【牡羊座】
彼は自分の思いどおりにならない状況のときに、自分本位な性格が強く表れてきます。特に、何かを手に入れるとか、やり遂げることが困難なときほど意欲を燃やすと同時に、強引な面も表に出てきてしまうようです。また、周囲の人と協力しながらという場面では、熱しやすく冷めやすいなど、飽きっぽい面が顔を覗かせ、人を振りまわしてしまうわがままなところを見せるでしょう。ただ、一度、決められたことについては潔くあきらめるという面も持っているようです。

【牡牛座】
彼は、何か損得勘定が発生するような場面において、非常に計算高い性格が表れてきます。ですから、周囲との関係においても、その状況を見ながら決して損な役回りにはならないように身の振り方を計算するでしょう。また、何らかの決め事をするような場面では、人の前では自己主張をすることはありませんが、後になってから小さな愚痴を身近な人に言うところがあります。そんなとき、人への親切の見返りを、心のなかで求めたり、期待したりするような面が表れるようです。

【双子座】
彼は、同じ友だちといつも一緒に過ごしたり、一つのことをじっくりと続けたりするような状況になると、自分勝手な面が表れてくるようです。継続や安定よりも、変化や刺激を求め、人や物に対しての感心がうつろいやすく、気分屋の性格が顔を覗かせてきます。前に言ったことと、その後の話で言っていることが違う、といったおおざっぱな面が表れてくるため、いつも行動を共にしている人たちからは、アテにならない人といったレッテルを貼られてしまうこともありそうです。

【蟹座】
彼は、新しい人間関係を築くという状況になると、協調性に欠ける面が表れてくるようです。自分の仲の良い人たちとは、笑いの絶えない明るく楽しい関係を作れるのですが、特に新しい人を受け入れる際に顕著に表れます。相手のいいところにはもちろん目が行くのですが、同時に良くない面を見てしまう、いわば粗探しのようなことをしてしまう意地の悪い性格が顔を覗かせるでしょう。楽しい雰囲気を壊されたくないという、裏の性格が見え隠れします。

【獅子座】
彼は自分が目立たなくなったり、あまり相手にされなくなったりと感じるような状況になると、自己中心的でわがままな面が出てしまいそうです。特に、大勢で何かをするような場面には、自分が初めから良いポジションでなければ納得せずふくれてしまうといった裏性格が顔をのぞかせてきます。自分をちやほやしてくれる相手とばかりつき合いたがる傾向に走りがちで、自分とはちょっと違う考え方、生き方をしている人を避けてしまうようになるでしょう。

【乙女座】
彼は、自分のしたいことを完ぺきに遂行したいという状況になると、人の感情を無視して、まるで物のように扱ってしまうちょっと冷酷な性格が表れます。目的達成のためなら、人の気持ちを推し量ることよりも、多少の犠牲を生じても計画を実行することを優先する面が強調されるでしょう。また、正しいか否か、善か悪かという場面においては、間違っていることをずばりと指摘する、妥協のない性格が表れます。ときに人間関係において、その融通の利かない面が浮き彫りになりそうです。

【天秤座】
彼はものごとを上手に、そして、簡単にこなすことができるような場面になると、高飛車な性格が表れてきます。時には、自分より劣っている人に対しての思いやりに欠けてしまい、つい相手をバカにした態度をとってしまうこともあるでしょう。相手の立場に立ってものを考えるという配慮に欠けてしまい、人によっては彼のことを冷たい人と思っているかもしれません。良くいえばあっさりした性格が表れているともいえますが、クールさのほうが協調されるようです。

【蠍座】
彼は、こと自分の秘密やプライベートなことに触れられるような場面になると、感情的な性格が表面に表れてきます。触れられたくない秘密を安易に話題にすると、それまでの態度とは打って変わり、過敏に反応し強烈に反発するでしょう。また一度、怒りを覚えると、非常に頑固で強い性格が表れます。そうなってしまうと感情を抑えられず、とことん怒りをあらわにするでしょう。彼を恐い人と感じさせているのは、そのときの性格を見ているからのようです。

【射手座】
彼は何か興味のあるものごとを目の前にすると、外へ外へと向かっていく性格が表れてきます。平凡なことにはあまり感心がなくなり、どんどん好奇心が湧き出てくるでしょう。それが高じて大胆すぎる冒険をするところがあり、周囲は、そんな彼の行動に実は冷や汗ものかもしれません。また、そういったことに身を投じている状況では、安易な性格が顔をのぞかせ、大きな野望を胸に抱くわりには、ものごとの計画を綿密に立てるといったことができなくなってしまうようです。

【山羊座】
彼は自分の目標や目的を定めたとき、冷淡な性格が表れてきます。目的の達成のためには手段を選ばず、人の感情を合理的に割り切ってしまえる、冷淡な面が表れてくるでしょう。そんな場面では、周囲の人からは優秀な人として認められる半面、人の気持ちを無視した行動をとると、冷酷な人といった見方をされてしまうこともありそうです。大事なことがらに身を置くと、感情に溺れたり振りまわされたりすることを恥じる性格が、人づき合いの中で見え隠れします。

【水瓶座】
彼は、何か変わったものごとを目の前にすると、好奇心旺盛な性格が表に表れてきます。しかも、どんどん奇抜なものや革新的なもの、ユニークなことがらに惹かれていってしまう傾向が際立ってくるようです。そんな面が強く表れると、周囲の人にはなかなか理解されにくくなり、自らトラブルのもとになるような言動や態度をとるなど、変わったことを好んでするようになるでしょう。また、あまりにマンネリ化した平凡過ぎるような状況に身を置くと、そんな性格が表れやすくなるようです。

【魚座】
彼は、その場に身を置いた状況によって、両極端な性格が表れるようです。調子のいいときには明るくおしゃべりでやさしい性格が表れ、半面、いやなことがあったり居心地が悪いと、途端に無口になったり意地の悪い性格が顔を出すでしょう。特に自分の好まない状況となると、努力することを放棄してしまい、気持ちのコントロールもうまくできなくなるので、一人の世界に没頭し孤立することもあるはず。いわば、気まぐれな性格が表に出てきてしまいます。