靴は、その人の「生き方」そのもの!

「おしゃれな人は靴に一番、手をかける」とか、「靴がおしゃれなら、その人はおしゃれな人」とか、言われますよね。わかっちゃいるけど、バタバタした余裕のない毎日では、
「だいたい靴を選ぶのなんて出かける寸前、靴のお手入れなんて二の次!」「ちょっといい服を買ったら靴にまで予算がなくなった!安物でガマン」という状況になりがち。
衝動買いしていつの間にか履かなくなった靴がたまっている私の靴箱……。しかも、ラクさ超重視のため、スニーカーか、ぺたんこ系の靴がほとんどを占めています! そんなわけで冒頭のフランスのことわざ、「素敵な靴を履くと、その靴が素敵な場所につれていってくれる」には、かなりハッとさせられるものが。
だってこのことわざ、いつもスニーカーな人にはスニーカーに似合う場所が、安いパンプスを履いてるなら安いパンプスに似合う場所が、その先に用意されていますよという恐ろしく的を射た法則を物語っているのだから! 
確かに、おしゃれで素敵な靴を履くと、その靴に似合うようになろうと背筋が伸び、自然と自分もレベルアップさせたくなりますよね。ラフで開放的な気分ならスニーカーやサンダルのように軽いものを選ぶでしょう。大人っぽく見られたかったら大人っぽい靴を選ぶでしょう。 

マークさん「ホテルのドアマンや水商売の人なんかは、まずそのお客の靴を見るそうだよ。その人がどんな仕事でどんな生き方の人なのか、一瞬でわかるからね」

おおマークさん! そういえば聞いたことがありますよ! 靴はその人そのもの、生き方そのものを表すということですね!

マークさん「靴まで気が回るような人なのか、その人の生活まで見えるというからね」

ひええ~~(もうだめだ~)

新しい靴は新しい出会いを呼んでくれる

本気でまずい。靴にもっと神経を払わなくてはいけない。おしゃれのセンスとか以前に、人として女子としてちゃんとしていきたい! そこで、ちょっと背伸びしてすてきな靴を買うと、どういうことが起こるかシミュレートしてみる。
・その靴に似合うようなエレガントな所作をしたくなったり
・その靴に似合うような全身コーデも考えなくちゃ!
・その靴に似合うような新しい場所に行きたくなったり
・そんな新しい自分で、新しい人に出会いたくなったり
ん? これか!
新たにレベルを上げた自分で、新たな恋に向かい合いたくなる。これが恋と靴との密接なつながりなんじゃないでしょうか? 劇的に気分を変えられる小道具、『新しい靴』!

マークさん 「そのとおりだね! 新しい靴を買うってことは、新しい一歩を踏み出すってことでしょ。新しいことをやろうとか、新しい恋がしたいとか、そんな気分の時にはぴったりなんだ」

おおお~~テンション上がります! 新しい一歩! 歩くこと=生きること、人生の新しい一歩と同じってことですね!

マークさん「そう。今までの自分をリセットして、新しいパワーを与えてくれる靴でね、希望をもって、シャキっと一歩を踏み出すの。新しい人生に歩ませてくれるよ」

今すぐ新しい靴を買いに行きたくなりました。その場しのぎじゃなくて、ちょっと素敵な、ちゃんと手入れをして大事に履き続けていたいような靴。

マークさん「靴にはね、もともと『幸運を宿す』っていう意味があって、おまじないやジンクスもたくさんあるんだよ。新しい靴を買った時のおまじないもね!」

わわわ、早速、教えてくださーい!

◎新しい靴をおろす時の幸運おまじない◎

マークさん「イギリスでは新婚さんの靴にコインを入れたり、ドイツでは健康の象徴であるビールを皮の靴に入れて飲んだり、クリスマスに靴下やブーツにお菓子を詰めたり・・西洋では、靴は幸せの入れ物、靴の中には幸運を宿すとされているんだ」

ああ!ブーツ型のグラスとかもありますね!

マーク「だから、自分がこれからしようとすることの象徴のグッズ、例えば恋をかなえたいなら彼の名前を書いた紙でも写真でもいいよね、そういうものを、新しい靴をおろす前日、玄関に出した靴に入れて一晩おいてごらん。翌日その靴を履いて行けば、アプローチする力を授けてもらえたり、新しい一歩を踏み出すための幸運を授けてもらえるよ!」

おまじポイント☆靴をおろす前日は、踏み出したい新しい一歩の象徴になるグッズを入れる!

マークさん「ちなみに、靴は朝おろすこと。物事をスタートさせるのは明るい時にね。新しい人生の第一歩なんだから。そして、いくら買ってうれしくても、家の中で靴をおろしてはいけないと言われるよ。おろしていいのは、死に装束のわらじだけなんだって」

へえ~。西洋でも日本でも靴にまつわる言い伝えはたくさんありそう! それほど、靴は行動力や幸運を左右する大事なアイテムなんでしょうね。

◎勝負の前日にかけるおまじない◎

恋の勝負キター!って時には…?

マークさん「靴まで気が使えるってことは、勝負への準備も万端だということ。そして当日も堂々とのぞめる。恋の勝負の前には、しっかり磨くとツキがつくといわれるよ」

おまじポイント☆心をしずめ、靴に勝利への願いをこめて磨く!

マークさん「左の靴が脱げると好きな人と両思い、右が脱げると他の人に想われているっていうジンクスもあるね!」

それってどっちにしろ想われてる! 靴、どんどん脱げたいですね~。そして、MBからもとっておきのおまじないをご紹介。新しい靴の底に、片方には自分のイニシャル、もう片方に好きな彼のイニシャルを書いて履くと、彼と自分が一緒にいられるように導いてくれるというもの。

マークさん「そうだね。もともと靴はペアで成り立つもの、恋のおまじないにはぴったりのアイテムなんだ!」

◎風水でみる恋と靴◎

マークさん「中国では靴を『セ』と発音するんだけど、それが『邪』という漢字の読み方と発音が一緒なの。だから、『邪』(よこしま、下心の意味)を他人にあげてはいけないから、靴は自分で買うもの、他人に贈ってはいけないもの、という考え方があるよ」

ほほ~。でも確かに、靴って、ときめきや履き心地やフィーリングを大切にしながら、自分でしっかり選んで買いたいものな気がします…! そんな東洋の思想・風水からのアドバイスにも注目!

一、おしゃれな時のための勝負靴とリラックスしたスニーカーなどの二足は必ずもって、陰と陽のバランスをとる★(いつも同じ靴を履かない)
ニ、スニーカーやぺたんこ靴など、地面に直接触れるような靴は、大地の『気』を直接シャットアウトして良い『気』を取り入れてくれる赤色がおすすめ!
三、彼と会うときは女の子らしい靴を。男女のバランスをとってくれます。男っぽすぎる靴だと、陰陽のバランスが崩れてしまい、恋愛運を遠ざけてしまいます。

マークさん「新しい恋がしたい時、新しい自分になりたい時、新しい靴はきっと力をくれるよ。願いをこめて、新しい一歩を踏み出しましょう!」

自分で自分の人生を歩ませるもの、それが靴。そう思ったら、ただのファッションアイテムを超えた存在である靴への価値観がうんと変わりました。すてきな場所に運んでね、
そして素敵な人のもとへ運んでね! そんな想いをこめて、新しいすてきな一足を選んでみるのはいかがでしょう?