FACE BOOK

MISTY Happy Mall
腹探りカメラ
MISTY DX
オーディオブックを声優の声と演技で楽しむ朗読サイト kikubon(キクボン)
MISTY DX

-7/26更新-小泉孝太郎さん、恋愛&結婚観を語る!!

7月26日公開


「よろしくお願いします!」
ハリのある声と笑顔で取材現場に入られた小泉さん。
インタビュアーの目をしっかり見つめ、自身の意見を明確かつ堂々と述べるその姿は、なんだかすごくキラキラまぶしい! 言葉の一つ一つにすごい説得力がある。

周囲のスタッフに小泉孝太郎さんのイメージを聞いたら、

爽やか!
好青年!
優しそう!
まっすぐな感じ!

主にこんな言葉が返ってきました。
皆さんも同じようなイメージなのではないでしょうか?

ところが今回お会いして話をうかがってみると、それだけじゃない、意外(?)な素顔が見えてきたんです。

その素顔とは、ズバリ、THE☆日本男児!!
草食男子の多い今、こんなに頼もしくて男らしい考え方、行動力を持った人がいたんだ!?とスタッフも目からウロコ。今までのイメージとはまた違った「男子たるものこうあるべき」的なグイグイ引っ張ってくれるような強さがめちゃめちゃカッコいい!
そんな小泉さんのコメント、ぜひご覧ください♪



現在放送中のBeeTVドラマ『ヒミツの関係〜先生は同居人〜』で、まさにイメージにピッタリな役を好演中の小泉さん。その役とは、まっすぐで生徒思いの熱血教師役。ちょっと不器用なところがまた人の良さを表していて好感が持てる役なんです。

BeeTVドラマ(携帯配信ドラマ)
先生と生徒…禁断の恋、どうなる!?
『ヒミツの関係〜先生は同居人〜』

小林直樹(小泉孝太郎)は何事にも真面目に取り組む熱血高校教師。ある日、生徒のひとり・沢村千夏(福田沙紀)がキャバクラでバイトをしているところに遭遇する。両親を亡くし、親戚の家で肩身の狭い思いをしていた千夏はお金を稼いで家を出 ようとしていたのだった。けれど直樹にバレたことでバイトを辞めさせられ、行き場を失ってしまった千夏。「学校には絶対ヒミツ」という約束で、直樹は千夏 を自分の家に住まわせることに…。そこから先生と生徒の同居生活がスタートする。
©BeeTV

BeeTV
2009年5月に開局し、驚愕のスピードで会員数125万人(2010年6月末現在)を獲得。月額315円で50番組以上が全部見放題。
http://beetv.jp

アクセス方法
ドコモ→iチャネル→BeeTV
またはiメニュー→動画→BeeTV

「この役はまさに小泉さんのイメージ通りだと思いました」とスタッフが伝えると、「そう思ってもらえると嬉しいですね!」とニッコリ。続けて「素の自分と似てますか?」と聞くと「そうですね。1シーンの中に、いくつか素の自分を入れて演じているので。おそらく僕も、最終的には直樹(小泉さんが演じている役名)と同じ行動をとると思いますね。感情移入もしやすかったです」との返事。

なんと! 今回の役柄は先生と生徒の禁断の恋物語!
同じ気持ち、と聞いたらもっともっと深く聞きたくなるに決まってます♪

ということで、小泉さんの恋愛観、そして結婚観に迫ってみました。





—今回のドラマのような「先生と生徒」「年齢が離れている」恋愛は・・・?

小泉さん:全然アリですよ! 年下の10代であろうと、年上の40代であろうと、年齢はまったくこだわらないです。それよりもその人がどんな人なのか、を見ますね。「立場」とかも関係ないですね。人として生きていく上で大事なのは、立場じゃなくて「自分がどうしたいか」。そして「その素の自分をさらけ出せるかどうか」。その辺は、(演じた役の)直樹の考え方がすごく好きだったし、感情移入がしやすかったところのひとつですね。



—女性と出会った時に、どんなところに目がいきますか? どんなところに惹かれるんでしょうか?

小泉さん:会う場所やシチュエーションにもよりますけど、僕は第一印象で決まりますね。髪型、服、メイク、頭の先から足の先までパッと見た時に、ほぼ9割決まります。そこから性格がポンと出てくるんです。「この子は夢見る夢子ちゃんだな」とか「あ〜、すごく男勝りな子なんだな」とか。で、自分と合うか合わないかがわかります。「あ、この子は話したら面白いけど、つき合ってもお互いがぶつかってダメだな」とか、すぐにわかるんですよね。ずっと昔から、一瞬で見分けてますね。女性だけじゃなくて男性も。

—では小泉さんが「いいな」と思う女性のタイプとは? どんな人と「合う」と感じるんですか?

小泉さん:「間」かな? 話す時のタイミング。「はじめまして、小泉孝太郎です」って言った時に向こうが何て言うか。そして挨拶し終わったときに、どれくらいの間で話してくるのか、それとも話さなくて僕が話したほうがいいのか、っていう、挨拶する間で全部決めますね。「初めまして」の10秒くらいでタイミングが合わない子は、ご飯を食べても、一緒に何かをしても、絶対に合わないです。だから、第一印象を見て、その後最初の言葉を交わす瞬間・・・それでほぼ決まりますね。でも恋愛で面白いのが、「この子あまり合わないな」と思っても好きになっちゃう時があることですよね(笑)。タイミングが合わないんだけど、なんか気になったり、もっと会いたいな話したいなって思ったりする時もあって。やっぱりつき合ってみないとわからないことはいっぱいあるんですけれどね(笑)。

—思わず「好きだ」って恋してしまうポイント、ってありますか?

小泉さん:男性の前で一瞬でいいから素を出せる人、かな。すごくかまえてるんだけど、ふとみんなの中でもちょっとマヌケな自分(?)をさらけ出せる子だと「お?」(惹かれるリアクション)ってなりますね。“隙”があったほうがいいですね。全部パーフェクトな人はあんまり面白くないかな〜。それよりも、天然ボケでいいから、ずっと笑っていてほしい(笑)。何かして欲しい、とかじゃなくて、ただ一緒にいて笑っていて、僕の周りの人にも優しくしてくれればそれで(いい)。


なるほど・・・「間」が合うか合わないか・・・これって確かに重要ですよね。小泉さんがおっしゃっているように、「合わないけど惹かれる」というパターンもあるけれど、それはそれで、きっと違う部分でお互いに合うものを持っているんでしょうね。
30代になった小泉さん。そろそろ結婚を考えていたりするのか・・・恋愛観&結婚観についてもお聞きしました。



—どんな恋愛をして、どういう結婚がしたいですか?

小泉さん:僕、理想を作らないようにしているんですよね。作っちゃうと面白くないし、「理想はこういう女性だ」と掲げていたせいで見落としちゃったな・・・っていう経験が過去にあるから。たとえば今回のドラマのように19歳の子と出会って好きになったら思い切り突っ走っていきたいし、バツイチの人と出会って好きになったら、それはそれで突っ走ってみたいと思うし。その瞬間瞬間で、どれだけ自分が盛り上がれるのか、っていうのは自分自身楽しみですね!

こんな発言を耳にすると、小泉さんは恋にかなり熱そうなタイプに見えてくる。恋をしたらどうなるのかを聞いてみると・・・

小泉さん:恋をしたらめちゃめちゃ盛り上がりますね! 48時間寝なくても仕事できます(笑)。「ここまでするの?」ってくらい、その子にアピールしますね。

—具体的にはどんなふうにアプローチするんですか?

小泉さん:気持ちは盛り上がるけど、それをグッと押さえて、1年くらいかけてアプローチしたりします。初めてデートするのも出会ってから半年後だったり。最初はもう、よそよそしい業務的な内容のメールから始めて、相手の反応を見つつ、「今日はいい天気だね」とか「今仕事で○○でね・・・」なんて普通のやり取りを続けてじわじわ距離を縮めつつ、勝負どころを見極める。そして勝負どころでしっかり答えをもらう、っていう。

—30代になって、結婚を考えたりしますか?

小泉さん:20代は100%考えなかったんですよ。でも30代は「あるな」と思いますね。70歳になってひとり、とかはやっぱり嫌だなって思いますもん。だから30代のうちには結婚したいですね。でも結婚って、幸せなことだけじゃない、って覚悟しないと続かないでしょうね。結婚は“自分達のため”だけじゃなくて“家族のため”でもありますから。それがわかっていないと辛いでしょうね。僕は、結婚にも具体的な理想は描かないです。相手の女の子の家族のこと、そのときの自分の状況もありますから。唯一「こんな子がいい」という理想あるとすれば、ベタなんですけど・・・先程も言った、僕以外の人にも優しい子。僕だけに優しいっていうのは嫌ですね。僕の友達、弟、親、親友、みんなに優しい、すごくピースフルな子。それだけでいいです。とにかく笑っていて温かい子であれば。料理ができなくても、洗濯ができなくても、いいんです。そういうのはそのうちできるようになるので。

—女性からアプローチされるなら、どんなふうにされたいですか?

小泉さん:「会いたい」とか「ご飯食べに行こうよ」とかのアクションは、何であれ嬉しいですね。どんな表現でもいいから、意思表示をしてくれて、気持ちを正直に言ってもらえたら嬉しいです。嫌なのは曖昧なもの。変に、友達なの? どっちなの? ってハッキリしないのは、僕は嫌ですね。


小泉さんが放つ言葉のすべてに、まったく迷いを感じない。側にいる人をぐいぐい引き込む強い引力のようなものが・・・! 学生時代には「なるべく人前に立つのは断ってたんですけど・・・なんか挨拶させられたりとか・・・そういう役回りになっちゃうんですよね(笑)」という理由がわかる気がする!
そんな小泉さん、今回の役と同じく、“将来は教師になりたい”と思っていた時期もあったのだそう。



小泉さん:10代の、思春期の頃の葛藤とか悩みとか・・・そういうものに真剣に向き合ってぶつかり合って、ちょっとでも生徒を救えたら。今回のドラマで、一時期、“将来の職業として先生もいいな”って思っていたことを思い出しました。

それがなぜ役者の道を選んだのか? 仕事に対する熱い思いがどんどんあふれ出てきました。



—「先生」ではなく「役者」の道を選んだのはどうしてですか?

小泉さん:“空想の世界”への憧れ、ですね。子供の頃に抱いたその気持ちが、ずっと心の中にあったんですよね。「フィクションの世界に生きたいな」「現実じゃない世界を仕事で生きられたらどんなに心地いいんだろう」って。おそらく、潜在意識の中で、自分の父親が現実の世界を生きてる人だったから、余計、夢を感じるような空想の世界に憧れたんでしょうね。“現実”を仕事にするのは嫌だ、って心のどこかで思ったんじゃないか、って最近思います。

—実際、この世界に入ってみてどうでしたか?

小泉さん:「大変な世界に入っちゃったな」って思いましたね。もっと甘く見てましたもん。芝居ってもっと簡単だと思ったし、セリフを言うのもすごく簡単だと思ってました。でも実際は頭が真っ白になるし、「なんでこの人はこんなふうに言えるんだろう?」って悩んだし。あの頃の気持ちは忘れないですね。「これはちょっと、自分には無理かもしれない。甘かったな」って、ものすごく落ち込みましたね。

—どうやってそれを克服したんですか?

小泉さん:共演した人の演技をマネしたりしてみました。教科書になる人がいっぱいでしたから。ホンモノの人達といきなり仕事できた、っていうのは大きいチャンスですよね。


そう語る小泉さんが、今まで出会った人で一番すごい人!と挙げたのが、渡辺謙さん。

小泉さん:共演させていただいた時、あんなふうに「魂がぶつかってきた」とか「うわ、この人には太刀打ちできない」っていうのは初めてでした。ライオンの前にネズミが出てきちゃった、みたいな。なんていうか・・・すさまじかったです。最高に楽しかったですけどね。こういう人が日本にいるんだ、ってことも、この世界に入って会えたことも嬉しくて、めちゃめちゃ感動しました。興奮してその日は寝れなかったですもん。どうしても、もう一度共演したいですね!

そしてこれから目指していきたいのは、「主役を張る役者」ではなく「主役を張る先輩を支えられる役者」なのだそう。

小泉さん:「小泉とやりたい」と言われるような、先輩に信頼される役者になりたい。それが今、自分にとって一番大事なことだなと現場で痛感しています。「あ〜、この先輩が必要としてくれてる」とか、そういうのが幸せに感じるんですよね。いつも言っているんですけど、「多くの人のひまつぶしになりたい」っていうのが僕の夢なんです。自分が子供の頃に「ケビン・コスナーが出ているからあの映画を観たい」なんて思ったのと同じように、少しでも多くの日本の方にそう思ってもらえれば最高だな、って。そこを追い続けたいですね。僕の一番好きな言葉が「One for all, all for one」(1人はみんなのために、みんなは1人のために)なんです。これはもともとラグビー選手が使っている言葉なんですけど、この世界にピッタリ当てはまる言葉だと思うんです。自分だけが良く映りたい、じゃ絶対にダメ。時間が経つにつれ深い言葉だな〜って感じますね。




まっすぐな瞳の奥に見える揺るぎない信念。
「『主役になりたい』『この作品に出たい』という強い思いはない」とさらりと言ってのける姿がとても自然で清々しくて。
取材時間の終わりが迫り、周囲のスタッフが片付けだしても、「まだ大丈夫ですよ」と質問に熱心に答えてくださった小泉さん。「画面に出ているんだけどいかに目立たないようにするか、が大事なんです」ともおっしゃっていたのですが、「爽やか」「優しそう」といった主なイメージのほかに、「熱く」て「骨太」で「男気あふれるタフさ」というのが、一番大きく占めている要素なんじゃないかな、と思ったMBスタッフ。
小泉孝太郎さんの静かな情熱、男意気・・・演じられている役やコメントから、みなさんにもぜひ感じ取ってもらえたら嬉しいです。




応募は締め切りました

撮影/石田健一

(みょんし)

この記事は役に立ちましたか?
役に立ったイマイチ

年代を教えてください
未選択〜10代20代30代40代〜

よろしければこの記事の感想を、お願いします!

※お寄せいただいたコメントや感想などは、お名前を伏せて、スタッフブログ やメルマガ、その他でご紹介させていただくことがあります。ご紹介不可の場 合は、その旨ご明記ください。

今、あの人は私のことをどう思っているの?
童話の登場人物たちが真実をあなたにそっと教えます。

占い&心理テストを多数とりそろえています♪
今月のオススメはこちら!

  • 魔女っ子占い
  • SWEETS占い
  • 未来のおうち心理テスト
  • 神秘のジプシー占い
  • 逆人相占い

占い一覧を見る

今日は3月30日(木)

−今日の誕生花占い−

今日の生まれの人:表裏のない、竹を割ったような性格。正義感が強く、嘘やお愛想が言えません。
この日の花:サクランボ
花言葉:小さな恋人
他の日を調べる