FACE BOOK

MISTY Happy Mall
腹探りカメラ
MISTY DX
オーディオブックを声優の声と演技で楽しむ朗読サイト kikubon(キクボン)
MISTY DX

-4/15更新-お灸でプチ養生

4月15日更新

東洋医学では体全体に「(き・生命力のもと)・(けつ・血液)・(すい・血液以外の体液)」がめぐり、経絡(けいらく)という道を通って全身に行きわたると考えられています。お灸はその「気・血・水」の流れをスムーズにして、体を整えてくれます。今のお灸は、香りの良いアロマ系や煙の出ないタイプなど、種類も豊富に揃っています。1個15円ぐらいととってもプチプラ 家でじっくり楽しみましょう。
 

お灸が静かなブーム
市販のお灸で一番有名なのは、「せんねん灸」かもしれません。紙パルプの台座の上に和紙で巻いた「もぐさ」がのっている台座灸(間接灸)が、現代のお灸の代表選手。このタイプを最初に売り出したのがせんねん灸でした。台座灸は、今も街の薬局で簡単に手に入り、数年前からは静かなブームとなって若い人にも人気です。

お灸の歴史は古い!
お灸は石器時代に熱した石を体にのせたことが始まりといわれています。そして3000年前の中国最古の医学書には、よもぎの葉の裏からとった綿毛である「もぐさ」を使い、お灸で治療する方法が登場します。もぐさ(よもぎ)は、止血、健胃、腹痛、下痢、貧血に効果があるそうです。日本へは飛鳥時代に伝わり、つい数十年前まで、もぐさを直接肌にのせて火をつけ、焼ききるのが一般的なお灸とされていました。とっても熱そう!

~お灸アレコレインタビュー~
      
お灸をもっとよく知るために、お灸体験ができる「せんねん灸ショールーム銀座」へ取材に行きました。お灸初心者のスタッフから出るわ出るわの質問の嵐(笑)。あっという間の一時間。親切丁寧にインタビューに答えてくれたのは、せんねん灸銀座の鍼灸師・岸本和可子さんです。
 

―「お灸」をほとんど知らない初心者です。今日はいろいろと教えてください。お灸って何でできているのですか?

岸本さん:お灸は「もぐさ」からできています。みなさんが見たことがあるお灸は台座があるタイプかもしれませんが、昔はこのもぐさを直接肌にのせて火をつけてお灸をしていました。もぐさには、用途に合わせて精製度の高いものから低いものまでいろいろあります。

―直接肌にのせるなんて熱そう! 火傷しちゃいますよね!?

岸本さん:昔は火傷させることで効果を出していた面もあります。でも、今では火傷をいやがる方が多いため台座灸が普及しています。せんねん灸は手軽にできて、火傷も痕もつきにくいお灸として販売しています。

―どこにお灸をしたらいいのですか?

岸本さん:このショールームでは「合谷(ごうこく)」というツボの探し方をお伝えしています。親指と人差し指の交わるあたりから、人差し指沿いをなでて、ちょうどへこんでいる場所がこのツボになります。へこむというのは血行不良になって段々とお肌のハリが失われ、たるんだ状態なのです。そこにお灸をして温めることによって血流を呼び戻す。それがお灸のしくみです。

― 日によってツボ(へこむ場所)は変わりますか?

岸本さん:ツボにもタイプがあり、季節や環境の変化に体が反応してへこむツボや、女性ではホルモン分泌などのバイオリズムによってへこむツボがあります。それ以外にも、日頃の生活の中でくり返す姿勢や動作など、体の使い方(癖)によってへこむツボもあるので、変わります。ただ、大きくは変わらずに、多少のズレが生じる程度です。

―ツボにお灸をするとどんな効果が期待できますか?

岸本さん:ツボにお灸を据える一番の特徴は、体が冷えているからといって全体を温めるよりも、血行不良を起こしているポイント、つまりツボに絞って温める方が体の中から温まるということ。ツボにお灸をすることで内臓の働きを高め、体の中から温まることができるからなんですよ。
では、実際にお灸をしてみましょう! ゆったりとリラックスできる楽な姿勢でお灸をしてください。煙が消えてから、ほのかに温かさが感じられると思います。


  
―ほんとだ! じんわり温かくなってきました。

岸本さん:じんわり温かく感じるかもしれませんが、台座を触ってみると結構熱くなっているのが分かります。それほどの熱さを感じないというのは、血行が悪くなって、感覚が鈍っている状態です。

―お灸っていつまでのせていればいいのですか?

岸本さん:火をつけて煙が消えるまで2〜3分、その後台座に温熱が伝わり、台座が冷めるまで2〜3分の合計5分位です。ただし、途中でピリピリしたり、熱く感じるようであれば、血行不良が改善したサインですので、すぐに取り外してください。

―合谷は何に効くツボなのですか?

岸本さん:万能のツボといわれています。顔の吹き出物、歯痛、鼻のつまりや目の疲れ、花粉症など顔面部の症状、頭痛、肩こりなどに効果があります。

―合谷以外にも、全身にツボはあると思うのですが、いつもへこんでいるのですか?

岸本さん:血行が良いとツボはあらわれません。生まれたばかりの赤ちゃんにはツボがありませんが、年齢を重ねるとツボ=へこみが増えていきます。若い頃からお灸を習慣にすれば、早くから血行不良の改善ができ、気のめぐりが良くなります。まさに「プチ養生」の実践です。

―押してみて圧痛(あっつう)を感じるところがツボですか?

岸本さん:圧痛を感じるところを探すより、へこんでいる部分を探すほうをおすすめします。もっとも分かりやすいへこみは「シワ」です。たとえば、手首の曲りジワ、ひじの内側にできる曲りジワなどです。関節は曲げ伸ばしをするたびにへこみがシワとなっていきます。

―いつお灸をしたらいいのでしょう?

岸本さん:好きな時間でOKですよ。ただし、お風呂の前後1時間と食前食後は避けてください。お風呂前のお灸はピンポイントに温める効果が薄れてしまいますし、入浴後すぐのお灸は水ぶくれになりやすいのです。1週間に一度の割合で10ヶ所にお灸をするよりも、毎日1ヶ所ずつでもするほうが効果があります。お灸は一日に三度までなら同じ場所にすえても大丈夫です。

―4月は新生活が始まって緊張し、ストレスが溜まりやすい時期ですが、今の時期におすすめのツボってありますか?


岸本さん:ストレスや環境の変化による体の好不調は、姿勢にあらわれますよね。「今日は元気そうだな」というときは背筋が伸びて動きもなめらかですが、「今日は疲れているな」というときは背中が曲がり、うつむき加減か、もしくは反対にアゴを突き出したような姿勢で動きもぎこちなくなります。姿勢を正すならば、三陰交(うちくるぶしの中心から指幅四本分上にあるツボ)というツボがおすすめです。
↓三陰交

 ―では、肩こりはどこにお灸をしたら効果的ですか?


岸本さん:肩にもツボがあり、直接お灸をしても良いのですが、肩がこる姿勢そのものを改善する方がより効果的です。先ほどお話ししたように姿勢全体のゆがみをゆるめる三陰交へのお灸がおすすすめですね。

―お灸をすると、ヒートショックプロテイン(熱を与えることで生まれる、傷んだ細胞を修復するたんぱく質)効果もあると聞いたのですが。

岸本さん:ヒートショックプロテイン効果はあります。ツボに温熱を与えて体の治癒力を高める、つまり修復力を促す効果がお灸にはあるのです。

―岸本さんおすすめのお灸の方法ってありますか?


岸本さん:ストレッチ→お灸→ストレッチ という流れが効果的です。体が柔らかくなっていることを実感できますよ。

―岸本さん、お忙しい中ありがとうございました!
お家で手軽にできるのが、お灸の良いところ。家族、友達と一緒にお灸にチャンレジしてみましょう。火には十分気をつけて! お灸の火が洋服に燃え移らないよう注意してください。

・お灸をするときには、陶器などの不燃性の器(水を少し入れておく)、火をつけるライター、ツボの場所に印をつける水性サインペンなどを用意しましょう。先にツボに印をつけておくと慌てずにすみます。

・台座灸の裏のシールをはがし、指にペタっとつけて火をつける

・台座の脇を持って印(ツボ)のところへお灸を貼る。「熱い」と感じたら、すぐに取りましょう。

・燃え終わったお灸は、水を入れた器に捨ててください。


〜お灸体験からヒトコト〜
いや〜、お灸って奥が深いです。血流が悪いとへこみ、そこがツボだとは知りませんでした。私は少し前からお灸にハマっており、合谷と関元(かんげん おへそから指幅四本分下がったところ)にお灸をしています。それと三陰交にも。お灸をすると疲れがすーっと引き、緊張もほぐれていきます。毎日少しずつ疲れをとるのに、お灸は効果があると思います。
 

<参考文献&サイト>
『楽しくて気持ちいい!おうちで、お灸』佐藤宏子監修(地球丸)
『日本文化史探訪 お灸ばなしあれこれ』福西左元著(冬青社)
『美顔・美ボディ 美容お灸』せんねん灸お灸ルーム著(講談社)

撮影:くにろく


(担当:たまみ)

この記事は役に立ちましたか?
役に立ったイマイチ

年代を教えてください
未選択〜10代20代30代40代〜

よろしければこの記事の感想を、お願いします!

※お寄せいただいたコメントや感想などは、お名前を伏せて、スタッフブログ やメルマガ、その他でご紹介させていただくことがあります。ご紹介不可の場 合は、その旨ご明記ください。

今、あの人は私のことをどう思っているの?
童話の登場人物たちが真実をあなたにそっと教えます。

占い&心理テストを多数とりそろえています♪
今月のオススメはこちら!

  • 魔女っ子占い
  • SWEETS占い
  • 未来のおうち心理テスト
  • 神秘のジプシー占い
  • 逆人相占い

占い一覧を見る

今日は3月30日(木)

−今日の誕生花占い−

今日の生まれの人:表裏のない、竹を割ったような性格。正義感が強く、嘘やお愛想が言えません。
この日の花:サクランボ
花言葉:小さな恋人
他の日を調べる