でも、恋愛ingだったら、すぐに声が聞きたいから電話をしてしまうかもしれないし、ましてケンカなんかしたら、必死に仲なおりメールを送って、早く返信が来ますように !!
なんてハラハラしながら受信を待っていたかもしれないわね。
手段はともかくとしても、心の中にある“想い”を語ることは、とても素敵なことだし、大切なことだと思うの。もちろん、言葉なんて必要ない場合もあるけれど、“物語り”と言うくらいだから、ものは語ってこそ本当の姿を現すのではないかしら?
だから、書き綴ったり、語ったりしているうちに、心が整理され、そのことが大きな役割を果たすのだと思うの。今、とっても心が混乱しているあなたは、そのままの気持ちを、自分宛の手紙に書いてみるのもオススメよ。
3日くらいしてから、読んでごらんなさい。きっと、自分の心の中から、解決のヒントを見つけることができるはずよ。

ところで、ちょっぴり11月のお話をすると、お気に入りの高原に出かけてきました。空気よし、紅葉よし! 温泉や美味しい食事に大満足。夜には、満月が清々しく、うっすらと化粧した雪原を照らしだし、ロマンチックな気分この上なし。さらに番外編と言うか、号外?!は、なんと!! 雪の中でキノコを発見しました。
ガイドの人に聞いたところ、食用とのことなので・・・。採って帰り、お鍋物でイタダキマースでした。思ってもみないところで自然からの恵みに出会いましたが、森の中で暮らしているクマSANやタヌキSANたちには、かわいそうなことをしてしまったのかなぁーと、ゴメンナサイでした。

さて、あなたの12月の予定は? クリスマスはどんなふうに過ごすの? 私はね、 「賢者の贈り物」をもう一度、読み直してみようと思っています。デラとジムが贈り物を交換する、オー・ヘンリーの物語。あまりにも若い時代に読んだので、何となくしか覚えていないストーリー。
でも、あのお話の中には深い愛を贈りものに変えた時、愛し合うふたりがどんなことを考え、何を選んだのか・・・。愛する人への、贈り物の美しさがあったように記憶しています。
1年の最終章。嬉しいことも、悲しいことも、全部ひっくるめて自分自身の物語です。年が変わるその時には、スッキリと句読点を送って、次の章にいきましょうね。あなたに歳の神様からご加護がありますように!

収穫したキノコ

紅葉の森を散策