今回は、特別に口グセにするといい3つの言葉を教えていただきました。さぁ、あなたもモテる女子の口グセをマネしてみませんか?

男性からよく告白されている女性は、「好き」を連発しています。「アイスクリーム好き」「この曲好き」「青空って好き」…いいなと思ったらためらいなく「コレ好き~」と言っているのです。
なぜ「コレ好き」がいいのかというと、男性は「好き」という言葉をなかなか口にしません。「好き」という言葉に気恥ずかしさや照れを感じてしまうのです。

確かに男性って、あんまり「好き」って使わないかも! 言っても「いいよね」くらいですよね。

そこで女性が「コレ好き」と言うと、「俺を好き」という意味じゃなくてもその言葉自体にドキドキしてくれます。自分が言わないぶん余計にドキドキするのでしょう。さらに「コレが好き」は、相手に心を開かないと言えないセリフです。これは心理学でいう【自己開示】にあたり、“この子は俺に心を開いてくれているんだ”と思わせることもできます。「俺に心を開いてくれている」→「その子に入っていきやすい」という図式ができあがり、告白される確率は上がります。

「好き」というフレーズがあるかないかで、そんなに印象が変わってるものなんですか?

では、「好き」がある場合とない場合を比べてみましょう。
◆「私、イタリアンって大好きなの。あ、このパスタ好き!」
◆「私、イタリアンにはよく行くの。あ、このパスタおいし~」
どちらが言われて嬉しいですか? 上のセリフのほうが、一緒にいていい気分になると思いませんか? このように「好き」があるセリフとないセリフでは、10倍~100 倍近く印象が変わってしまうのです。
わりとかわいいのにモテない子は、「コレ好き」を言えてないことが多いですね。緊張のせいか卒のない会話ばかりになっていませんか? そういう会話は心をつなぎません!

まさに「コレ好き」は魔法の言葉なんですね! そういえば、知り合いのモテ子ちゃんも「この曲好き」とか、「この味付け好きー、マネしよ」とか好きを連発していました。「コレ好きー」って喜んでいる子は女子から見てもカワイイので、男子から見たら相当キュンとくるのでは? ぜひ使ってみたい口グセです!

「コレ好き」よりも、さらに攻撃力が高いセリフです。「○○さんが着ているようなストライプのシャツ、好きなんですよ」「今日、○○さんがサッと車道側を歩いてくれて嬉しかったです。私、優しい人大好きなんです」。そう言われた瞬間、彼のテンションはグッと上がり“俺のことをちゃんと見てくれているんだ!”と感激させることができます。ここまで言ってあげると、男性は告白しようかなという気になるんです。面と向かって言うのが恥ずかしいときは、メールで伝えてみても効果がありますよ。

身の周り系のものだったらサラリと言えそう! ただ、「○○さんみたいに優しい人、大好き」は、 “誰にでもそういうことを言ってるんでしょ?”って思われないか不安!

「好き」は言い過ぎてもデメリットはありませんよ。 “軽い”とか“浮気性”と思われることはあり得ません。「そういうことみんなに言ってるんじゃないの?」と言われたとしても、悪印象は与えず、逆にフレンドリーな人として映っているんですよ。男性の気持ちを動かす「好き」、ぜひ使ってみてください!

なかなか彼氏ができない女性は、このひとことが言えません。逆に、これを言わずに彼氏を作るのはかなり難しいと思います。
男性が嬉しいのは、「俺、何年も東京タワーに行ってないな~」と言ったときに「じゃあ、今度いっしょに行きましょうよ~!」と言ってくれる子。そう言われた瞬間に、男性のテンションはグッとあがり「じゃあ、行っちゃおうか?」と自分から気楽に誘うことができます。

なるほど! こちらから誘い水を出してあげることが必要なんですね。周りを見ていても、若い男子って誘い下手な人が多い気がします。

そうですよね。欧米に比べて日本人の男性は自分に自信のない人が多いので、誘ったときに拒否されると傷ついてしまう。そんなときに女性のほうから、「行きましょう」という直球の誘いや、「行ってみたいな」「連れてってください」など“誘ってくれたら行きますよ”というサインがあると、非常に誘いやすいのです。
気楽に誘ったり誘われたりする関係を目指して、相手との共有体験を積み上げることが、告られるまでの道のりには欠かせません!

もし、「行きましょうよ」と言ってるのに誘ってもらえなかったとしたら……、完全に脈ナシってことですよね。

万が一誘ってもらえなくても、「明るく前向きな子」という印象を与えることができます。少なくとも友達的な意味合いでつながっておくことができますよ。

「一緒に行きましょう」と言いにくい場合、「私もやってみます」というのがすごくいいです。例えば、男性から「こないだ映画の『踊る大走査線3』を観たけど、すごくおもしろかったよ~」と話しかけられたときは、「一緒に行きましょう」とは言いにくい。そんなときは、「え、そんなにおもしろいなら私も観てみます」と言ってみましょう。
そう言われると「今度、別の映画に誘ってみようかな」「また映画の話がしたいな」となりますから。考え方が前向きで、自分が教えたことを素直に受け入れてくれる女性に好感を抱くのは間違いありません!
彼の趣味に興味を持って、それにトライしてみることが大切なんですね。男女間に限らず、自分のオススメしたものを試してくれて、「すごくよかった!」なんていわれると、嬉しいですもんね~。ぜひ言ってみたいひとことです!

簡単なテクニックですが、名前を呼ぶのもいいですね。高級ホテルの接客は、名前を呼んでくれます。「○○様お待ちしておりました」と言われると、特別な感じがしてちょっと嬉しいものです。逆に男性は照れがあるから、女性の名前を気兼ねなく呼べません。

そうかも!! 男性って、女性の名前をあんまり呼ばないような…。呼ぶときは「ねえ」とか「ちょっと」とかが多い気がします。

自分ができないぶん、名前を呼ばれるとドキッとしてしまうんですよ。「○○くん、何飲む?」など直接呼びかけてもいいし、メールで使っても効果的です。

「○○さん」をパワーアップさせたのが「○○さんだけ」。友達以上恋人未満の状態で、もっとも攻撃力がある言葉です。男性との仲が深まりかけたときに使うと、“俺は特別な存在で、他の男達とは違うんだ”と思わせることができます。
つき合うんだったらその他大勢の中の1人ではなく「あなたじゃないと」と言ってくれる人のほうがつき合いたいと思いますよね。男はプライドの生き物ですから、「あなたは特別な存在」というメッセージを伝えてあげましょう。

他にはどんな言い回しが効果的ですか?

「○○さんだけ」の応用編として、「○○さんだから言うんですよ」「○○さんみたいに話が合う人ってませんよ」「○○さんと一緒だったら、どこに行っても楽しい」などもいいですね。“他の男には見せない顔を俺だけには見せてくれている”“他の男には言えないことを俺には話してくれる”と思わせることができたら、こっちのもの! それに“そこまで言ってくれるんだったら、俺が告白しなきゃ!”と俄然はりきってしまうものなのです。
誰から見ても「かわいい」とか「きれい」な子は、何もしなくても、ある日、突然、告白されたりします。だけど普通の女の子が告白されるためには、モテる口グセを言うことが大事なんですね~!
ためらわずに、どんどん使ってみてると、きっと彼の心をあなたに向けることができますよ!

モテる女性の口グセのおさらい

①「コレ好き~」…男性が“好き”という言葉にドキドキしてくれる
②「行きましょうよ」…気軽に誘い合える関係を作る第一歩のセリフ
③「○○さんだけ」…“あなたは特別な存在”というメッセージを伝える