何か物足りない・・・と思っているあなた! 恋を呼んでみませんか? 
ある時は淡いピンクのスーツ、ある時は、真っ赤な花柄のワンピース、といつ見ても素敵な、女性のお手本であるエミール・シェラザード先生から、恋を呼ぶ風水について教えて頂きました☆

恋愛風水というと、「赤い物を東南に」というような話をよく聞くかもしれませんが、今回教えて頂くのは、決して難しいルールに基づいたものではありません。
ここでは、持ち歩いたり、好きなところに飾ったりするだけで恋を呼べるひみつ道具
を、エミール先生にご紹介して頂きたいと思います!

それでは早速、タカタカタカタカタカタカ、でんっ♪

発表します!
恋を呼ぶ七つの秘密道具とは!?

*その一、香りのアイテム
*その二、オルゴール
*その三、ピカピカに磨いた鏡
*その四、お裁縫セット
*その五、正確に合わせた時計
*その六、ハートの小物
*その七、清潔なハンカチ

ん? 鏡? ハンカチ? これは恋を意識しなくても、普段から持っているものですよね? 女子力をアピールするのでしょうか?
ここに、どんな効果が隠されているのでしょうか・・・!?
ということで、気になる効果について、ひとつひとつ教えて頂きます!

五感を磨くひみつ道具 
その一「香りのアイテム」&その二「オルゴール」

エミール先生:
恋愛で大事と言えるのは、しぐさの魔法。ちょっと小首をかしげるとか、ジッと見つめるだとか、サッと髪をかきあげるしぐさというのは、全部「感覚」から起こしているアクションなんです。
ですから美しい音を聴いたり、いい香りを感じたり、美しい色合いのものを見たりetc.5つの複合的要素を微調整していくと、人の「五感」は磨かれるのです。聴覚に訴える音を出すオルゴールや、嗅覚に刺激を与える香りのアイテムに触れていれば、きっと磨かれるでしょうね。そうすれば人体全体が風水になって、身体の隅々まで働きかけて恋を引き寄せやすく、ボディーランゲージを作ることができるのです。

女の子が持ち歩くひみつ道具
その三「ピカピカに磨いた鏡」&その四「お裁縫セット」

エミール先生:
女性に欠かせないアイテムといえば鏡。その鏡は曇らせていては恋の運気を遠ざけてしまいます。鏡はいつもピカピカに磨いておいて“陽”の気をチャージしましょう。それとお裁縫セットを、持っていたいわね。異性に対してだけではなく、友達のボタンがとれていたらつけてあげてね。そんなアクションを起こせる思いやりが、恋を引き寄せることにつながるんですよ。

天空のリズムに合わせるひみつ道具
その五「正確に合わせた時計」

エミール先生:
私達は、天が与えた時空の中に生きています。それなのに、天空の時間と身につけている時計の時間が一致しないと、運気もずれてしまいます。だから天からもらった時間、天の時刻表の通りに生きてみてね。遅らせたり、早めたりせず、ぴったりの時計を身につけていることで、運が強くなりますよ。

恋を助ける永遠のひみつ道具
その六「ハートの小物」

エミール先生:
ハートは、女の子にとって永遠の恋愛風水ですよ。これはブローチなんだけれど、アクセサリーとして身につけやすいかもしれないわね。他にもカギ、それから恋の実りを表すぶどうやりんごなどの果実や、幸せを運んでくれる蝶やトンボなど飛ぶものもいいのよ。

(こちらのアクセサリーはすべて、エミール先生がお持ちくださった私物です★ オパールとルビーがあしらわれたぶどうのブローチは、その日着けていたリングと合わせてコーディネイト! 素敵すぎ♪)





男性度をプラスするひみつ道具
その七「清潔なハンカチ」

エミール先生:
ハンカチは清潔感のシンボル。「清潔感」は恋を呼ぶ、何にも勝る武器なんです! またハンカチは四角い形をしているでしょう? タロットカードの4という数字は「皇帝」で男性を表すので、四角や正方形は男性的なものを表す、ひとつの例えなんです。女性の中に男性度が少し含まれているということは、恋愛にとってとても大事なこと。おしるこの中にちょっとお塩を入れると甘くなるがごとし、魔法のおまじないになるんです。女性度が高いだけではダメ。どこかに男性度があることによって、女性度が濃くなるのよ。

なるほど! こういう身近なもの、よく使うものにこそ、恋を呼ぶカギが隠されているんですね!
面倒くさがりな人(私も含めて・・・)にもできそうな気がしますよね♪

また、身近なもの以外にも、恋を呼ぶアイテムがあるんだとか!
ちょっとだけご紹介します☆
★こんぺいとう

エミール先生:
こんぺいとうの形は星みたいでしょう? その星の中にはたくさんの幸運がキラキラしているの。だからこのお守りに願いをこめておまじないをしてみてね。
私も子どもの時にやっていたの。まず12粒くらい出してから、ひと粒ひと粒に願いを込めて、ビンの中に戻す。そのビンを3回ふって、「お願いごとが叶いますように」って願いを込めたの(笑)。
この器はお茶の道具で、おひがしやラクガンを入れるものなんだけれど、なんでもいいんです。ふたのあるものがいいでしょうね。
★招きねこさん

エミール先生:
好きな彼のお家の方角に、その用途にあった招きねこさんを置いておくといいですね。振り向かせたい彼の場合は、手を挙げて福を招いてるねこさんを置いたり、謝りたい男性や、仲直りしたい友達の家の方向に向けては、こんな「ごめんなさい」と手を合わせているねこさんを置いておくと、いい風水になるんですよ。
★タンポポ

エミール先生:
タンポポも恋のお花なんですよ。友達以上恋人未満っていうのかな。きっとみなさんは曖昧なものではなく、「100%恋愛がいい」と思っている人が多いと思うのですが、先ほどのハンカチでもお話したように、恋力を高めていくために、「恋愛だけ」ってなってしまうとうまくいかないの。男の子と、いい友情を育てることができる女の子は、非常に魅力的な存在になるのだから。ダイレクトに“女の子”をぶつけるよりも、男の子との友情のあり方を考えて、肩を並べて歩けるような女の子でいて欲しいなぁと思います。
それと、枯れたお花は、いつまでも置いておかないようにね。枯れた花は「退気」と言います。できれば土に埋めて、自然に還してあげるのが一番優しいお花とのお別れなのよ。

幸運がキラキラ乱反射という“こんぺいとう”や、恋愛の前に男性との友情を育てようという“タンポポ”などなど、どれも恋を呼んでくれそう☆ 招きねこも今はチープなお値段で手に入るようですよ!

いろいろとご紹介して頂きましたが、ではこんなひみつ道具たちを持ったり飾ったりした時、恋を呼ぶにあたって、どんな心構えでいれば良いのでしょう。
恋において一番大切なことって何なのでしょう・・・。

エミール先生:
恋に一番大切なこと、それは「共鳴」ですね。

「はい」とうなずくことは、無意識下で出している、相手を受容しますよ、というサインなんです。だから恋でも人間関係でもなんでもそうだけれど、アイコンタクトを自然にとりながら、相手の気持ちを受け入れれば、相手の心が開いていくし、会話も優しく成立すると思うの。

相手の心を無理やりこじ開けて引き出すより、開いてくれたものをもらうほうが、カンタンだし優しいし、自然なエネルギーじゃないですか。水だって高いところから低いところへ流れるのが自然の法則。
「北風と太陽」のように力ずくではなく、温かいエネルギーを送れば、相手も自然に共鳴してくれるのです。

それから、恋のテクってよくありますよね。こうすれば彼を振り向かせられる、なんて色々あるじゃない? でもそういうのばかりで固めると、テク疲れしちゃうから。テクを加えるということは、足し算でしょう? 自然体というのは引き算なの。

仮にうまくいったとしても、果たしてそれは完成品なのかしらって思うと、ちょっと違うものな気がするんです。マニュアル通りの恋愛にしかならなくなってしまうでしょう?
例えば「この部屋の温度を3度下げてください」というよりは、「もう少し下げてください」というような数値化できないサイン。自分の感じたまま、自発的に出るサインが一番共鳴し合えると思いますよ。

恋は一生懸命になればなるほど、我を忘れて相手の心をこじ開けようとしてしまいます。けれどアセらず、自発的にエネルギーを出していけたら、それって、女の子としてすごくいいスタイルですよね☆
七つの道具で、恋を呼び、楽しい春を迎えましょう!!

素材提供協力/ホームページ用イラスト素材無料配布サイト『素材大好き.com』 他