自分の選択で後悔の連鎖を断ち切ることは出来ます。そのタイミングはいつ? どんな気持ちで切り替えればいいの? そんな悩みにお答えします。

「私がバカだった~。あんな男だなんて、思ってもみなかった~(泣)。」

その言葉、何回、聞いただろうか……。
助言できることは全てした。
分かり得ることは全て伝えた。
予想出来ることも出来る限り話した。
彼女は、「でも…。」「だって…。」と彼を擁護する言葉を並べ彼を選んだ。
ここまで、来ると、もうあばたもえくぼの域(彼を選ぶかどうかは、彼女自信の問題だけどね)。

しかし、この彼女は本当にダメンズが好きだ。誰がどう見ても、この男と一緒になったら苦労するのが見え見え。私からすると、命綱を装着せずにバンジージャンプをするようなものだ。
案の定、ジャンプに失敗して、命からがら木の枝に引っかかったような感じにさえ思える。
一度で懲りればまだしも、また同じことを繰り返してしまう。と、言っても本人は好き好んでダメンズを選んでいるわけではないらしい(傍から見ると、好き好んで、自分から飛びこんで行っている)。
「今度こそは、大丈夫。」と根拠の無い自信を持って、結局、自分から苦労する道を選んでいる。

私から見ると、彼女は、面倒をみたい派。彼は、あわよくば面倒を見てもらいたい派だ。

面倒をみたい派とみてもらいたい派。確かにちょうどいい。うまくバランスが取れているうちはね!

段々、理不尽だと思っても「私が付いていなかったら、絶対に彼は生活していけない」
「私しか、彼を支えることは出来ない」と、ギリギリまで頑張ってしまう。
きっと、真面目で一途だから、そう思うんだよね。

でもね、その彼、別にあなたが居なくても大丈夫なんだよ~。あなたが居なかったら、次の彼女を探すだけなんだから。嫌、探さなくても、別の面倒をみたい派の女性が彼を見つけて、面倒を見てくれるから。

だから「もう、こんな男イヤ。」って思ったら、その瞬間に気持ちを切り替えた方がいいよ。いつまでもダメンズの面倒を見ていても、いいことないから。
自分だけ苦労をして、ストレス溜めて、精神的にダメージを受けても悲しいだけだよ。思った時が、そのタイミングだからね。

やっと、立ち直った彼女。良かったね、アイツと切れて…と思ったのも束の間。数十年振りに会った男性に好意を持たれているような気がすると言う(おいおい勘弁してくれよ)。

話を聞かせてくれたが、やっぱりダメンズだ(笑)
久しぶりに会ったので、お互いの近況報告のような話になったらしい。それから、好意を持たれている感が満載に…。

あまりダイレクトに言うと、悪いかな…と思い、「あんたね~、その彼は、あんたを見ているんじゃないよ。あんたの後ろに付いているものを見てるんだよ~」と、満面の笑みを浮かべながら言ってあげた。
さすがの彼女もピンと来たらしく、「絶対に付き合いません。」と言い切っていた。

幸せって、人それぞれ違うけど、「私がバカだった~。あんな男だとは思わなかった。」と言う言葉を発するようでは幸せじゃないよね。

何を選択するか、誰を選ぶかは、個人の自由だけど、後悔の繰り返しはしないようにして貰いたい。

自分を変えられるのは自分だけだよ。選択に悩んだ時は、是非、ご相談ください。一緒に開運の道を探しに行きましょう。

越後屋 紬(LINE占い鑑定士名 ぼたん)