男性って、一歩下がってくれる女性が、好きですね。

恋のはじまりは、緊張の連続で、まるでデビューしたてのアイドルみたいに可愛くなれてしまう。
けれど。

4ヶ月、5ヶ月と、だんだんと彼に慣れてきてしまう。と。緊張感がなくなってきてしまいがちに。
しかも、男性って、女性に、はじらいや緊張感が減退してくると、なかなか会ってくれなくなる傾向にありまりますから、ここは是が非でも回避したいところです。
やっぱり男性は、ぼくに対して緊張してくれる彼女が大好きなのですよね。

かといって、慣れてしまうのだから、しかたない。
けれど、彼氏に会う機会が減るのも嫌。

そんなあなたに、恋がもっと上手にできる。方法を伝授させてください。
まず、彼に今日、会えたら、すごい奇跡。会えたら、いいなー。
でも、来週でも幸せ。

彼は、素晴らしい人だから、電話でお話できるだけでも嬉しいよー。と、会えるか会えないかに関して、謙虚な思考で、アイデアを張り巡らせていると、だんだん謙虚さが板についてきます。

すると、電話が鳴り、それだけで彼に感謝。
次に話し方。
ねえ、まさか今夜、会えるの?
と、会えても会えなくても前向きに受けいられるよう、謙虚におそるおそる、会えるか否かを、聞く姿勢がベリーナイス。

この電話での謙虚な話し方。たかが電話でも、効果はかなり高めですよ。
謙虚さに勝るものはなし。
最初は、わざとらしい演技をしていないか?と自問自答してしまうかもしれませんが、頑張って、同じトーンで話しているうちに、いつしか自分の言葉として、自然に控えめさを出して、言えるようになってますよ。

恋を上手にするのは、控えめさに勝るものはなし。

魅力的な皆様。
謙虚さを磨いて、気になるあの人をトリコにしていってくださいね。