FACE BOOK

MISTY Happy Mall
腹探りカメラ
MISTY DX
オーディオブックを声優の声と演技で楽しむ朗読サイト kikubon(キクボン)
MISTY DX


 〈第177回〉
 
4月4日更新
 
アイデアがひらめく瞬間


桜の花がほころび始めると、家の中にジッとしてられなくなってしまう。そこで当然、お花見に行こう!!と言う流れ。こんなことは即断、即決、即行で、スイスイ実行に移してしまう。でも仕事だと、絶対にそうはいかないわね。遅断、未決、鈍行となり、後でとか、明日とか、ついつい先延ばしになってしまうのが日常茶飯事。(アッ・・・、そういえば最近、先生〜これって、日常チャメシゴトって読むんですかぁ? と本気で聞いてきた人がおり、答えに窮してしまいました) 話は寄り道しましたが、お花見プランは全く寄り道なしの目的地一直線。思いついてから30分もしないうちに花の下でサンドイッチを食べていた。花の蜜をお目当てにやってくる鳥たちが、枝から枝へと飛び交い嬉々としているのを眺めつつ、目を閉じれば、草の匂いがツーンと鼻腔(びこう)を通り抜けて大脳を刺激している。そんな瞬間なのよね。クリエイティブな脳がハッと目覚めて、創りたいとか、壊したいとか、頭の中では足し算、引き算、掛け算、割り算と目まぐるしくアイデアが広がり、果ては乗数から無限大にまで広がってしまうのは・・・。机の上で考えることに限界を感じたら外へ出てごらん。たくさんの引き出しが待っているから。
ところで花鳥風月は随筆や詩、短歌、俳句と様々なところで見受けられるけれど、私には与謝野晶子の「清水へ祇園をよぎる桜月夜 こよい逢う人みなうつくしき」この歌がとても印象的なの。昼の桜も美しいけれど、夜の桜にはまたもう一つの顔がありそう。甘く妖しい匂いがただようような。桜と月、この調和が“桜月夜”という、晶子の造語のような舞台ごしらえになったのではないかしら。「こよい逢う人みなうつくしき」というクライマックスは、なんだか切なくもなってしまうわね。そしてまた、情熱の歌人とも言われた晶子の非凡な才にも驚かされてしまう・・・。「うつくしき」という歌の終わりは、桜月夜に酔う気持ちに余韻を残すよりは、歌をここで打ち止めにすることで、かえって豊麗な絵に見せてしまう。素敵よね、こんなセンス。

今週も引き続き、天空では太陽、金星、天王星のマジョリティ(大集合)。4/9には月の刺激が加わり、芸術的センスが輝くとともに創作意欲にエネルギーがふき込まれます。芸術方面へのレッスンを開始すると開花の予感も。
 
桜がほころび始めた3/19のお昼、花の下で。
 
温室では3本がくっ付いた?バナナを発見、ここだけ黄色でした。
 
 
 
〜編集部からお知らせ〜
エミール先生(神野さち先生)手作りのお守りを、あなたのお手元にお届けします。
男の子のお守り“天龍符”と女の子のお守り“
梅花心”をひとつひとつ先生が手作り。梅の実 桃の実に宿る霊的なパワーを身につけてくださいね。
詳しくはこちらからどうぞ→MyBirthday通信販売サイト「ハピタマ!」


今、あの人は私のことをどう思っているの?
童話の登場人物たちが真実をあなたにそっと教えます。

占い&心理テストを多数とりそろえています♪
今月のオススメはこちら!

  • 魔女っ子占い
  • SWEETS占い
  • 未来のおうち心理テスト
  • 神秘のジプシー占い
  • 逆人相占い

占い一覧を見る

今日は4月26日(水)

−今日の誕生花占い−

今日の生まれの人:清潔で質素な外見とは裏腹に、じつはちゃっかり者。美的センス抜群で魅力的!
この日の花:アズマギク
花言葉:尊い愛
他の日を調べる