ナゾ1
Q.人によって好きな人が違うのはなぜ?
A.自分と似ている相手or補い合える相手に惹かれるから

先生:人はみんな、外見はもちろん、性格もそれぞれ違います。そして、そんな私達が惹かれるのは、自分と似ている相手or補い合える相手。そうなると当然、好きになる相手も、それぞれ違ってくるのです。

ナゾ2
Q.どうしていつも同じタイプの人を好きになってしまうの?
A.実は「過去の失敗をリベンジしたい」と思っている表れ

先生:ひとつの恋がうまくいかないと、「次の恋でその失敗を取り返したい」という気持ちが強くなります。そして、うまくいくまで同じタイプを好きになってしまうのです。

ナゾ3
Q.いつも危険なタイプを好きになってしまうのはなぜ?
A.より強い「ドキドキ」を求めているから

先生:「悪」の魅力にハマりやすいのは、マンネリの恋が嫌いでつねに恋のドキドキを求めている人。恋の不安や悩みさえも刺激のひとつとして感じ、彼のことばかり考えるようになってのめり込み、恋愛の醍醐味を楽しんでいるのです。

ナゾ4
Q.「年上好き」の人と「年下好き」の人がいるのはなぜ?
A.「甘え上手」と「甘えさせ上手」に分かれるから

先生:男性に上手に甘えることによって喜びを感じる人は「年上好き」。上手に甘やかして男性を成長させることに喜びを感じる人が「年下好き」。「同い年が好き」な人は、この両方のバランスがとれている人です。

ナゾ5
Q.一緒にいると楽しい人を好きになりやすかったりするのはなぜ?
A.環境の居心地のよさで、恋愛感情も左右されるから

先生:恋愛感情は、「暑い」とか「寒い」といった、自分を取り巻く環境の心地良さで、大きく左右されるのです。そのため、楽しい時に一緒にいる人にはいいイメージを抱き、好きになりやすい傾向が。好きな人を楽しい気分にさせることで、恋愛成就に近づくことができます。

ナゾ6
Q.好きな人がすぐ変わる人がいるけど、それはなぜ?
A.「恋」=「恋愛初期のトキメキだけ」と思っているから

先生:恋愛初期には「PEA」という脳内物質が大量に分泌され、恋の気分を高めます。それがしばらくして分泌される量が減ると、「もう好きじゃない」と思い込んでしまうのです。一途にひとりの人を思い続けるタイプの人は、これに左右されないタイプと言えます。

ナゾ7
Q.「男友達」と「好きな人」の境目ってどこ?
A.「彼を独占したい」「いいか悪いか関係なく、彼自身が好き」と思うか、思わないか

先生:好きな人に感じる「LOVE」は、男友達に感じる気持ち「LIKE」とは別物。「LIKE」が強まって「LOVE」という感情になるわけではないのです。その感情自体がまったく別の感情なので、自分の中で「男友達」と「好きな人」はハッキリ区別されているはず。
例えば…
「LIKE」が芽生えるのは→彼の価値観に好感をもつ時
「尊敬できる」「共通点が多い」「人間的に好ましい」という気持ちが「LIKE」。
「LOVE」が芽生えるのは→彼自身に好感をもつ時
「独占したい」「世話をしたい」「一緒にいたい」という気持ちが「LOVE」。
冷静に見渡してみると、確かに「LOVE」と「LIKE」の違いに納得できるかも。男友達が好きな人に変わる時は、「人間的に好き」→「独占したい」ってふうに変わった時、なんですね。では実際に、どんな人に惹かれやすいかを心理テストでチェック!



恋に落ちやすい相手がわかる心理テスト

次の中から、あなたが好きだと思うものをすべて選んで。A~Dのグループのうち、どのグループのものを一番多く選んだ?

※同数の場合は「B→A→D→C」の優先順位で選びます。(例/AとBが同数なら、結果はB)

☆診断☆

Aのグループが多かったあなたは
夢を追いかける人が好き
あなた強く惹きつけられるのは、「夢を叶える」ことを一番大切に考えている人。しっかりした自分の夢をもっていて、それを叶えるために全力で頑張っている姿に、思わずキュンとしてしまいます。夢に向かって一歩前進した時のうれしそうな顔、つまずいた時の悔しそうな顔……すべてがステキに見えるはず。

Bのグループが多かったあなたは
勝利を目指す人が好き
あなたが強く惹きつけられるのは、「勝者になる」ことを一番大切に考えている人。お金、権力、周りからの評判、ポジション……そういったものをためらいなくまっすぐに求めていて、「勝つことがすべて」と思っているのを頼もしいと感じ、恋に落ちてしまいます。あなた自身の株を上げ、生きることを楽しませてくれる相手でしょう。

Cのグループが多かったあなたは
仲間を大切にする人が好き
あなたが強く惹きつけられるのは、「人の気持ち」を一番大切に考えているタイプの人。家族や友達、仲間をとても大切にし、他人のために自分がソンすることもできるやさしさに、思わず恋に落ちてしまいます。人の心を傷つけるくらいなら、夢もあきらめ勝利も捨ててしまう、そんな姿にどこまでもついて行きたくなります。

Dのグループが多かったあなたは
自分の世界をもっている人が好き
あなたが強く惹きつけられるのは、「自分の世界」を一番大切に考えているタイプの人。流行に流され、人の意見にすぐ左右される「自分をもっていない人」と違って、自分の考えや感性をしっかりもっているので、とても個性的。そんなユニークなキャラに思わず恋に落ちてしまうのです。「こんな人は他にいない!」と目が離せないはず。

さて、結果はいかに? 「意外!」それとも「あ~、やっぱり」? ちなみに「ドキドキしやすい人ほど恋に落ちやすい」んだそう!

先生:ドキドキの感情は危険なことに感じるドキドキとも似ていて、普段から危険にドキドキしやすい人ほど恋に落ちやすく、平常心を保てる人ほど恋に落ちにくいのです。

続いてもっといってみよ~♪ これを知っておけば自分にピッタリな恋をうまくゲットできるはず!

ついハマってしまう恋の落とし穴がわかる心理テスト


質問を読んで、当てはまるほうに従って進んでいって。
Q1.
クラス会で再会した時、素敵な男性に成長していそうなのはどっちのタイプ?
a. モテるスポーツマンタイプの男の子→Q2へ
b. あまりモテないけど、話のおもしろい男の子→Q3へ
Q2.
好きな人とつき合い始める時、どちらのほうが幸せだと思う?
a. 自分から告白してつき合い始める→Q6へ
b. 彼から告白してつき合い始める→Q4へ
Q3.
どちらのアドバイスのほうが的を射ていると思う?
a.「第一印象ほど当てにならないものはない」→Q4へ
b.「第一印象は直感だから、意外とバカにできない」→Q2へ
Q4.
音信不通になっていたすごく仲の良かった幼なじみが、最近となり町の学校に引っ越してきたことを知りました。あなたは会いに行く?
a. すぐに会いに行く→Q5へ
b. 昔の思い出を大切にしたいから、会いに行かない→Dへ
Q5.
友達の家に遊びに行くと、ネコが2匹いました。あなたはどちらのネコのほうに心惹かれますか?
a. 足下にすり寄ってきてすぐになついてくるネコ→Bへ
b. 椅子の下から見ているだけで、まったく近寄ってこないネコ→Cへ
Q6.
買い物に行く時のあなたの行動はどっち?
a. 気に入った物を即決する→Q5へ
b. 気に入った物があっても、お店の中をひと通り見て回らないと気がすまない→Aへ

☆診断☆

Aのあなたの落とし穴は
自分を好きじゃない人を好きになる
自分を好きになってくれる人は好きになれず、自分を好きになってくれない人ばかりを好きになってしまいがち。簡単に手の届く人よりも、手の届かない人に魅力を感じてしまうので、いつも片思いが多くなるみたい。

Bのあなたの落とし穴は
タイプを読み間違える
「やさしい人」と思ってつき合ってみたら「暴力的」だったり、「オトナっぽい人」と好感を抱いていたら「マザコン」だったり。こんな人とは思わなかった……ということが多そう。好きになると欠点が見えなくなるのが原因みたい。

Cのあなたの落とし穴は
同時に何人か好きになる
「この人もいいけど、あの人もいいし、どっちにもそれぞれ魅力があって……」ということになりやすいほう。浮気性なのではなく、誰かに恋をして恋モードが高まると、恋に落ちやすくなるのです。その結果、好きな人が同時に複数できてしまうことに。

Dのあなたの落とし穴は
元カレに似た人を好きになる
以前に好きになった人のことが忘れられず、面影を追ってしまいがち。似ている人とつき合って同じ失敗を繰り返したり、本当はそんなに好きではないのにつき合ってしまったり。こだわりが強くて恋愛の切り替えがうまくいかないよう。

落とし穴を回避するには……
「相手を選ぶ時に、自分の欲求を満たすことを第一に考えない」

先生:「この人とつき合うとメリットがある」と頭で考えて好きな人を選ぶと、後々うまくいかなくなりそう。純粋な「好き」という気持ちでその人自身を見たほうが、いい恋ができますよ。

夢を追いかけている姿にキュン♪とする私は、つい昔好きだった人に似た人を追う傾向があるのか~。ってことは多分、今度こそうまくいかせよう、って気持ちが働くから、自分の心を冷静に見る必要アリ、だな。そして、好きな人といる時はできるだけ楽しい気分にさせて……と♪ よしよし(ニヤリ)

先生:つらいことを一緒に乗り越える時に、恋が生まれやすいんですよ。つらい体験を共有すると、乗り切った時の達成感や連帯感で、強い絆が結ばれるので、恋愛感情が芽生えやすいのです。

ってことは! 好きな人の夢をバックア~ップ!! 一緒に乗り越えさせていただきたい! 学校なら同じ委員や係、仕事なら同じプロジェクトなどで、二人でトラブルを解決すると、素敵な恋につながるかも♪ みなさんも、ぜひお試しを☆