厄年(やくどし)は、病気やケガなど災難がおこると言われている古くから伝わる風習です。この古くから伝わる風習を、あなたは、迷信だと思いますか? それとも、真実だと思いますか?
厄年は、女性の場合、19歳、33歳、37歳、男性の場合、25歳、42歳、61歳です。

この年齢にまだまだ該当しない方は、「関係ないやー☆」と思われるかもしれませんが、今回ご紹介する厄落としの方法は、
1)恋愛編
2)人間関係編
3)仕事&勉強編
という内容で、日常の“悪運のリセット法”としてもご利用頂けます。
また、大切な人が厄年になった場合に、プレゼントする厄除けグッズもアドバイス!
教えてくださるのは、占星術研究家ほか、多種の占い研究家でもいらっしゃるマギー先生です。厄年に悩む人、日常の悪運をリセットしたい人に向けて、深い知識と、愛情深いメッセージを届けてくださいました!

「厄年に悪いことがおこる」迷信?真実?

厄年は、平安時代から続いている歴史深い風習で、“年齢によって決められた、病気やケガ、仕事の失敗などの災難がおこるとされる年”のことです。10代の人は、「お父さん、今年は厄年なのでお参りに行かなきゃね」なんてお母さんが話しているのを聞いたことがあるでしょうか? 20代後半、30代に突入した方達は、「厄年が、もう間近に迫っている…」と気にしていらっしゃるかもしれませんね。
これは、古代中国の“陰陽道”(おんみょうどう)に基づいた考え方で、平安時代から続いているとても歴史深い風習になります。
では、厄年が女性と男性で違うのはご存知ですか?
女性の場合は、少女から大人へ心と身体が成長する19歳、20代を終え、30代突入の33歳、37歳。
男性の場合は、25歳、42歳、61歳が厄年にあたります。

知ってさらにお得! ワンポイント豆知識

その1 厄年は、数え年で考えます。
数え年とは、母親の胎内から出たその時から1歳とする数え方。つまり、現在の年齢+1と考えます。しかし、誕生日前の方は、+2にしてください。

その2 厄年は、その前後、合計3年間は注意して!
厄年の前後1年間は、注意が必要です。厄年の前を【前厄】(まえやく)後を【後厄】(あとやく)と呼びます。

その3 本厄の期間は、誕生日を基準にして前後半年間
どこからが本厄なのかというのは、いろいろな考え方があるのですが、自分の誕生日を基準にして、前後半年間というのが本厄(ほんやく)になります。

その4 厄年の中でも、とくに女性33歳と男性42歳は要注意!
厄年の●女性33歳と●男性42歳は、“大厄”(たいやく)といって特に注意しなければならない時期だと言われています。
女性33歳「さんざん」、男性42歳「死に」といった語呂合わせが、江戸時代に作られているんですよ。

少女から大人の女性へと変化する19歳、人生が大きく変化する33歳、37歳は、精神と肉体のバランスがくずれやすい時

では、「厄年は本当にあるの? 単なる迷信?」「何をしたらいいの?」なんて、疑問に思いますよね。
実は、厄年というのは、精神面や肉体面において変わりやすい時期なのです! 上記でも述べたように、19歳は少女から大人の女性へと変化する時で、心身ともに揺れ動く時期。また、33歳や●37歳というのは、結婚や出産、転職、社会的役割と大きく変化する時期でもあります。
つまり、厄年はそうした精神と肉体のバランスがくずれやすいので、あらゆる面に変調がきたしたとしても不思議ではない時期ということ。そういった点から、平安時代から続いてきたこの風習は、単なる迷信ではかたづけられないようです。とはいっても、むやみに恐がる必要はありません。

“厄落とし”をして、運の仕切り直しをしていくことで運気を回復することができます!

ここまで厄年の方を中心にお話させて頂きましたが、厄年とは関係のない方でも、日常において不運がおこった時というのは、仕切り直しがしたいものですよね。そうした時、こまめに厄を落とし不運を断ち切って、幸運へと転換していきましょう!

恋愛厄落とし編

厄落としは、①切る、②破る、③燃やす、④捨てる、⑤割る、⑥落とす、⑦追い出す、⑧変える、⑨もてなすといった方法によって、平安時代からおこなわれてきた風習です。では、具体的な方法をご紹介していきましょう。

1.シングルのあなたへ

●厄
・出会い運がない…
・長すぎる片思い…など
●厄落とし
髪を切ってイメージチェンジ!

「出会い運になかなか恵まれない」「長年の片思いが未だに成就されない」と悩むシングルのあなたは、髪を切ってイメージチェンジすることによって厄落としをしましょう。
古来、髪には自分自身の魂が宿っていると考えられていました。そのため、髪を切るということには、“自分を活性化させる”という意味合いがあるのです。髪を切って悪運断ちすれば、モヤがかかったような恋愛運に晴れ間が見えはじめるはずですよ!

2.失恋したあなたへ

●厄
・終わった恋をいつまでも引きずってしまう…
・もう二度とあんな恋はしたくない…など
●厄落とし

思い出の品をあらいざらい捨てる!
好きだった人の思い出の品は、あらいざらい“捨てる”こと。これが失恋の厄落としのやり方です。“想いが込もっている”ものを捨てることで、悪運を断ち切ることができるのです。いつまでも思い出の品を持っていると、過去に縛られ続けてしまい新しい縁も逃してしまいます。また、思い切って捨てることで、気持ちもラクにすることができるでしょう。

3.カップルのあなたへ(既婚者も含む)

●厄
・気持ちが通じない…
・障害が立ちはだかっている…など
●厄落とし
お料理でおもてなし&ゴールイン♪

ふたりの間に不穏な空気が漂っているのなら、お料理を作って相手をおもてなししましょう。平安時代の頃は、“もてなす”ことで厄を落としていました。そこには、“自分の厄をわける”というも意味が込められています。
古の人々は、相手をもてなすことでお互いの距離を縮め、そして厄を分かち合うということで絆を深めたと言われています。ぜひ、おもてなしで厄を落としで、ふたりの愛をもっと高めてください。
また、もうひとつ、結婚することも厄落としになります! それは、自分の苗字を“切って”、新しい苗字に“変わる”ということ。結婚の予定がまだないという方は、逆プロポーズをして、「結婚」の約束を交わしてみては?
人間関係厄落とし編

人間関係で悩むあなたへ
●厄

・話が通じない…
・ギクシャクしてしまう…など
●厄落とし

見知らぬ場所へ行く
&生活のリズムを変える!
人間関係の厄落としは、今まで行ったことがない場所へ行くこと。空気を“変える”ということが、厄落としになります。また、どこかへ行く時間が取れないという方は、通学や通勤で普段利用している電車の時間帯を変えてみてください。こちらはいつものリズムを“変える”ことで、厄落としができますよ。
自分自身の行動というのは、心の状態と環境に左右されるもの。人間関係に悩む日常を抜け出し環境を変えることで、気持ちがリセットされます。そうすることで、あなたのこれからの行動や接し方を変えることができたり、複雑な人間関係を振るいにかけることもできます。また行動半径が広がれば、そこで新しい人間関係をスタートすることもできるようになれるでしょう!

仕事や勉強での厄落とし編

仕事や勉強で悩むあなたへ
●厄

・成績がなかなか良くならない…
・仕事で大失敗…
・やる気がでない…。やりがいが感じられない…など
●厄落とし

乱れた食生活を粗食でリセット!
仕事や勉強での厄落としは、毎月1回の習慣にしてほしいので、忘れないよう自分の誕生日の日付の日に(※6月29日生まれの人は、29日になります)、できればプチ断食を行ってほしいと思うのですが…。それがムリなら、粗食にすることで、今までの食べすぎや乱れた食生活を見直しましょう。これは、食生活を“リセット”するということが、厄落としになります。
江戸時代中期の観相学(※かんそうがく/人の人相や骨格などから、その人の性質や運命を占うこと)の大家である水野南北(みずのなんぼく)は、「大食する者は、運が落ちていく。食生活を改善することで、運勢を改善することができる」と説いています。食べる量や乱れた食生活を調整することによって、運をコントロールできる厄落としは、身体のバランスを崩しやすい厄年の方にはピッタリですよね!
それに、食生活が乱れていると、勉強や仕事で目的達成をするために必要な集中力や体力を失ってしまいます。厄年ではない成長期の女の子や、仕事でがんばる女性にも、ぜひ試して頂きたいですね。粗食厄落としで、頭と身体の感覚をスッキリさせて、勉強での成績や仕事での実績をぐんぐんのばしていきましょう!

知ってさらにお得! ワンポイント豆知識

“死相顔”だった水野南北は、粗食によって運命が大きく変わった人!
水野南北は、子供の頃から様々な悪事を繰り返している人でした。そして、とうとう18歳の時に牢屋に入ってしまうことになったのです。しかし、その牢屋に入っている際に、「人相と人の運命に相関関係がある」ことに気づき、“観相”に興味をもつようになりました。
その後、牢屋から出て町を歩いていると、易者に「死相が出ている」と言われてしまいます。恐ろしくなりお寺に出家しようとするのですが、「半年間、米を口に せず、麦と豆だけの食事で過ごすことができたら入門を許す」と断られてしまいました。そこで、言われたとおり麦と豆だけを食べ続けたところ、死相が消え、 運勢までも改善してしまったのだそうです。
その経験から、観相学の道を志し、“節食により開運する”とう開運の極意を説いたというワケです。そして、水野南北は占いの大家として、全国に2千人以上の弟子をもち、自ら「一日に、麦1.5合と青菜の節食」を実践。その甲斐があったのかどうかわかりませんが、78歳(※一説には75歳)という、当時にしては長寿を全うした人物でもあるんですよ。

大切な人の無事を願う厄除けGOODS編

●厄年の人へのプレゼントは、「陰」の厄除けグッズを♪

厄年の人の無事を願う厄除けグッズをご紹介します。あなたの大切な人が厄年なら、ぜひプレゼントをして不安を取り除いてあげてください。
厄年の人へのプレゼントですが、「陰」のモノを選びましょう。
「陰」のモノを選ぶというのは、これは古代中国の『陰陽道』(おんみょうどう)に基づく考え方によるものです。まず、「陰」と「陽」の性質について簡単にご説明しましょう。

陰と陽の性質について
●「陰」とは…

偶数であり、消極的、防御的、ネガティブ、女性的な要素を示すもの。
●「陽」とは…

奇数であり、積極的、攻撃的、ポジティブ、男性的な要素を示すもの。

そして、『陰陽道』による厄年は、陽のパワーが最高潮に高まった時におこると設定されています。よって、そこへ陰のパワーを取り込むことで“陽のパワーをやわらげ、厄除けすることができる”と考えられているのです。そこで、具体的な「陰」のグッズとは、①偶数のもの、②女性的な要素のものになります。

厄年の人へ「陰」のグッズをプレゼントしよう♪

①偶数のもの…

イヤリング、ピアス、サングラス、手袋といった「対」になったもの。
②女性的なもの…

ピンク色、花柄、かわいいカタチの雑貨など、ガーリーテイストのもの。

※男性に女性的な厄落としグッズをプレゼントする際は、ピンク色のネクタイや花柄のシャツ、かわいいキーチェーンなどをプレゼントするといいのではないでしょうか?

知ってさらにお得! ワンポイント豆知識

もっと具体的に古代中国『陰陽道』の“厄年”を解説!
古代中国の『陰陽道』による厄年は、7歳(※異性を意識しはじめる年齢)から始まって、そこへ9を加えた年になります。(※陰陽道厄年 7歳+9→16歳+9→25歳+9→34歳+9→43歳…)
なぜ、「9」をプラスしていくのかというと、「9」は一桁の数字の中で陰と陽の最大値であり、もっとも強い陽のパワーをもつ縁起の良い数とされていました。
しかし、その陽のパワー(積極性、活発)が最高潮に到達した状態から→陰へと下降する時は災難に注意しなければならないと考えられたのが、『陰陽道』による厄年の起源になります。そのため、陽のパワーが最高潮に高まった厄年に、陰のモノを渡すことで“やわらげる”効果があるということなのです。
マギー先生からのメッセージ

●厄年を恐れないで!

人は日々何かを吸収しているから、今日より明日はもっとすてきな日
災難の時期を示す厄年は、もともとは人生や物事の節目節目を祝うような“おめでたい”同じことが言えます。もし、つまずいたとしても、それは「現実or自分自身と向き合う力」を養うチャンス。人は、それを乗り越えてこそ成長し、またひとつ上のステージへと上ることができるのです。
私達は、毎日歳を重ねています。歳を重ねるということは、そのぶん“毎日何かを吸収している”ということでもあるのです。
だから、「今日も吸収することができたから、明日は今日とは違う素敵な日が開けるんものだったのです。
“おめでたい年”という最初の発想から、それと同じように「注意する年回りも考えましょう」となったのが厄年のはじまり。厄年の正体がわかればわかるほど、むやみやたらに怖がることはないでしょ?(笑) 
厄年に災難に遭うのを恐れて、家に閉じこもったり、またはチャレンジすることをやめたりする方がいらっしゃいますが、その必要はありません。それは、厄年にあたらない人にもじゃないかしら♪」と思うんですよね。そう考えると、厄年であろうがなかろうが、明日何かいいことがあるような気がしません? わたくしの発想は、単純すぎますか(笑)。
悪いことがおこった時は、厄落としによって運を仕切り直すことで、必ず運は開かれます! そして、日々何かを吸収し続けて、すてきな女性へと成長してほしいと思います。

いかがでしたか? 心のモヤモヤ感を溜め込まないためにも、“厄落とし”“リセット”は最良の方法! これは、厄年の方にかぎったことではなく、日常において“リセット”を必要とする方にも、ぜひお試しいただきたいと思います。
また、厄年の方が周りにいらっしゃった場合、「陰」の①偶数のモノ②女性的なモノの厄落としグッズをプレゼントして、その方の不安を取り除いてあげてください!