FACE BOOK

MISTY Happy Mall
腹探りカメラ
MISTY DX
オーディオブックを声優の声と演技で楽しむ朗読サイト kikubon(キクボン)
MISTY DX

-12/27更新-蒼月紫野のスピリチュアル・トーク〜第二十九回〜

皆様こんにちは!

ついに2016年も残すところあと数日となりました。今年も本当にお世話になりました。来年も健やかにすごしたいと願うあなたに、蒼月先生からお屠蘇(とそ)にまつわる運気アップのお話をいただきました! 来年のはじめにさっそくお試しくださいね。



 お話/蒼月紫野

http://mbhappy.com/uploadimages/Image/201012/profile.jpgクリスタルゲイジング(水晶球占い)、タロット、西洋占星術、オラクルカード……と幅広い占術を持ち、ヒーリングやカウンセリングでも大活躍。業界きって の“石オタ”でもあり、日本ジュエリー協会認定の守護石鑑定士。

 

蒼月先生のHPはこちららどうぞ。

 

 

「お屠蘇」にまつわる開運ばなし
スタッフ「いや〜、ついに今年も終わりですね。蒼月先生、今年最後の更新になりますので、今回はぜひ年始にまつわるラッキー情報をお話してください(じつはスタッフはこのとき、大掃除が終わったばかりでヨレヨレ)

蒼月先生「大掃除お疲れ様でした。これでようやく新年を迎える準備が整った感じでしょうか。でもスタッフさん、来年に備えてぜひ仕込んでおいてほしいものが」

スタッフ「えっ、何でしょう? もちろん開運にまつわるお話ですよね」

蒼月先生「はい。それはじつは『お屠蘇(とそ)』です。お正月に飲むという人も多くいらっしゃるのではないでしょうか」
 

スタッフ「お屠蘇か…。名前は知っていますけど、じつは我が家では飲む習慣がなくて。お正月に飲むっていいますよね。一般的なことなのかしら。(電話口から離れて)みんな、お屠蘇って飲む?」

向かいの席のスタッフS「お屠蘇? 実家にいたときは毎年家族で飲んでいましたよ」

ハピタマスタッフのY「お屠蘇ってなんですか? 初めて聞きます」

スタッフ&S「えええー!?

スタッフ「…もしもし蒼月先生? うちの若いスタッフはお屠蘇知りませんでした(汗)」

蒼月先生「そうなんですか? いわれ通りにお屠蘇を飲む人って少なくなっているのかもしれませんね。でもお屠蘇は、無病息災を願う開運のお酒。運気を呼び込むとも言われていますから、やっぱり年の初めに飲みたいですね」

スタッフ「我が家では普通に日本酒の熱燗を飲むので、お屠蘇飲んでないですね。蒼月先生は毎年お屠蘇を用意するのですか?」

蒼月先生「はい。暮れの時期に日本酒や本みりんを買うと『屠蘇散』というティーパックみたいな小袋がついてくることがあるので、これをお酒にひたして作ります。抽出に結構時間がかかってしまうので、お正月にいただくなら、大みそかに仕込んでおかないと」

スタッフ「そうなんですね! 我が家はお正月くらいしかお酒を飲まない一家ですが、まずお屠蘇を作ったことがありません。常識知らずで、恥ずかしいで。。。(^^;)普通の日本酒とどう違うのですか」

蒼月先生「これは薬草酒と言うか、和漢のハーブ酒という感じでしょうか。もとになっている『屠蘇散』は、白朮(おけら)、山椒(さんしょう)、桔梗(ききょう)、肉桂(*シナモン)、防風、あとミカンの皮(陳皮)など、薬草の根っこや実をブレンドしてあります。日本酒と本みりんを合わせて作るのですが、日本酒をメインにすると辛口に、本みりんを少し多めに加えると甘口のお屠蘇になります。もともとは三国志の時代に疫病予防のために作られたものが、平安時代に日本に入ってきたんです」

スタッフ「歴史のあるお酒なんですね。でも、確か怖い漢字が入りますよね。『屠蘇』の『屠』という漢字は、『屠(ほふ)る *命を奪う』という漢字ですから、新年早々物騒な気がしますけれど…」

蒼月先生「じつは『蘇』という漢字の意味も怖くて、悪い鬼を表しているんです。ですから、『屠蘇』で「悪鬼をやっつける」という意味になります。お正月の参拝時に神社でお屠蘇をいただけることもありますが、魔除けのパワーが入っていますからぜひ頂戴してください。お酒がダメな人は、飲むふりだけでもいいんです。開運の気がお酒から立ち上っているので、それを吸い込むつもりでいてくださいね」

スタッフ「正式な飲み方はあるのですか?」

蒼月先生「本当は、三段重ねの朱塗りの盃(さかずき)に入れて、3回に分けて飲むんです。今ではひとつの盃をつかうのが一般的かもしれないですけどね。家族で飲む時は、若い人から飲んでいき、最後に年長者でお屠蘇を飲み終わります。そうそう、東を向いて飲むのも大事」


正式な盃は三段重ねのもの。

 

スタッフ「なんだか、節分のときに食べる恵方巻みたいですね。一定の方向を向いていただくところが」

蒼月先生「そうですね。やっぱり日の出の方角を向くことで開運の気を取り入れていることになるのでしょう。お正月が過ぎたら、屠蘇で使った根っこや木の実の残りを袋に入れて、井戸の中に投げ込んだんだそうです。そうするとその後の一年間、井戸の水が縁起の良い水に変わるという…」

スタッフ「でも最近は、ほとんどの家庭に井戸がないから困りますね」

蒼月先生「大丈夫です。使い終えた屠蘇散のティーパックは、大きめのミネラルウォーターのボトルに入れてます(笑)。邪気払いの水ですから、少しずつ飲むといいですよ」

スタッフ「なるほど。それならお酒がダメな人でもOKですね! 年の初めに試してみます!」

蒼月先生「はい。屠蘇散は漢方を扱っているお店やドラッグストアでも手に入ります。ぜひ年始にお屠蘇を作って飲んでみてくださいね」

−いかがでしたか? 恥ずかしながらスタッフは、お屠蘇の意味もよくわからずに、神社の初詣で飲み干していました(笑)。ときには「お酒は(あまり飲めないので)いりません」と断ってしまうことも…。なんともったいないことをしていたのか!(^^; これからはしっかりいただいて、悪鬼払いをさせていただきます。みなさんも良いお年をお迎えください。そして来年もハッピーな情報をお届けしてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

 

この記事は役に立ちましたか?
役に立ったイマイチ

年代を教えてください
未選択〜10代20代30代40代〜

よろしければこの記事の感想を、お願いします!

※お寄せいただいたコメントや感想などは、お名前を伏せて、スタッフブログ やメルマガ、その他でご紹介させていただくことがあります。ご紹介不可の場 合は、その旨ご明記ください。

今、あの人は私のことをどう思っているの?
童話の登場人物たちが真実をあなたにそっと教えます。

占い&心理テストを多数とりそろえています♪
今月のオススメはこちら!

  • 魔女っ子占い
  • SWEETS占い
  • 未来のおうち心理テスト
  • 神秘のジプシー占い
  • 逆人相占い

占い一覧を見る

今日は4月26日(水)

−今日の誕生花占い−

今日の生まれの人:清潔で質素な外見とは裏腹に、じつはちゃっかり者。美的センス抜群で魅力的!
この日の花:アズマギク
花言葉:尊い愛
他の日を調べる