9月には重陽の節句があります。別名、菊の節句ともよばれ、平安時代の貴族たちは厄祓いや長寿祈願をしたと言われています。菊の花を使ったレシピで、菊の節句をお祝いしてはどうでしょう。
この料理は、菊の花とひじきを使いますが、これらは魔女的には「水」に属する食材。それも「月」の属性を持ちます。
感受性を高め、霊的なパワーをもたらすのが「水」「月」ですから、あなたの中に潜んでいるそういった能力を引き出してくれるでしょう。

〈材料〉
乾燥ひじき…10グラム、菊の花…15輪くらい(今の時期なら食用菊が売られていますので、それを使いましょう)、しめじ…20本くらい、イカ…少々、
(ドレッシング)
しょうゆ…大さじ1、オリーブ油…大さじ1、レモン汁…小さじ1、ゆずこしょう…小さじ1、
〈作り方〉
1.乾燥ひじきは20分ほど水にひたして戻しておく。
2.鍋に酢(小さじ1)を入れた湯を沸かし、沸騰したら、菊の花の花びらをむしって入れ、さっと茹でる。
3.しめじ、5ミリ幅に切ったイカもさっと茹でておく。
4.ボウルにドレッシングの材料を入れてよく混ぜ、123を和える。

※時間がないときは、乾燥ひじきも茹でるとラクチン!