FACE BOOK

MISTY Happy Mall
腹探りカメラ
MISTY DX
オーディオブックを声優の声と演技で楽しむ朗読サイト kikubon(キクボン)
MISTY DX

-10/4更新-中川翔子さんに学べ! 人生を変えるカギは“貪欲”にあり♪

10月4日公開
 
日本全国、知らない人はいないだろう“しょこたん”こと中川翔子さん

バラエティ番組の司会もすれば、歌手として武道館ライブも大成功、絵の才能はまさにプロ級だし、1日に何十回も更新されるブログも注目の的!

その溢れ出るエネルギーはいったいどこからきているの〜!?
仕事のこと、恋のことについても聞いちゃいました!
 



「この前ドラマをやらせていただいたんですけど、(演じた)主人公の泉ちゃんがすごく自分に近くて、何かひとつ過去が違っていたら、私は泉ちゃんだったんだろうな、って思いましたね。影に引きこもりがちで、異性が苦手で、偏った知識を持っていて・・・ブログでも書いていないような本質がすごく一緒で。たぶん、ドラマのシーンとして描かれていない部分でも、考えていることとかは一緒なんだろうな〜、と思うぐらい似ていたんです」

ドラマとは、8月から配信されたケータイ音楽ドラマ“DOR@MO”での初主演作『恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない』。主人公の野田泉は、本に囲まれている時が幸せ、という、人と接するのが苦手な図書館司書。(※10月2日より2週間限定で劇場公開も決定。その他詳細は→http://www.sonymusic.co.jp/drama/nakagawashoko/

「私、すごいネガティブのカタマリなんです。つい最近友達にも『あんたやっぱりネガティブだね。やめなよ』って言われて『そうなんだよね、わかってるんだけどさ〜』っていう会話を・・・。本当にネガティブなので、ゲームとかしていないとダメなんです(苦笑)。でも、改めて好きなことに没頭しているうちに、今焦っておかないと、人生ネガティブだけで終わったらもったいない!と思って。
『ネガティブだよ』って言ってくれるポジティブな友達がいることと、今回作ったアルバムが、変われるキッカケになっている気がしますね。meg rockちゃんが歌詞をプレゼントしてくれた『shortcake adventure』というすごくアゲアゲな新曲が入っているんですけど、『イチゴひとつのカロリーでさえも人生に無駄はない』なんて、“かわいく聞こえるけれど一刀両断!”っていう歌詞があって。『明日こそガツンとやってやる』っていうのも、今の自分と合ってるな、って思う。今まで何年もホルモンばっかり食べていたのに(笑)、久々にクリームパンとか甘いものにハマっちゃって。だけど気持ちは“甘い”んじゃなくて“もっとこれやらなきゃ! あれやらなきゃ!”ってメラメラ。歌い方も乱暴なくらい振り切って歌ってます」

1年10ヵ月ぶりとなる今回のアルバム。2回のツアーや念願だった武道館ライブを経て、歌に対する気持ちにも大きな変化があったのだそう。

「以前は“怖いよ〜、緊張するよ、どうしよう〜”ってドキドキしていて。たとえば『空色デイズ』をレコーディングした時も“私のような人生のものがロックだなんてどうしよう?”ってすごい怯えながら胃薬飲んでブースに入って、って感じだったんですけど、今回は“こんな曲が欲しい!”とか“やってやる!”みたいに前向きになれた気がします。でも音楽的専門用語がわからなくて、“もっとこう、かっこいい感じ”みたいにしか言えなくて(笑)、みんなを困らせているんですけど(笑)。今回の新曲は“こういうの待ってました〜!”って感じのテンションの高い曲が多くて、歌っていてもすごく楽しいんです。レコーディングでもコンサートでも言えるんですけど、歌うたびに声も感覚もどんどん変わって、曲の第一印象と違っていく感じが楽しい♪ 今、いい具合に力が抜けつつポジティブな感じでいられるのは、歌やコンサートのおかげだな、って思います」


「早くファンのみんなの前で歌いたい!」と目をキラキラさせて話すしょこたん。コンサートにはこんな熱い思いが。

「春と夏のコンサートは半分以上がアニソンのカバー曲で構成されていたので、始まる前は“こんなことをして大丈夫かな?”っていう不安もあったんですけど、来てくださった方みんな“アニソンが好きだ〜!”っていう、好きなものの方向性が一緒だったので、世代も越えてひとつになれたんです。15公演全部の会場で
、アンコールの『空色デイズ』の合唱が自然に起きたり、アニメの映像に合わせてみんなが踊ってくれたり。ステージから見ると見事に全員が同じ踊りをしているんですよ! 亡くなった父への思いを書いた『ありがとうの笑顔』という曲も、最初は歌うたびに悲しかったりしていたんですけど、そうじゃなくて笑顔で歌うことができるんだ、ってファンのみなさんのおかげで知ることができたり。本当にいつも助けられています。コンサートで立ち直りますね。何があっても。私は“貪欲”って言葉が好きで、いつもそれを掲げているんですけど、みんなこそ“本物の貪欲”になれていて、まだまだ自分は本当の貪欲を知らないな〜、って思いますね」

ブログでもツアータイトルでもよく耳&目にする、この“貪欲”という言葉。しょこたんを形作る一番大事なキーワードと言えそう。

「“貪欲”って、辞書に書いてある意味とは違うと思うんですよね。辞書では『欲が深い様子』ってだけ書いてあるけど、そうじゃないだろう!ってすごく思う。この言葉を初めて聞いた瞬間から、『あ〜、貪欲っていい言葉だ』と思っていろんなことを一生懸命やらないといけないな、とか、人生ずっと貪欲でいないともったいない、とか、たくさんのことに気づかせてくれた単語です。究極の貪欲を知るために今生きてる感じがしますね。コンサートも毎回自動的に“貪欲祭り”というタイトルになっちゃっているんですけど、その“究極の貪欲”を探すための時間だと思っていて。自分はまだなりきれていないけど、貪欲な人って本当に尊敬します!」

わりとマイナス要素の表現として使われる「貪欲」という言葉が、180°違った意味に見えてきた! そしてそんな貪欲パワーはいったいどこから出てくるんだろう??

 「“ヒマ”っていう時間が耐えられなくて、何かしていないとダメなんです。文字を読んでいないと、何か考えていないと・・・とにかく何かしないともったいない、ってすごく焦っちゃっていて。だからゲームもプレステ3をやりながらPSPもやって、さらに本も読みながら・・・だったり(笑)。でも、もっとやりたいのに物理的に“時間”が有限で・・・。25歳になってから改めて、“あ〜、今日も一日終わっちゃった〜”って焦りまくってますね(笑)。“忙しいから疲れた。寝よう”じゃなくて、たとえば私の場合、お酒が一杯だけ飲めるようになってみたり、ダイビングの免許を取るのに勉強してみたり。本を読むにしても、“ただなんとなく”じゃなくて『今、吸収しているんだ』『経験値なんだ』っていうふうに思いながら読むと何か違う気がして

なんて濃密な時間の過ごし方!! 頭ではわかっていても、ついダラダラ過ごしてしまって後悔…そんなことはありませんか? 同じ時間を生きていても、しょこたんの時間は何十倍も濃厚で有意義! いったいどうしたらそんなふうにできるの??

「・・・え? 偉いですかね? でも好きなことをやっているだけなんで(笑)。ありがたいことに、毎日がすべて、好きなことの結晶でできている気がして。たとえば『飛び出せ!科学くん』とかは、小さい頃おじいちゃんが宇宙の楽しさを教えてくれたことだったり、深海生物が好きでハマったことだったりがどんどんつながって活かされていて。全部がつながってるんだな〜って思うと、ホントに無駄ってないんだな、って改めて毎週感動してます。そして改めて、1コでも多く知識を持っている方が人生得なんだな、って。『なんて素晴らしい知識なんだろう!』って尊敬できる方(スタッフさんだったり、ココリコ田中さんだったり、山田五郎さんだったり)が周りにいるので、尊敬しつつ、ちょっとでも頑張ろう、って思うんです

興味を持つポイントとかはあるんですか? 

「う〜ん・・・、たとえばかわいい人に出会った時とか。『世界!弾丸トラベラー』で、くみっきーちゃん(舟山久美子さん)を“すごいかわいい!”と思って。“あのかわいい顔にはなれないけど、一個でも同じもの使いたい!”と思って、くみっきーちゃんが使ってるのと同じものを買ってみたり。超ミーハーなんですけど(笑)。昔からそうですね。憧れの方が言っている物を買ったりとかしてますね。基本、すぐ、“自分なんか”って思っちゃうから・・・“この人のこういうところが好き!”って思うとブログ見たり切抜きしてみたり、写真集を買ってみたり」

「こういう女性になりたい」って目指している人がいたりしますか?

「『世界!弾丸トラベラー』に出る方はみんな素敵だな〜、って思います。一緒にMCをしている梨花さんは、あんなにカリスマなのに気さくで優しくて少女のようで、しずさん(南海キャンディーズの山崎静代さん)も、穏やかだけど、どんなに寝ていなくてもランニングしたりシャドウボクシングしたりして好きなことを頑張ってる。素敵な女性が周りにいっぱいいて、ホントにありがたいですね」

そんなしょこたんが、「女の子として自分の中で大事にしていること」とは・・・

せっかく女の子に生まれたんだから、女の子にしか履けないミニスカートとか、リボンとかレースとか楽しまないと♪ 携帯もネイルも貪欲にデコってないとやっぱり嫌。無理に大人っぽくせずに、“今”しかできないことを毎日したいですね」

そして同じ女性として、やっぱり気になる、しょこたんのつるふわマシュマロ肌! 怒涛のような毎日を送っているのに、どうしてそんなにきれいなの〜? ケアの仕方、オススメアイテムを聞いてみました!

「昔から、朝まで起きてて寝て・・・って感じだから、“夜更かししているから肌が荒れる”っていうのはないんですよね。そういうふうにできてしまっているのかもしれない(笑)。それでも“一生リピートしよう”って思ったのが、イプサの『メタボライザー』。1本で化粧水と乳液の働きをしてくれるから楽チンだし、内側から弾力が出て、しっとり&もちもち! “寝てない感”が出ないからすごくいいですよ(笑)。あとは何にもしてないですね。エステとか行きたいけどやっぱり時間がないから・・・代わりに友達とサウナによく行きます」

仕事、ビューティ、とくればもうひとつ。やっぱり気になる、恋の話♪

「う〜ん、恋・・・・・・ない、ですね〜〜。仕事と趣味で忙しくって、20代に入ってから、誰かを好きになる、とかも全然なかったりして。ドラマのお仕事で“恋も悪くないな”くらいには思うんですけど、でもそれで仕事と趣味のバランス壊れちゃうのもやだし、って・・・」

じゃあ「恋したい」って気持ちは…

「恋したいんですけど、『したい』って言ってるだけですね(苦笑)。でも前はしたいとも言っていなかったので、そこはちょっとだけ変わったのかも。親友が私と正反対で、すごく社交的で、恋のネタがいつもいっぱいなんですけど、やっぱりそれは、自分から恋ができる場所に行っているし、ときめく準備ができているからだな、って。私はまったくオフにしていて、誰かに好かれるとかアタックされるとかもないし・・・、そういうモードにしないといけないな、って思いますね。私って、仕事趣味だけだな、って(笑)。仕事が終わったらすぐに家に帰っちゃうんで」

ちなみにどんな人がタイプなのか聞いてみると・・・

「そうだな〜・・・まあ、猫が好きな人で、いろんなことに詳しくて尊敬できる人。年齢はやっぱりちょっと上がいいですね。(さっき話に出てきた)ドラマのように、グイグイしつこくこられたら絶対嫌いになると思うんですけど(笑)、でもそれは実際になってみないとわからないんだろうな〜。う〜ん(悩)。最近は恋愛をしないのももったいないな、と思うので、恋ももっと頑張らないと…です(苦笑)」

最後に読者のみなさんにメッセージをいただきました!

「最近“女性として生まれたからには”っていうのを意識するようになっているんですけど、きっとみなさんも、働きながら、女性として楽しいこととか素敵な思い出とかをたくさん重ねていっているんだと思います。私はつい自分の殻にこもりがちなので、みなさんを尊敬しつつガンバリマス」





「せっかくの人生、貪欲に生きないともったいない」

繰り返しそう言うしょこたんの言葉が胸に刺さりました。
そして「貪欲」という言葉がこんなにも素敵で、プラスのパワーに満ちているものだったなんて。
いろいろなことに触れてみて、興味を持ったらそれに向かって貪欲に突き進む。でも決して余裕なんかじゃなくて…ときには自分を奮い立たせながら、一日一日、一瞬一瞬を大切に生きているしょこたん。そうやってどんどん新しいものを得て成長している姿は、やっぱりキラめいています♪
私達も、生きることに貪欲になれば、きっと今までとは全然違った世界が広がっているような気がしませんか?
 

 
※プレゼントの応募は締め切りました。
当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。
 
撮影/山辺恵美子
 

(みょんし)

この記事は役に立ちましたか?
役に立ったイマイチ

年代を教えてください
未選択〜10代20代30代40代〜

よろしければこの記事の感想を、お願いします!

※お寄せいただいたコメントや感想などは、お名前を伏せて、スタッフブログ やメルマガ、その他でご紹介させていただくことがあります。ご紹介不可の場 合は、その旨ご明記ください。

今、あの人は私のことをどう思っているの?
童話の登場人物たちが真実をあなたにそっと教えます。

占い&心理テストを多数とりそろえています♪
今月のオススメはこちら!

  • 魔女っ子占い
  • SWEETS占い
  • 未来のおうち心理テスト
  • 神秘のジプシー占い
  • 逆人相占い

占い一覧を見る

今日は3月30日(木)

−今日の誕生花占い−

今日の生まれの人:表裏のない、竹を割ったような性格。正義感が強く、嘘やお愛想が言えません。
この日の花:サクランボ
花言葉:小さな恋人
他の日を調べる