FACE BOOK

MISTY Happy Mall
腹探りカメラ
MISTY DX
オーディオブックを声優の声と演技で楽しむ朗読サイト kikubon(キクボン)
MISTY DX

-1/4更新-十二支に猫がいないのはなぜ?

1月4日更新




十二支を読みあげてみました。
皆さんは全部言えますか?

スタッフは「ねうしとらうたつみ」より先がなかなか覚えられなくて、いまだにとまってしまいます。

そもそも、なんでネズミが“子”で、ウマが“午”なんだろう?とか
どうして犬がいるのに猫がいないんだろう?など、謎多くとっつきにくい十二支。
年賀状のやりとりなどで干支が身近になるこの季節、十二支についてちょっと考えてみました。

お話早花咲月先生
占い研究所で西洋占星術、血液型占い、おまじない、心理テストなどを研究。独立後、雑誌やウェブで活躍中の開運マスター。

—そもそも十二支は、どうやって生まれたんですか?
早花先十二支は、今から約3500年前に中国で考えられたカレンダーのようなものなんですよ。電気も時計もなかったその時代、月日を知るために用いたのが月の満ち欠けです。満月から次の満月までの約29日を1ヵ月とする考え方が生まれました。それを12回繰り返して1年という単位ができ、やがて12年でひと回りするひとつのサイクルとして考えるようになったんですよ

—いわゆる太陰暦(たいいんれき)を使っていたんですね。


早花先生ひとつのサイクルをよりわかりやすくするために『子、丑、寅…』と12の文字を年号としてつけました。ただ、当時は字を読める人が限られていたため、年号に身近な動物を当てはめることで浸透しやすくしたんですよ。これが干支(えと)のはじまりとされています

—先に漢字があって、あとから動物の名前をつけていたとは。読み方に無理があると思っていたけど、その理由を聞いて納得。 


早花先生ネズミは『子』と書きますが、もともと『子』の字にはネズミの意味はありません。干支限定で表される意味や読み方なんですよ。同様に、他の字も動物との関連性はありません

—それ、けっこうビックリです。文字と動物が一致しない、覚えにくいと思うのは当然だったんですね!



◆十二支に猫がいない理由
—身近な動物を当てはめたと言われている干支ですが、どうして猫がいないんですか? 

早花先生猫がいない理由は、民話で伝えられているのでみなさんもご存知かもしれませんね。中でもいちばんポピュラーなお話を紹介しましょう……。

昔々ある暮れの日に、神様がお触れを出しました。それは“元旦の朝に挨拶に来た者12名に限り、その年を支配する大将にする”というもの。
ところが猫は、いつ行けばいいのか忘れてしまい、ネズミに尋ねることに。するとネズミは、わざと1日遅れの日付を教え、それを真に受けた猫は元旦に挨拶に行くことができませんでした。そのため干支に入ることができなかった…という説があります。

他にも、お釈迦様の薬を取りに行ったネズミを猫が食べてしまったからという説や、元旦の挨拶が面倒で、キツネとタヌキを誘って野原でおけさ踊りを踊っていたという説もあるんですよ。

十二支入りを果たせずに猫はあきらめてしまいましたが、何とか入れてもらおうと神様に懇願した動物もいた、という内容の民話もあるんですよ。★この続きはマイバースデイデラックスで連載中の「神話の扉」(1月20日更新分)でご覧いただくことができます★

—ネズミにだまされたお話は聞いたことがありました。

早花先生
「これらは語り継がれているものであって、架空のお話です。実は、猫がいない明確な理由はないんですよ。もしかしたら、最初に干支を決めた人が単なる猫嫌いだった…なんてことも考えられますよね(笑)。」


—明確な理由がないからこそ、こうやって楽しい民話がうまれたのかもしれません。それにひとつの物語が全国に伝わるという伝承力がなんともすごいですね。


◆  “猫年”は存在していた!

—日本の他に、干支が使用している国ってあるんですか?

早花先生「中国で考えられた干支は、アジアの国々にも伝わりました。日本、台湾、韓国は中国から伝わってきたものをそのまま使っていますが、十二支にオリジナリティを加えている国もあるんですよ。ベトナムは牛じゃなくて水牛だったりと、お国柄を反映していて面白いですよね。それに、チベット・タイ・ベトナム・ベラルーシには、うさぎ年の変わりに、猫年が存在していますよ」


Tottemo*さんからお借りしました
「YEAR OF THE CAT」と書かれたベトナムの年賀切手を発見! 
民族衣裳のアオザイを着た猫がなんともかわいいですね☆


というわけで、今回は干支に関する疑問を教えていただきました。
干支に使われた動物は便宜上、猫がいないのはたまたま(!)というある意味驚きの結果でしたね。
今回はスタッフの疑問を調査してきましたが、みなさんの身の回りで「あれ、これってどうしてなんだろう?」と感じる疑問などありましたら、
こちら (toiawase@mbhappy.com)までメールください♪

(はるなっつ)

この記事は役に立ちましたか?
役に立ったイマイチ

年代を教えてください
未選択〜10代20代30代40代〜

よろしければこの記事の感想を、お願いします!

※お寄せいただいたコメントや感想などは、お名前を伏せて、スタッフブログ やメルマガ、その他でご紹介させていただくことがあります。ご紹介不可の場 合は、その旨ご明記ください。

今、あの人は私のことをどう思っているの?
童話の登場人物たちが真実をあなたにそっと教えます。

占い&心理テストを多数とりそろえています♪
今月のオススメはこちら!

  • 魔女っ子占い
  • SWEETS占い
  • 未来のおうち心理テスト
  • 神秘のジプシー占い
  • 逆人相占い

占い一覧を見る

今日は3月30日(木)

−今日の誕生花占い−

今日の生まれの人:表裏のない、竹を割ったような性格。正義感が強く、嘘やお愛想が言えません。
この日の花:サクランボ
花言葉:小さな恋人
他の日を調べる