12星座占い! 彼の愛情の欠点
【牡羊座】
彼の真面目で一本気、自分の気持ちに裏表のないその純粋な愛情は、時に自分本位な愛情の押しつけになることも多いでしょう。彼女の気持ちなどお構いなしで、一人で気持ちを盛り上げてしまうこともありそうです。そして、どんどん勝手に気持ちをふくらませてしまい、大騒ぎをするでしょう。そんな彼の行動は、大好きな相手に嫌がられ、傷つけてしまうことも少なくありません。
【牡牛座】
彼は相手のことをじっくりと時間をかけて考え、愛を育てるはずです。愛というものに、とても合理的で現実的な理屈を求めるところがあるでしょう。そして、一度、こうと決めて誰かを愛し始めると、強く深く誠実な愛情を相手に捧げるはずです。しかし、それと同じだけの愛情を、見返りとして相手にも求めるので、嫉妬心がとても強く、裏切られたときの立ち直りには、かなり時間がかかるでしょう。
【双子座】
初対面でも、小さなきっかけから話を膨らませて、いつの間にか彼女を自分のペースに引き込んでしまうことができるでしょう。ただし、心の中には、絶えず好奇心と相手を冷静に観察する冷めた眼が存在するようです。心の底では情熱的な本物の恋をしたいと思っているのですが、相手を知れば知るほど持ち前の好奇心からほかの可能性への気持ちが高まり、心が遠ざかる傾向があるでしょう。
【蟹座】
彼は、純粋で一途な恋をする人です。その反面、傷つくことを恐れるあまり、自分の気持ちを心の底に押し隠して、積極的になることはできないようです。彼は、父親のように、やさしく見守るような愛情の持ち主で、彼女がその気配りに気づき、振り向いてくれるまで、ただひたすらにじっと待つタイプでしょう。心の底では熱い情熱の炎をたぎらせながら、それを悟られないように押し隠し、時間をかけて相手の心の中に入っていくようです。
【獅子座】
彼は、愛情を堂々と表現する人です。情熱的で、恋心に火がつくと、自分を抑えることができなくなり、積極的に彼女に近づいていくでしょう。しかし、プライドがとても高いので、相手の態度を見て分がないと感じれば、追いかけることは決してしません。また、自分が尽くしただけの愛情を求めるため、恋人には絶対なる愛を要求するでしょう。
【乙女座】
純粋な彼は、人の好き嫌いがはっきりしていて、一目ぼれをするくらいの情熱も持っているのですが、夢を見る部分が強過ぎて、現実をなかなか認めようとしないところがあるでしょう。しかし、理想の相手に出会えたときは、心を開き、一途で献身的な愛情を注ぐはずです。彼の示す愛情は、純粋な愛ともいえる精神的なものでしょう。
【天秤座】
彼は美意識が強く、進歩的な考えも持っているでしょう。恋におぼれたり、自分を見失ったりすることを醜いと感じるので、恋に夢中になることは少ないはずです。誰かを好きになるときはもちろん真剣に好きになりますが、冷静な考え方ができるので、周囲とのバランスを考えながら距離を置いてつき合うでしょう。もちろん、それなりに意思表示はするものの、自分からは決して決定的な言葉はいいません。
【蠍座】
彼はロマンチストで、熱い愛の炎を燃やす人でしょう。全身全霊を尽くし、命懸けで一人の相手を愛し続けるはずです。嫉妬心も強く、失恋すると立ち直りが遅く、いつまでも根に持ったり、尾を引いたりすることが多いようです。また、その場の状況に合わせた機敏な行動や、自分の気持ちをうまく自己表現するのが苦手なため、情熱的な愛情を持っていて恋の機会が多くても、思うような状況になることが少ないようです。
【射手座】
彼は、わかりやすい愛情の持ち主です。誰かを好きになったときには、冒険精神を燃やして、愛情を貫こうとするでしょう。恋に対する集中力は強烈で、時に駆け落ちや略奪結婚まで考えてしまうようですが、それほど熱くなった恋愛も、いざ順調に進んで安定すると、途端に熱意が薄れてしまうことがあるようです。恋を征服して手に入れると、途端に興味が薄れて、新たなる未知の対象を追い求める傾向も強いでしょう。
【山羊座】
彼は、時間をかけて着実に愛情を育むでしょう。自分の中の愛に気づくのも遅めで、恋愛体験も周囲よりは遅れがちです。そのことが原因で、若いころには恋愛面での試練が多く、失恋や三角関係で悩むことも数多くありそうです。しかし社会に出て余裕が出てくると、周囲の女性ともじっくり交際できるようになるでしょう。一度誰かを好きになると、堅実にその愛を育み、一時の感情に流されることなく、確実に幸せをつかむことができるでしょう。
【水瓶座】
彼の愛情は、非常に合理的なようです。恋愛においては男女とも平等な関係でいようと努めるでしょう。大抵の場合、同じ目的を持ったグループの仲間どうしから恋が始まり、友達づきあいの中から愛を育むようです。彼は本質的に自由を愛するので、人を縛ることも誰かから縛られることも好みません。恋人も友達も同じように大切にするため、恋人に心の余裕がないと誤解をされてしまうこともあるでしょう。
【魚座】
人に尽くすことに生きがいを見出す彼にとって愛は命であり、この世に生を受けた存在意義でもあるでしょう。そのため、愛する人がいない人生なんて、とても考えられません。その愛は慈悲と奉仕の精神にあふれ、愛する人に自分の身も心もすべて捧げて、献身的に尽くすでしょう。一方的な愛情に終わっても、その人を愛し尽くしたことだけで喜びを感じ、見返りを求めないことが、彼の愛情の特徴です。