FACE BOOK

MISTY Happy Mall
腹探りカメラ
MISTY DX
オーディオブックを声優の声と演技で楽しむ朗読サイト kikubon(キクボン)
MISTY DX

-4/1更新-賢者の選択心理テスト<第28回>


4月1日公開
 
 
早くも4月です! なんだか2013年はいつもの年よりスピードが速い(@@;
新年度ということで、就職、入学、部署の異動、クラス替えなど、新しい人とのおつき合いも始まる季節。ということで、今回は「人間関係」についてがテーマです!



津田秀樹先生より
前回の『もうひとつの春』は、実際のドラマが見られないにもかかわらず、
熱い感想をたくさんいただき、誠にありがとうございました!
とても励みになります。

さて、今回は“人間関係”についてです。
4月は新しい人間関係に悩む人も増える時期です。
そのことが、「五月病」や「六月病」につながっていく場合もあります。
学校に行けなくなったり、会社を辞めたり、 逆に誰かを攻撃せずにはいられなくなったり、 さまざまな問題が生じてしまいます。
「あの人のああいうところが許せない」 「悪いのはあの人なのだから、こちらが嫌うのは仕方ない」 「ああいう人には、いてもらわないほうがいい」 そんな気持ちになることもあるでしょう。

そんなときに観てみていただきたいのが、 『ハーヴェイ』という映画です。
去年、Blu-rayも出ました。


もともとはブロードウェイで上演されたお芝居で、5年間ものロングランを記録する大ヒットとなり、ピューリッツァー賞(戯曲部門)を受賞しています。その映画化です。
1950年の白黒映画。 ファンタジックで心温まるコメディーです。 (
*画像はwikipedhiaより掲載 「Harvey」 public domain)


心理テスト作成/津田秀樹

心理テスト研究家。携帯各社の公式サイト「本物の心理テスト」が大好評(ad@54ktai.jpに空メールを送るとURLが届きます)。スマートフォンにも対応!(http://honshin.jp
著書に『経験だけでは身につかない! 部下を動かすビジネスリーダーの心理術』(洋泉社)『恋のサンタク』(マガジンハウス文庫)、『心理サプリ』(秋田書店)、『ジーパンをはく中年は幸せになれない』(アスキー新書)、『人生のサンタク』PHP)、 『傷つかない&傷つけない会話術』(マガジンハウス)など。心理マンガ『心理サプリ』(原作担当)が電子コミック化され、「秋田書店DX」「ベストヒットCOMICS」など多数のモバイルコミックサイトで配信中!
---------------------
ホームページ
http://honbako.co.jp

津田秀樹オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/tsuda-honshin/
Twitter

http://twitter.com/#!/TsudaHideki
ミクシィ
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=36084&from=navi
Facebook
http://www.facebook.com/hideki.tsuda.7

 

このテストをツイッターで紹介する

賢者の選択心理テストNo.028



「どうしても許せない人がいたら、どうしたらいいのか?」




ハーヴェイというのは名前ですが、主人公の名前ではありません。

主人公の名前は、エルウッド。町の名家の当主で、立派な家屋敷と財産を相続して、何不自由なく暢気(のんき)に暮らしている中年男性です。
彼にはいつもいっしょにいる親友がいます。その親友の名前がハーヴェイなのです。

ハーヴェイは、身長が190センチくらいある巨大な白いウサギです。
「?」となる人も多いでしょう。ハーヴェイは、エルウッド以外には見えません。
でも、エルウッドはハーヴェイと会話をし、ハーヴェイに道をゆずったり、椅子をすすめたり、そこに実在しているとしか思えないように振る舞います。

 

エルウッドは酒場でみんなと一杯やるのが大好きで、毎日のように飲んでいるので、そのせいで幻覚を見ているのかもしれません。
アルコール依存症による幻覚は、小さい兵隊とか、小さい飛行機とか、通常は小さい場合が多いのですが、巨大なウサギを見ないとも限らないでしょう。

困ったのは、エルウッドと同居している姉とその娘です。娘はもう結婚適齢期です。家でパーティーを開いて、上流階級の方々に娘を紹介し、いい縁談が舞い込むようにしたいのですが、エルウッドが、お客さんたちに、礼儀正しく、ハーヴェイを紹介してしまうのです。

見えない巨大ウサギを紹介されて、お客さんたちはみんな、びっくりして、急用を思い出して帰ってしまいます。
このままでは家にちゃんとした人たちを呼べません。

一方で、エルウッドのほうは、酒場で出会った、ホームレスのような人でも、「家に食事にきてほしい」と、どんどん招待してしまいます。出会った人たちにすぐに打ち解けて、誰彼の区別なく、みんな招待するのです。

姉は、弟のエルウッドをもてあましますが、家から追い出すことはできません。
家屋敷はエルウッドのものなのです。自分たちのほうが、エルウッドに置いてもらっている立場なのです。
出て行くこともできません。遺産はエルウッドのものですから、生活できなくなってしまいます。

そこで姉は一計を案じます。エルウッドを精神病院に隔離してもらおうとするのです。


ヴィタ(ジョセフィン・ハル)と
その娘マートル・メイ(
ヴィクトリア・ホーン

*wikipedhiaより掲載 「Harvey」 public domain
 

そうすれば、ハーヴェイに悩まされることはなくなるし、家や財産も自由に使えます。
しかし、「弟が巨大なウサギといつもいっしょにいて悩まされて」と泣いてまくしたてる姉を見た精神科医は、姉のほうがおかしいのだと勘違いして、姉を入院させてしまいます。



エルウッドのほうは、落ち着いた物腰で、おだやかで、誰にでもやさしく、機嫌がよく、寛大で、とても感じのいい人です。医師たちは、エルウッドに好感を抱きます。

ケリー看護師(ペギー・ダウ)と
エルウッド(ジェームズ・ステュアート

*wikipedhiaより掲載 「Harvey」 public domain


家に招待されますが、これも別におかしいとは気づかれません。エルウッドはハーヴェイを紹介しようとしますが、ちょうどハーヴェイは席を外していたので、これもヘンだとは思わずにすみます。


それから、いろいろあって、けっきょく誤解が解けて、姉は無事に病院から出ることができ、今度はエルウッドがとらえられます。

1本の注射で、エルウッドの幻覚は消えると医師は言います。姉はそれを打ってくれるように頼みます。
ハーヴェイさえ消えてくれればいいのだからと。
しかし、その注射を打つと、人格まで変わってしまいます。
今の、純真で、親切で、心優しいエルウッドはいなくなってしまいます。

人嫌いで、不寛容な、冷たい人間になってしまいます。


姉は迷います。
ハーヴェイのいる生活はもうたくさんだけれど、弟の性格が変わってしまってもいいのか……。
究極の選択です。




さて、ここまで読んできて、
あなただったら、ハーヴェイに注射を打ってもらう決断をくだしますか?



―――――――――――――――――――――――
 

Aの意見
「巨大なウサギが見えているのは、あきらかにおかしい。治療せずにおくのはよくないから、注射は打つべき」


Bの意見
「人格まで変わってしまうのはよくないから、注射はやめるとしても、そのままではマズイから、何か別の治療方法を考えるべき」


Cの意見
当人は幸せに暮らしているのだし、周囲がハーヴェイに過剰に反応しなければ、我慢できないことではないはずだから、そのままにしておいてあげたほうがいい」






心が決まったら【解説を読む】をクリックしてください。








解説を読む
 
この記事は役に立ちましたか?
役に立ったイマイチ

年代を教えてください
未選択〜10代20代30代40代〜

よろしければこの記事の感想を、お願いします!

※お寄せいただいたコメントや感想などは、お名前を伏せて、スタッフブログ やメルマガ、その他でご紹介させていただくことがあります。ご紹介不可の場 合は、その旨ご明記ください。

今、あの人は私のことをどう思っているの?
童話の登場人物たちが真実をあなたにそっと教えます。

占い&心理テストを多数とりそろえています♪
今月のオススメはこちら!

  • 魔女っ子占い
  • SWEETS占い
  • 未来のおうち心理テスト
  • 神秘のジプシー占い
  • 逆人相占い

占い一覧を見る

今日は3月23日(木)

−今日の誕生花占い−

今日の生まれの人:頭の回転が早く、何をしてもテキパキとソツなくこなす人。要領のよさも光ります。
この日の花:ハナミズキ
花言葉:公平
他の日を調べる