FACE BOOK

MISTY Happy Mall
腹探りカメラ
MISTY DX
オーディオブックを声優の声と演技で楽しむ朗読サイト kikubon(キクボン)
MISTY DX

-3/19更新-どうなる2012年!? 地震は? 流行は? マヤ暦は?

3月19日更新
 


MyBirthdayハッピーウェブは、3月21日でオープン5周年!(^0^)
これもすべて、遊びに来てくれている皆さんのおかげです。
本当にありがとうございます☆
 MyBirthdayは2007年の3月21日、春分の日にオープンいたしました。

さてさて、そんな春分の日は、その年の1年を占う重要な日でもあります。春分図といって、この日のホロスコープを用いて、これから1年に起こりそうな出来事や流行、人々の心の動きなどを読み取って行きます。
今年もルネ・ヴァン・ダール研究所のモナ・カサンドラ先生に、1年間の世の中の動きを占っていただきました!

お話/モナ・カサンドラ先生
profile  妖精・魔女物語などファンタジックな世界に興味を持ち、本格的な研究の道を模索。1981年より、ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ氏に師事し、西洋占星術、心理学、神秘学などを学ぶ。アルケミイ研修3年、専科7年の研修を経て、1995年に占星、タロットの師範課程を修了。師より占名「モナ・カサンドラ」を受けた。
ルネ・ヴァン・ダール研究所においては、占星学のロジックを徹底的に解読・探求。コンピューターによるホロスコープ作成の道をひらく。
日本時空心理学協会理事。日本占術協会理事。
■ルネ・ヴァン・ダール研究所HP http://www.rene-v.com/
■モナ先生の占いサイト『月のお告げ モナ・カサンドラのこころタロット』 
http://charge.fortune.yahoo.co.jp/stw/kkr/index.html


「2012年をホロスコープで読み解く!」
MBスタッフ「震災から1年が経って、なんだかゴタゴタのままの日本、という感じですが…。モナ先生、いったい2012年の世の中って、どうなってしまうのでしょうか?」
モナ先生「はい。その年の予測というのは、春分の日のホロスコープが暗示しているんです。昨年2011年も非常に特徴的でしたが、今年もさまざまな暗示が出ていますね。2012年の春分図はこちらです」

MB「わ〜…といっても、私はピンとこないのですが(^^; それぞれの星の位置や組み合わせに、2012年のヒントがあるのですよね? ではさっそく、解説をよろしくお願いします!」



2012年のキーワードは【経済】
モナ先生「1年間の世相を占う際、まず見る場所は【木星】の配置なんです。2012年は10ハウス(社会生活を表わす)に幸運の星・木星(発展するという意味)があり、同じハウスに豊饒の星・金星(お金・経済)が並んでいます。両方とも吉星で、この配置は【経済的な豊かさ】を暗示しているんですよ」


MBスタッフ「わあ、じゃあ、これで景気が良くなるかもしれないですね! モノが売れないとか、企業が赤字とか、ニュースを見るたびに暗い気持ちになっていたのでうれしいです♪」
モナ先生「そうなんですが、でもそれだけではないんですよ。その反対側にある試練の星【土星】にも注目しましょう。ロスコープの天頂(上の部分)の木星に対して、天底(下の部分)に土星がいますね。これは木星の華やかさに、土星が足かせをしている状態なんです。」
MB「というと? どういう意味ですか?」
モナ先生「華やかなスポットライトを浴びることができるのは一部の人や企業だけで、庶民の暮らしはなかなか厳しい生活が続くかもしれません。よくいう【勝ち組】と【負け組】がはっきり分かれる構図ですね」
MB「いわゆる“格差”ですね」
モナ先生「そうですね。ごく一部の脚光を浴びる人達をのぞいて、実際は生活に苦しむ人も増えそうです。それでも、『自分もああなりたい!』『勝ち組にまわりたい』というような、リッチな暮らしに憧れる傾向が強まります。そのため、人生の一発逆転を狙う人も多そう。でも、豊かになれるのは一部の人や、一部の企業……。悲しいですが、そんな傾向が見えています」


格差は【子ども】にあらわれる?
モナ先生「次に、試練の星・土星のハウスにも注目してみましょう。春分図を見ると土星は3ハウス(コミュニケーション・好奇心・勉強など、教育を表わす)にいますね。土星は【制限】という意味がありますから、教育をしっかり受けられる子ども、満足に受けられない子どもの差が、とくに出てくる暗示です」


モナ先生「それに、月と海王星のコンジャンクション(0°=惑星の意味を強調する)と、その正反対のオポジションの位置にある火星も気になります。月は母性や幼児を、海王星は夢を表わしています。火星はエネルギーを司る星ですが、向かい側に来るとアクシデントやトラブルを引き起こしやすいんです」
MB「子どもに何かトラブルが…?」
モナ先生「先ほどの3ハウスの土星と合わせて読むと、教育の格差が子どもに出やすいんですね。母と子(月)夢や憧れ(海王星)を持つけれど、それがうまくいかない…(180°の火星)。子どもに期待を寄せても、夢が叶いにくいのかもしれません。少し前から話題になっている『子ども手当て』の見直し問題や、高校無償化の政策も、このホロスコープから解釈すると、縮小や中止の方向へ進むでしょう。一部の金銭的に豊かな人達は、自分の子どもにお金を十分にかけて教育し、その一方で生活面が厳しい人は、子どもに満足に教育を受けさせられない…という、格差が生まれることを暗示しています。できる子とできない子、勉強をさせてもらえる子とさせてもらえない子、というのが教育現場でハッキリしてきてしまうかもしれません」

一方で、このアスペクトは、海王星が暗示する事件も意味しています。水辺の事故、領海侵犯などの海にまつわるアクシデントや、ガス麻薬詐欺などの目に見えない不安が事件につながることもあるでしょう」


今年、大きな地震はきますか? 
MBスタッフ「東日本大震災から約1年が過ぎました。まだ余震も続いていますし、原発のその後も不透明なまま…。日本人としてはすごく気になるトピックなのですが、占いから見ていくとどうなるのでしょうか?」
モナ先生「2012年の春分図は、震災のあった2011年3月11日に比べると、星の配置に巨大地震の危険を感じません。多くの人命が失われるような天変地異には、死と再生の星・冥王星がよくないアスペクト(惑星同士の角度)を取ることが多いのですが、2012年は冥王星がとても安定しているんですよ。ホロスコープの図で比べてみましょう。



MBスタッフ「今年のホロスコープには、なんだか大きな正三角形がありますね!

モナ先生「そうなんです。これはグランドトリンと言って安定や調和を暗示する大吉の角度なんですよ。
昨年の震災のときは、ホロスコープ上にこの三角形はなく、T字スクエア(3つの星がアルファベットのTの文字のような位置になること)やスクエアといった、90°(凶の角度)で星が並んでいるんです。それに比べると、今年の星の配置は、死と再生の星・冥王星、幸運の星・木星、エネルギーの星・火星…と、強い力を持つ惑星がそれぞれ支え合って、調和をもたらしているんです。このため、大勢の人が亡くなるような大災害は起きにくい暗示です」
→昨年の地震についての詳しい占いはコチラ!「2011年3月11日を星占いで再検証」
MBスタッフ「大きな惑星が調和していると、なんだか安心しますね」
モナ先生「そうですね。地の星座(おうし座、おとめ座、やぎ座)でのグランドトリンなので、地面にまつわることを暗示しています。少しずつでも確実な復興が進むでしょう」



MBスタッフ「昨年のホロスコープにあった、T字というのも見えなくなったような…」
モナ先生「大きな範囲で見ればまだT字なのですが、土星がどんどん移動して(赤い矢印の部分)、だいぶT字は崩れてしまいましたね。しかしまだ、冥王星と天王星はほとんど位置を変えていません。このふたつは動きの遅い星なので、あと何年も良くない角度を組んだままです。冥王星は英語ではプルトーと呼ばれ、プルトニウムの語源にもなった星。核や原子力全般を暗示する惑星なんです。天王星とのこの配置が続く限り、原発の問題はなかなか見通しが立ってこないと思います。おそらく2017年頃までは、毎年のように原発問題がクローズアップされるでしょう」
MBスタッフ「まだ先は長いんですね…。原子力発電は今後どうなるんでしょう?」
モナ先生「そうですね、ホロスコープをもう一度見てみましょう」


原発問題の行方は…?


モナ先生「冥王星は現在、やぎ座を進行中です(右の赤い丸がやぎ座のマーク)」
MBスタッフ「この黄色い部分がやぎ座のゾーンですね」
モナ先生「やぎ座は物事を制限する力がありますから、原子力全般は縮小の方向の暗示なんですよ」
MBスタッフ「なるほど…世界的にも、原発見直しの流れがあるように思います」
モナ先生「ところが、冥王星はグランドトリンの一角も担っているんです。発展の星・木星や、エネルギーの星・火星と大調和を起こしていますから、こっちの星の配置で見ると原子力は拡大という暗示になるんです」
MBスタッフ「あれれ、【縮小】と【拡大】、両方の星の暗示が出ているんですか?
モナ先生「そうなんですよ…う〜ん、どう読めばいいのか…。もしかすると、表向きは縮小だけれど、一方では核開発が進む…ということなのかもしれませんが…」
MBスタッフ「そういえばテレビで『夢の新エネルギー』と銘打って、海底資源のメタンハイドレード(メタンガスが固まった新資源)採掘のニュースを流していました。あれがゆくゆくは利用できたらいいですね」
モナ先生「冥王星は【地下に眠る財産】の星でもあるんですよ。ガスなどの“目に見えないもの”は海王星の管轄になってしまうのですが、“固形物”や、“地下に眠っている物”、というとらえ方をすると、メタンハイドレードは冥王星が暗示しているといって良いでしょう。もしかして原発は縮小の方向で、一方の新資源は研究されたり開発されたりして発展していく…という暗示なのかもしれませんね」


今年はどんなものが流行する?
MBスタッフ「もうすぐ4月ということで、新しい生活が始まる人もいると思います。これから流行るものをおさえておきたいのですが…何かこれを持っておくと良い!というものはありますか?」
モナ先生「ブームを占うのは木星を使います。木星は今年の6月12日におうし座からふたご座へ移動しますが…じつはファッションなどの流行は、さらにその次の星座で見るんですよ」
MBスタッフ「ふたご座の次の星座というと、かに座ですね」
モナ先生「そうですね。上半期はまだ木星がおうし座にいますから【ふたご座的な服】、下半期には【かに座的な服】が流行り出しますよ。」
MBスタッフ「今はちょうど春もののコートや薄手のカーディガンなど出回っていますが、今年は明るくて鮮やかな色を多く見かけますね。これはふたご座カラーなのですか?」
モナ先生「ふたご座は“自分らしさ”や“斬新さ”を追求する星座ですから、色とりどりの服が出回っているのは、【自分に合ったカラー】を選ぶということの表れでしょう。それにフットワークが軽いのも特徴ですから、キレイな色合いが多いのだと思います。また、身体の部位で言うと、ふたご座は「肩や腕」を司っています。肩にかけられるバッグが流行ったり、肩まわりや腕に特徴がある服が出るかも。それから、疲れないクツとか、汗をかいても快適な下着とか、おしゃれ+機能性を重視したものはふたご座好み。ユニクロみたいな服装は、今年は一段と注目されそうですね。自分だけの着こなしを研究してみてくださいね」
モナ先生「そして今年の後半は、次第にかに座の風合いのファッションが増えてくるでしょう。庶民的で優しい感じ。パール感のあるものも増えてきそうですね。かに座は母性の星座ですから、今年の夏以降は胸を強調する流行が出てくるはずです。胸が大きく開いているとか、ブローチやペンダントなど、胸元のおしゃれが流行すると思います」
MBスタッフ「これからお買い物をするときは、シックなものや黒っぽいものは避けたほうが良さそうですね」
モナ先生「はい。ふたご座もかに座も明るめのカラーを好みますから、黒などの暗い色合いのファッション小物は購入を見送ったほうがいいかも。あと数年は暗い色の流行はなさそうですよ」


ウワサのマヤ暦って、どう思いますか?
MBスタッフ「最後に、少し前からテレビなどで【マヤ文明の予言】というのが話題になっていますよね。2012年の12月に人類が滅亡するとかいう…。にわかに信じがたいウワサなのですが、モナ先生から見てこの話題はどう思われますか?」
モナ先生「マヤ暦の終末論については、伝統的なところで使われているある種の暦が終わるだけだと思っています。たとえば1999年が2000年になったときの【ミレニアム】もひとつの区切りですし、ホロスコープでも12年でひとつの区切りがあります。人間だって60歳でひと区切り。還暦になると赤いちゃんちゃんこを着て子どもに戻りますよね。でも、その後ももちろん続いていきますから。マヤ暦も一緒で、ある時代の節目を迎えても、その後も続くという意味だと思いますよ
MBスタッフ「西洋占星術で見ても、それほど今年は悪い暗示はなさそうですしね」
モナ先生「はい。なんといっても、一年を占う春分図でグランドトリンが形成されていますから。これは、2012年に明るい要素があるということです。ですから、心配されるような人類滅亡とか、そんなことはありません。ただ、うお座に宗教の星・海王星が約150年ぶりに回帰したことと、マヤ暦の話題は、リンクしていると思いますよ」
MBスタッフ「というと?」
モナ先生「人々が目に見えないものを信じる時代に入ったことを意味しています。きっとその中で、『人類が滅亡するかもしれない』というような不安や、宗教にすがりたくなるような心理が働くのでしょう」
MBスタッフ「きっとテレビ番組などでもあおりたてる番組を放送するのでしょうね」
モナ先生「そうですね。不安心理からそういったものは流行るかもしれません。宗教的なものに注目も集まると思います。でも、これはひとつの大きな時代の変化なんです。とくに、宗教観の変化かな…もしかすると精神論みたいなものかもしれません。ひとりひとりの持つ心の力が、今後大きくなっていくのではないでしょうか」
MBスタッフ「そういえば東日本大震災のときも、世界中の人達が日本のために祈ってくれて、それがとても感動しました。」
モナ先生「震災後は人種や宗教などとは関係なしに、多くの人達が祈ってくれました。また、ボランティアも注目されましたね。宗教という枠を越えて、祈りの力でみんなの心がひとつになりました。マヤ暦の話題と、海王星のうお座入宮がたまたま重なりましたが、これは偶然ではないのかもしれません。これからの時代は目に見えないもの…心、祈り、信心などの精神論の時代になっていくと思います。2012年はそのはじまりの時代なのだと思いますよ」
MBスタッフ「なるほど…ありがとうございました!」


--------------------------
モナ先生のインタビュー、いかがでしたか?
星の動きからすると、昨年に比べて2012年は穏やかな1年になりそうですね。
でも、震災をひとつのきっかけにして、祈りや信心などの「心の時代」に突入し…2012年はそのスタートラインなんだなあ…と、スタッフは思いました。
大きな時代の流れ、そして身近に起こりそうな事件、ブーム、おしゃれなど、ホロスコープを読み解くことでいろいろなことがわかってきますね。これからもぜひ皆さん、西洋占星術を大いに活用しながら、充実した2012年を選択していってください。

最後に改めまして、PC版のMyBirthdayハッピーウェブ5周年、本当にありがとうござました。見に来てくださる皆様のおかげです。
役に立つ・ハッピーになれる開運情報サイトとして、どうぞこれからもよろしくお願いしますね。MBにどんどん遊びに来てください(^^)♪





(担当:ごま)

この記事は役に立ちましたか?
役に立ったイマイチ

年代を教えてください
未選択〜10代20代30代40代〜

よろしければこの記事の感想を、お願いします!

※お寄せいただいたコメントや感想などは、お名前を伏せて、スタッフブログ やメルマガ、その他でご紹介させていただくことがあります。ご紹介不可の場 合は、その旨ご明記ください。

今、あの人は私のことをどう思っているの?
童話の登場人物たちが真実をあなたにそっと教えます。

占い&心理テストを多数とりそろえています♪
今月のオススメはこちら!

  • 魔女っ子占い
  • SWEETS占い
  • 未来のおうち心理テスト
  • 神秘のジプシー占い
  • 逆人相占い

占い一覧を見る

今日は3月30日(木)

−今日の誕生花占い−

今日の生まれの人:表裏のない、竹を割ったような性格。正義感が強く、嘘やお愛想が言えません。
この日の花:サクランボ
花言葉:小さな恋人
他の日を調べる