FACE BOOK

MISTY Happy Mall
腹探りカメラ
MISTY DX
オーディオブックを声優の声と演技で楽しむ朗読サイト kikubon(キクボン)
MISTY DX


 〈第174回〉
 
 3月14日更新
 
占いのいろは


4月から塾を開くので、先週から東洋占星術のおさらいをしている。東洋占星術の歴史は古く、しかもロジックのみならず思想や哲学、宇宙学も包含しているため、受講生に語るとなると身が引き締まる。さて、平安時代に西洋占星術の文献を伝授してくれたのは中国。中国から渡ってきた占術家が西洋占星術を東洋風にアレンジしたのが“七星四余(しちせいしよ)”という占い。それまでは、除子平(じょしへい)が編み出した「子平八字推命(しへいはちじすいめい)」が占いのメインで、日本では四柱推命(しちゅうすいめい)とか淵海子平(えんかいしへい)と呼ばれていた・・・。などなど、占いの歴史をたどるとやはり平安時代にさかのぼり、安倍晴明の陰陽道(おんみょうどう)が登場したり、四柱推命〜九星気学と様々な占いが生まれ、時代とともに人々に助言を与えてきた。すばらしい術なのだなぁ、と思わず感心してしまう。
ところで東洋の占星術にとって必ず必要となるのが暦。暦には十干と言われる甲乙丙丁戊己庚辛壬葵、十二支と呼ばれる子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥が、ずらりと並んでいる。東洋も西洋も占星術では十二進数を使っており、その起源は十進数と同様に古いという。小学6年生の頃だったと思うけれど、十二進数は、時計や鉛筆の1ダース、ポンド(お金)などの計算に使われ、2と3と4で割り切れるから便利だと教わった。英語の授業では数字の11と12が特別の単語で、13から規則正しい表現になる、とかだったり、ドイツ語とかでも13からが英語と同じく規則的になるなど。これは十二進数の名残りかも?! ということは、やはり12までは特別の数なのかなぁ・・・なんて。時々、頭の中で考えが脱線したり、飛躍したり、もとに戻らなかったりと、大変の大変。でも、おさらいをしているといろいろな思い出がよみがえってきて、なつかしいな。3/3にマイバースディのイベントにゲストでお招きを受けた時も、なつかしくて・・・なつかしくて・・・。ルネ先生の声をレコードの中で聴いた時には、涙・・・涙でした。

今週、天空では、うお座、おひつじ座のポジションに惑星が大集合。喜怒哀楽の全てが集まっているようなカラフルな一週間です。みなさんにはホワイトデーの吉報が待っているのかしらね。
 
 3/3は皆さん方にお会いできて、とても嬉しかったです。
おひなサマのお話と、毎日をやさしく、温かな気持ちで過ごそうね、やさしい気持ちを忘れないでいて欲しい。そんなことをお話ししました。
 
〜編集部からお知らせ〜
エミール先生(神野さち先生)手作りのお守りを、あなたのお手元にお届けします。
男の子のお守り“天龍符”と女の子のお守り“
梅花心”をひとつひとつ先生が手作り。梅の実 桃の実に宿る霊的なパワーを身につけてくださいね。
詳しくはこちらからどうぞ→MyBirthday通信販売サイト「ハピタマ!」


今、あの人は私のことをどう思っているの?
童話の登場人物たちが真実をあなたにそっと教えます。

占い&心理テストを多数とりそろえています♪
今月のオススメはこちら!

  • 魔女っ子占い
  • SWEETS占い
  • 未来のおうち心理テスト
  • 神秘のジプシー占い
  • 逆人相占い

占い一覧を見る

今日は4月26日(水)

−今日の誕生花占い−

今日の生まれの人:清潔で質素な外見とは裏腹に、じつはちゃっかり者。美的センス抜群で魅力的!
この日の花:アズマギク
花言葉:尊い愛
他の日を調べる