恋を知ったのは、小学、中学の学生時代でしたでしょうか。中には、幼稚園の方もいらっしゃるかもしれません。

そして、恋愛が中心に生活できた年代は、20代というところでしょうか。
30代になった時点で、恋愛よりも仕事や責務に追われる日々が……。

こんなに、忙しい同士でいつ始まるの?

やはり、20代の記憶が、どこかベースになってしまい、なかなか始まらない大人の恋愛に、しびれを切らしてしまいそうになる日もあるかもしれません。

だけど、不思議。
20代の頃より、ずっと純粋な自分になっている。
そのことに気づくと、好きな人に出会えただけでも、幸せ。なんて思えてきたりして……。

とはいえ、始めたい気持ちは、募るばかり。

そう。
女性は、いくつになっても、恋をしたら、少女のようになってしまうところがありますよね。

可愛い女は徳をする。と、男性から聞きますよね。
女性は、みんな可愛いのです。

そして、見えない未来の地図を、ぼんやり浮かべながら涙する夜。
キラキラ光る星に感動して、彼と始められる日が近い気がする。と、思える夜は、幸せに満たされていますね。

そんな日々を積み重ねていると、その健気さに、恋の女神様が手を差し伸べてくれるかのように。

まさか、まさか!
本当?

何にも期待していない日に、始まる。

大人の恋愛は、予告なしに始まるという特徴をしているのです。
あなたと彼が、相思相愛なのは、お天道様は、ちゃんと知っているのでしょうね。

だから、あなたが、まさかの日に、ハッピーは訪れる。
もう、お天道様の意地悪うーっ。

いつも素敵なあなたでいてほしいから。