春の入り口での出会いは、いつも土の上に顔を出したコたちとの“コンニチハ”から始まる。
ところで、2~3日前、とてもインパクトのある夢を見た。のんびりと海を眺めていたら、突然美しい星空に変わり、きらめく星々の中に北斗七星を見つける。私は、北斗七星を目がけて空を飛ぶことを試みるのだが、なぜか今度は全く違う景色になってしまう……。海を泳いだり、花を摘んだり……、とてもニギヤカなシーンが続いた。夢は、その人の深層心理の中に眠る真実の言葉を投影しているという。ハテ? サテ? この場合、夢は私に何を語りかけていたのだろうか。海、星空、花……そのシーンの中で、実は私はいろいろな考えごとをしている。海を泳ぎながら楽しいとか、星空を眺めながらあのまたたきの中に生命が眠っているのだろうか……と、本当に真剣に考え、目が覚めてからしばらく時間がたっても、鮮明に記憶に残っている。

一度、マドモアゼル・愛先生におうかがいしてみたほうが良いのだろうか。だって、あまりにも次から次へと海や空を飛躍しすぎる……。これは、心がちぢに乱れている証拠なのかしら? それとも何かの予知夢か……?!

ちなみにネコも夢を見るらしい。熟睡しているのかなあと思うと、ニャニャニャ……グルグルグル……な~んて、手で顔を隠しながら寝言を言っている。ピピは、どんな夢を見ているのかしら?

今週、太陽はうお座を離れて春分の日におひつじ座に入宮。新しいステージがスタートします。頑張り屋のあなたには天空からのごほうびがあるはず。