自分の周りにある“ガラクタ”を手放すことで、どんどんイイコトが起きる!
そんなお話を、ヒーラー&西洋占星術研究家のジーニーさんにうかがってご紹介したところ、たくさんのコメントが届きました! ありがとうございます。
みなさんの体験談に、スタッフ一同「へぇ~~!」とコメントに見入ってしまいました。
少しだけご紹介させていただきます。

私もガラクタ追放運動に参加して、部屋に溜まった物を捨てましたら、いいことが起こりました。
1.部屋がすっきりしたことで、毎朝掃除機かけています。お花買って生けてみると持ちが長くなりました。
2.以前受講した仕事セミナーの資料を捨てたら、2日後に短期ですが、仕事の依頼がありました。
3.着なくなった、サイズの合わない服を捨てたら、安く、サイズのぴったりした服を手に入れられました。
4.ガラクタを捨てる運動と並行して、筋トレを毎晩行っていたら、パンツのサイズが1サイズダウンで、体がすっきり痩せられました。
5.改めて、物に執着する気持ちが薄くなり、少ない物で、すっきり過ごせることがわかりました。

一日1~2時間程度のペースで片づけているので、毎日中断した状態の部屋で寝るわけですが、「なんだかアトリエで寝てるみたーい!」と、中途半端な状態も楽しんでいます♪

私もやってます! 特別な効果はまだないし、片付けの途中なのですが、部屋の空気が明らかに違います!

今日、母から収納ケースがいつもの米とか仕送り荷物として送られてきました!でかいじゃん!ってことでいろいろ片付けていたのですが、無意識のうちに自分 と対話してることがわかりました。ジーニーさんのように嬉しいことが起こればいいなあ☆ 少しずつ、追放キャンペー ンつづけていきたいと思います!

ほかにも「しばらく連絡をとっていなかった友人から連絡がきた」とか「なんだかやる気がわいてきて楽しくてしかたがない」とか、実際にやってみた人の感想が続々!
ただ、“ガラクタを処分しただけで”ですよ!?
ガラクタを捨てることで、自分でも気づいていなかった、いろいろな束縛や重荷からどんどん解放されて、今の自分をプラスに変えてくれる新しい風(物だったり、人間関係だったり、情報だったり)が入ってくるらしいのです!!
でも…いったいどこから手をつけていいのやら…(周りを見渡してみて、あまりにも物が多いことに改めてビックリ&始める前からウンザリ…)
実際やるとなると、ちょっととまどいも。そこで今回は、『ガラクタ追放キャンペーン』発案者の、ヒーラー&西洋占星術研究家・ジーニーさんに、具体策をうかがってみました♪

ガラクタ追放キャンペーンSTART!!
まずはどこから手をつけたらいい?
ジーニーさん「僕はカレン・キングストンさんの著書『ガラクタ捨てれば自分が見える』を参考にして、過去に何度もガラクタ整理をしましたが、小さいところから始めると気楽でいいみたいですよ。僕は洗面所の下から始めました。他には、たとえば『引き出しの中の余計なものを捨てる』とか。そこだけなのに、なんだか部屋全体が明るくなったような気がするから不思議です」
カレン・キングストン『ガラクタ捨てれば自分が見える』

あ! 確かに。押し入れの中とか、片付けたところが目に入らなくても、気分がスッキリして、部屋そのものがすごくさわやかに感じたことがあります。
ジーニーさん「ガラクタを捨て始めると、部屋がどんどん広くなって、楽しさに変わっていきますよ♪ 捨てる“不安”のようなものも徐々に消えていくはず。それに小物を片付けているうちに、大物についての判断もしやすくなりますよ」

玄関から、とか水回りから、といった場所的に優先させたほうがいいところなどはあるんですか?
ジーニーさん「ガラクタ整理には『とくにこうしなくてはいけない』というルールはありません。ただ、カレンさんが紹介されているように、建物のどの場所がどんな影響を与えるのかがわかる定位盤というものがあって、どの部分にガラクタをため込んでいるかであなたに与える影響もわかるんです。だからたとえば「恋愛」について問題を抱えているなら、そのゾーンから整理するのもいいかもしれませんね」

そこで定位盤を当てはめてみたところ…

「幸運」のゾーンにガラクタいっぱいの棚が……。
みなさんのお部屋(家)にも当てはめてみてくださいね。
※玄関を一番下になるように当てはめます。

“ガラクタ”と“ガラクタでない物”どうやって見分けたらいい?
ジーニーさん「あくまで僕の場合ですが…。2年使わなければ“ガラクタ”と判断しています。たとえば今年の夏はあまり暑くなかったですよね? でも去年の夏は暑かった。このように2種類の夏を経験したのに、それでも着なかった夏服、っていうのはもうガラクタですよね」

この前、ずーーっと気になりながら手をつけていなかった服の整理をしたんです。でも「やっぱり着るかも…」ってつい悩んじゃって…。「2年以上着なかったものは思い切って処分する」って“目安”があると、やりやすいですね。
ジーニーさん「思い切って処分することがポイントです。スペースに空きがないと、本当に必要なものや、良いものは入ってこられないですから。あとは、改めて手にとってみた時に、『今の自分に良いエネルギーをくれるかどうか』も捨てるキメテになります。あの頃は今よりも楽しかったな、と悲しく思ってしまうようであれば、それはもう手放してもいい物。過去に引っ張られてはいけません」

確かに、過去の物が出てくると、そのたびにその時の風景や思いなどがよみがえってきて、つい手が止まったり、処分するのに躊躇(ちゅうちょ)したりします。もう使っていなければ、過去の物は全部処分してしまったほうがいいんでしょうか? 思い出が詰まった物や記念の物は、やっぱり処分しづらくて…
ジーニーさん「その思い出の品や記念品は、今も定期的に見たり手に取ったりしているなら、取っておいてもいいでしょう。でも、先ほども言ったように、改めて見てみて今のあなたに良い影響を与えないようなら、処分したほうがいいでしょう。過去の思い出にとらわれないことが大事です。人からもらった手紙なども、捨てにくい物のひとつですね」

ということで、アイテム別にアドバイスをいただきました!

手紙          
お気に入りの1通だけとっておいて、あとは処分!
ジーニーさん「手書きだと、より思いがこもりやすいものです。いつか読み直そうと思っていても、なかなかできないですよね。感謝しながら、思い切って処分したほうが、イイコトがいっぱいやってきますよ♪」

人形・ぬいぐるみ    
地方自治体のルールにそって全部処分!
ジーニーさん「大事にしていたぬいぐるみや人形は捨てられない物の代表格。でも、こういった“人の顔”をしているものは、念が入りやすい性質もあるようです。人形供養を受けつけているお寺(※)などもありますよ」※たとえば、東京上野にある清水観音堂など

CD           
よく聴くもの以外は思い切って処分! 作業時はノリのいい曲をかけながらがオススメ♪
ジーニーさん「ずっと聴いていなかったものは、リサイクルに回したり、欲しい人にあげたり、手放してしまいましょう。オススメなのが、好きなCDを1枚かけながら、追放キャンペーンをすること。静かな曲よりはダンスミュージックなどを聴きながらやると、驚くほどはかどりますよ!」

本           
よく読むもの以外は思い切って処分!
ジーニーさん「雑誌などは、ついたまってしまいますよね。こういったものも、今使っていないなら、処分してしまうことをオススメします。僕も、自分が昔原稿を書いていた雑誌を捨てるのに、ものすごく苦労しましたが、捨てたら新しいお仕事をいただきました」

お守り         
神社やお寺に持っていく
ジーニーさん「スピリチュアルなものって、どうしたらいいか迷いますよね。これを捨てると何か悪いことがあるんじゃないかと思ったりして。神社やお寺に持っていって、お守りなどを納める場所に置いてくるか、お焚き上げをしてもらうといいでしょう」

パソコン        
使っていないデータはすべて消去!
ジーニーさん「パソコンって、最新のテクノロジーだから、『目に見えないエネルギー』などとは無縁のように思えるけれど、大間違い。エネルギーをいっぱい吸収してため込んでしまっているものなんです。データの処分はもちろん、パソコンの中をきちんと整理しておくことも大切です」

いただき物       
「ありがとう」の気持ちで処分!
ジーニーさん「じつは自分の趣味とは違っていたり、大事にしすぎて使っていなかったり……かといって捨てるのも申し訳ないものですよね。でもこのキャンペーンを始めたからには思い切って処分してしまいましょう。リサイクルに回したり、寄付したり、必要としている人にあげたりすれば、その品物は今よりももっと有効に使ってもらえますよね」

つけ加えで、もうひとつ。
もし今「恋人募集中」なら、将来の相手に見られると困る物、相手がイヤな気分になりそうな物(昔つき合っていた人との思い出がある物など)は何か?という目線で判断してみるのもガラクタ認定の基準になるそう。確かにナットク。

まとめ
ガラクタ追放キャンペーンの手順
STEP1
引き出しの中、洗面所の下、などまずは小さいところから始めてみよう!
STEP2
2年使わなかった物=ガラクタ。思い切ってどんどん処分!
STEP3
自分に本当に必要な物が見えてくる

ジーニーさん「ガラクタを追放している時に、ふと思ったんです。自分にとって本当に必要な物だけを選択するようにすると自分の望むように生きていけるんじゃないか、って。前回、自然に3キロ体重が落ちた話をしましたが、無駄なものがそげ落ちていくのだと思います。ガラクタを処分することで、代わりに得られる物がとても大きく、自分でもその効果に驚いているんです。手放すことによって、より良いもの、新しいものが手に入る! それも、手放してわりとすぐに」

ガラクタを追放することで、ガラクタの周りのとどこおった空気が一掃され、どんどん居心地のいい空間になっていく。
物事は次々と好転し、自分自身にもやる気がみなぎってくる。
その変化が楽しくて、やり始めるとハマってしまうみたい!

あなたの家の中でイチバン場所を占領しているものは何ですか?
それは今のあなたに本当に必要なもの?
気楽にガラクタに向き合ってみたら…もっと広い世界につながっていきそう!

「何がガラクタで何がガラクタではないのか」
それって、これから先どんな自分になりたいかで変わってきそうですよね。
今まで見えなかったものがハッキリしてくるかも。

昨日の話なのですが、ちょっとだけ食べたくて買ったチョコレートを、周りの人にも分けてあげたら……「じゃあコレあげる」って、他のお菓子をもらったんです。配り終わったら、私の手元にはバリエーション豊かなお菓子が集合♪
手放した物が、レベルアップして(?)手元に返ってきました(笑)。
これもジーニーさんのおっしゃっていた効果かも?(^o^)
みなさんも、小さなところから始めてみませんか?