり、入浴後すぐにケアするのが効果的です)
また、入浴効果はそれだけでは終わらず、身体の芯から温まることで新陳代謝が高まり、肌のターンオーバー(※お肌の生まれ変わり)を活発にしてくれるという、うれしい効果も!
さらに、新陳代謝の効果を上げるために、38度程度の温度で半身浴をしてみましょう。
半身浴には、新陳代謝を上げるだけでなく、1日のストレスを癒す効果もあります。実は、ホルモンの関係で、ストレスが多い人はシミができやすいと言われているのです。好きな香りの入浴剤を入れるなどして、バスタイムを楽しみながら心身をリラックスさせてください。
また、もうひとつのベストタイミングは、夜10時~2時の睡眠中。この時間帯は、1日の中で肌の生まれ変わりが最も活発になる時。10時前に美白ケアをして就寝すれば、美白成分をもっとも浸透させ、効果をアップさせることができますよ。
《まとめ》
●美白ケアは、新陳代謝が高まっている入浴後におこなうと浸透力アップ!
●夜10時~2時は肌の生まれ変わりが活発な時。寝る前のケアで効果アップ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第二章 シミをつくらないための普段ケア
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
STEP1 
シミをつくる紫外線【UVA】対策!

これ以上、シミをつくらないためには、紫外線を浴びないこと。
シミは、紫外線を浴びると増えるばかりか、さらに濃くなり面積も広がってしまいます。まず、日焼け止めクリームを念入りに塗り、紫外線をできるだけ浴びない対策から始めましょう。
紫外線には、UVAとUVBの2種類があり、シミやシワの発生に大きく関わっているといわれているのが、UVAのほう。このUVAは、UVBの10倍の量があり、肌の奥深くまで到達し様々な影響を及ぼします。
UVAを防ぐ日焼け止めを選ぶ際には、「PA+」と書かれた表示をチェック。効果の程度は、「PA+」「PA++」「PA+++」の3段階にわけられており、+の数が多いほどUVAを防ぐ効果が高くなります。
「曇りの日だから…」、「雨だから…」、「室内だから…」日焼け止めは塗らなくていいだろうという油断は禁物です! 紫外線ケアは1年中必要なもの。特に、5月は紫外線量がピークに達します。また、時間帯では、午前9時~午後4時までを十分注意してください。
ちょっとの油断が、どんどんシミを増やしていくことになります。日焼け止めクリーム以外にも、シミやそばかすを徹底的に防ぐには、UVカット効果の高いファンデーションを使用したり、帽子や日傘などを常に持つなど、「ちょっと神経質かな?」と思うぐらい気をつけるほうがいいのかもしれません。
《まとめ》
●紫外線UVAが、シミやシワの発生に大きく影響
●UVAを防ぐ日焼け止めクリームを選ぶ際は、
「PA+」「PA++」「PA+++」の表示をチェック。
●5月は、紫外線量がピーク!
●紫外線が多い時間帯は、午前9時~午後4時!

STEP2 
身体の中からのシミ対策!

身体の中からシミやそばかすを改善するには、やはりビタミンCが有効。
ビタミンCは、シミの原因となるメラニンを抑える働きがあり、シミのできにくい体質に
してくれます。
ビタミンCの有効な摂り方としては、
〈ビタミンCの有効な摂り方〉
その1 
1日、最低でも500mg のビタミンCを摂る。
(キウイフルーツ…1日5個分、いちご…1日8個分が目安)
その2 
ビタミンCは、身体に貯めておけない成分なので、朝、昼、晩に分けてバランスよく摂る。
その3 
ビタミンCは、熱を加えると壊れてしまうので、生野菜や果物から摂る。
以上の3つを心掛けてください。
また、せっかく摂ったビタミンCを壊してしまうのが、①カフェインを多く含むコーヒーや紅茶や、そして②タバコ。これらは、メラニンを拡散してシミを招く恐れがあるので、オススメできません。コーヒーや紅茶を飲む場合は、ミルクを入れたり薄くしたりして飲む工夫をしてください。
《まとめ》
●身体の中からのシミケアは、ビタミンCが有効!
●ビタミンCは、1日最低でも500mg 摂る。
(目安としては、キウイフルーツ…1日5個分)
●一気に摂取しない! 朝、昼、晩に分けてバランスよく摂る。
●生野菜や果物から摂るのが効果的!
●コーヒーやタバコは、ビタミンCを壊す
いかがでしたか?
わたくしマルタは、(この年齢にして(#._.#;))
初めて知ることだらけ☆
●乾燥した肌は、紫外線や雑菌などに対して抵抗力が弱く、シミができやすくなる。
●シミを消す成分としては、【ピュアビタミンC】が効果が高いこと。
●また、スキンケア(※成分)の効果を上げるためには、ターンオーバーが活発になる入浴後や夜10時~2時の睡眠中といったタイミングをねらってケアをすること。
●日焼け止めクリームは、シミやシワをつくるUVAを防ぐために「PA+」表示を確認して選ぶこと。
●食物で摂るビタミンCは、生野菜が効果的であることや、朝昼晩にわけて摂ること。
などなど、ロート製薬の西脇さんのお話に驚きっぱなしでした。
(;#@◆@#;)知らなかった…。
お肌の知識もないまま、今まで野生のカンで行っていたスキンケアでここまでこれたのも、ロート製薬さんの商品のおかげだなーとつくづく実感(#._.#;)。
ではここで、私のシミを薄くしてくれたスキンケア商品をみなさんにもご紹介したいと思います!

『極潤α化粧水』ロート製薬
【成分/スーパーヒアルロン酸・α-リポ酸・ルテイン】
「40代からのエイジングケア」商品として販売されているものですが、30代の私にもすごくピッタリ! 「乳液?」と間違えてしまうほど、とろっとろ感のある化粧水です。これで、コットンパックを行うようになってから、驚くほどハリのある弾力肌に生まれ変わりました!

『極潤αパッククリーム』ロート製薬
【成分/スーパーヒアルロン酸・α-リポ酸・ルテイン】
まるでバターのような濃厚クリームです。徹夜後の元気がなくなったお肌も、このクリームのおかげで、一気にむっちむちのハリ肌に回復♪ 紫外線もはね除けてしまうような保湿力を実感しています!

『白潤 薬用美白美容液』〈医薬部外品〉ロート製薬
【成分/高純度アルブチン・ヒアルロン酸Na・α-リポ酸・ルテイン】
これだけ、白潤シリーズのものをチョイス。使い方としては、すべて同じラインでそろえた方がいいのかもしれませんが、美白もハリもほしいのでイイとこどりで使用☆ また、この白潤美容液は、“気になる部分”のスペシャルケア用なのですが、欲張って顔全体に使用しています(#^▼^#)♪

『メラノCC 薬用しみ集中対策液』〈医薬部外品〉ロート製薬
【成分/活性型ビタミンC(美白有効成分)・ビタミンE誘導体(血行促進成分)】
このメラノCCのおかげで、日に日にシミが薄くなっていきました! 編集部でも、「あれ、シミなくなったんじゃない?」と言われてしまうほど。しかも、シミだけではなく、大人ニキビにも効果あり。私の場合、できてしまったニキビも、2日で完全に治ってしまいます♪
(『メラノCC』でかなりの効果を感じることができたので、次回はピュアビタミンC配合の『Obagi(オバジ)』を使用して、もっとシミ消しにチャレンジしたいと思います(# ̄▼ ̄#)楽しみ~)
と、ご紹介してきましたが、ここまですべてマルタのノンフィクションです!
ぜひ、シミでお悩みのみなさまにもシミが薄くなった喜びを感じてほしい(#´∀`#)。
でも、スキンケア商品は、お肌のタイプによって合う合わないがあるので、マルタが使っている商品をぜひ!とはオススメはできませんが、ロート製薬さんの商品は、効果が実感できて、しかもお手頃価格!
何か気になるものがありましたら、ぜひお試しください♪

今回、シミケアに取り組んで、特別な道具や高価な化粧品がなくても、ちょっとした工夫や心がけで、キレイになれるのだと実感しました。
また、いろんなことに興味をもって、自分で考え、選び、チャレンジすることによって、
美しさへと近づいていく手応えと同時に自分に自信がもてるようにもなるのだと思いました!
ぜひ、みなさまも「キレイになりたい!」気持ちを持ち続け実行することで、揺るぎない自信をつけて輝いてください!!(#^▼^#)