さて、そんな小さな星くず、小惑星(アステロイド)。
こちらは、みなさんもよくご存じの、惑星たち(金星、火星、木星、土星etc.)よりかなり小さいため、“惑星(アストロ)のようなもの”ということで“小惑星(アステロイド)”、と呼ばれるようになったそうです。

↑の画像で、太陽を中心に周っている惑星が、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天星、海王星・・・、と並んでいるのがわかりますか?
“小惑星”は主に、この火星と木星の軌道の間にある、「小惑星帯」と呼ばれるエリアに集中して、太陽の周りを周っているんですって!
実は“小惑星”がどこにあるのか、知らなかった私・・・。火星と木星の間に軌道があったなんて、驚きでした(><)

ところで、私たちが普段よく目にする星占いは “惑星”がどの位置にいるか、つまりどの星座、どの角度に移動するか、ということで占われています。例えば金星なら恋愛運や金運のこと、水星なら知性やコミュニケーションのこと、火星なら行動力や闘争心のこと、において私たちは影響を受けるのですね♪
これと同じく“小惑星”を使った『小惑星占星術(アステロイドロジー)』というのがあるそうなんです!
そのヒミツは、小惑星の名前。
「え、名前って誰かが好きにつけたものじゃないの?」と思いますか? いえいえ、この天文学者が気まぐれでつけたはずの小惑星の名前が、そのまま占星術的なキーワードとなる、と研究で明らかになってるらしいですよ! 

※新しく発見した天体に、勝手に名前をつけることは国際的に禁止されていますが、小惑星に限っては発見者、機動の計算者に好きな名前を提案する権利が与えられています。

なんだかよくわからない・・・、と?マークで頭いっぱいの人のためにも
実際に、こちらの小惑星を使った、芳垣宗久(よしがきむねひさ)先生の著書『愛の小惑星占星術』で占ってみたいと思います!

え~と、その対象は・・・、うんコレだ!
思いついたのは、某雑誌で恒例の「好きな男ランキング」のいい男たち★★
いい男に、それぞれどんな要素が眠っているのでしょうか・・・!?

※こちらの『愛の小惑星占星術』は、次の5つの小惑星で占っています。
●エロス
ギリシャ神話の性愛の神エロスの名前に由来し、ロマンチックな恋愛の衝動を象徴。あなたの恋愛の本質がわかります。
◆アモル
ローマ神話の愛の神アモルの名前に由来し、純情な愛情や思いやりを象徴。人づき合い、主に友人との関わり方が見えてきます。
●ジュノー
ローマ神話の結婚の女神ジュノー(ユノー)の名前に由来。結婚やパートナーシップを象徴し、パートナー、主に結婚相手との向き合い方がわかります。
◆セレス
ローマ神話の豊穣の女神セレスの名前に由来。生きる糧を与えるという神話から、養育、母性を象徴。誰もがもつ自分の内に秘めた“母なる部分”を発見できます。
●パラス
ギリシア神話の戦争と工芸のパラス・アテナに由来。男性性と女性性を象徴し、どのように社会に貢献し、自己実現していくのか見えてきます。

まず、木村拓哉さん(1972年11月13日生まれ さそり座)
を小惑星占星術で見ると・・・
●エロス(恋愛) → みずがめ座
男女というより人間として平等かつ自由な関係を望む タイプ
◆アモル(友愛) → みずがめ座
価値観の異なる者が協力し共通の目標を達成したい タイプ
●ジュノー(夫婦) → さそり座
穏やかな結婚生活の中に激しく深い愛情を求める タイプ
◆セレス(内なる母性)→ さそり座
子供とは一心同体 命をかけて子と向き合う タイプ
●パラス(自己実現) → てんびん座
交渉や調整に才能発揮 人間関係の協調を目指す タイプ
と、いう結果になりました!

この小惑星占星術の結果で、スタッフが言いたい放題、座談会しちゃいます♪

A:木村さんの記者会見に行った時、ドラマの役作りに対してとかすごく熱く語っていたんですよね。だからどんなことにも熱い人なんだろうなって感じました。だから【セレス】(内なる母性)の「命をかけて子と向き合う」ってぴったりですね!
B:いいお父さんそうですもんね~♪ 【パラス】(自己実現)の「交渉や調整に才能発揮、人間関係の協調を目指す」って納得~! スタイリストさんとかアーティストの人とかいろんな分野の人と仲いいし、現場の雰囲気を良くするって聞きました♪
A:そっかそっか~、もちろん実力もあるからだと思うけど、協調性があって周りのことをよく見てるから、有名な映画監督さんとか大物俳優に気に入られるんだろうね~♪ 【エロス】(恋愛)の「男女というより人間として平等かつ自由な関係」っていうのがお互いを尊重してる感じしない? 
B:するする☆ 【ジュノー】(夫婦)で「激しく深い愛情を求める」というふうにあるけど、クールに見せても、実は私はすごく愛情が深いんだと思う!
A:なんか私、最高の夫婦に思えてきましたっ!!

オールマイティに優れるカリスマ的本質との木村氏。理想の夫ともいえる彼の結果は、納得ですね♪

次は、福山雅治さん(1969年2月6日生まれ みずがめ座)
を小惑星占星術で見ると・・・

●エロス(恋愛) → みずがめ座
男女というより人間として平等かつ自由な関係を望む タイプ
◆アモル(友愛) → おうし座
感性と楽しみを共有しながら時間をかけて理解していく タイプ
●ジュノー(夫婦) → いて座
価値観の違いを楽しみつつ人生に深みを持たせていく タイプ
◆セレス(内なる母性) → やぎ座
子供には可能性を模索させ自分が信じる道を歩ませる タイプ
●パラス(自己実現) → いて座
知的レベルの向上と発展に能力の限界まで力を注ぐ タイプ
という結果になりました!

ではまた引き続き、トーク開始☆

A:私は、【パラス】(自己実現)の「知的レベルの向上と発展に能力の限 界まで力を注ぐ」で、趣味のカメラを極めているところが、当たってるなって思ったよ!
B:そうそう、写真の技術者達が絶賛するほどの、腕前らしいですよ!
A:へぇ~、趣味の腕前をプロ級ってすごいですね♪ 尊敬しちゃうっ☆
B:ね! 【アモル】(友愛)の、「感性と楽しみを共有しながら時間をかけて理解していく」っていうのもいいな~♪ 人の個性を認めてる感じがする~☆
A:福山さん、ラジオの悩み相談の時もそうなんですよ。相手を絶対否定せず、その人自身の個性を高めようとしてるんです! 
B:なんかそれって、【セレス】(内なる母性)の「子供には可能性を模索させ自分が信じる道を歩ませる」にも、すごく当てはまるね!
A:はっ・・・なんか考えていると、すごいいい男かも・・・!!
B:うんうん(ニヤリ)!

美しい容姿だけでなく、その人間性に、ファンからだけでなく、大物からも熱い支持を受けている福山氏。診断結果にも、その寛大さが表れていたようです♪
そして、ラストは、中居正広さん(1972年8月18日 しし座)
を小惑星占星術で見ると・・・

●エロス(恋愛) → うお座
愛とは尊いもの。人を愛せば生きるエネルギーになる タイプ
◆アモル(友愛) → やぎ座
人生経験が豊富な仲間とより成熟した友情を育む タイプ
●ジュノー(夫婦) → てんびん座
対等な関係維持のためにパワーバランスを操作する タイプ
◆セレス(内なる母性) → おとめ座
生活力と社会性の基礎を厳しくしっかり教え込む タイプ
●パラス(自己実現) → おとめ座
物事を秩序立てて整理する 補佐的役割で頭角を現す タイプ

という結果になりました! こちらも、まだまだ語りまっす☆

A:【パラス】(自己実現)の、「物事を秩序立てて整理する 補佐的役割で」!? コレって、まさに司会業じゃないですか!
B:ぴったりですよね。それにこの【セレス】(内なる母性)で、「生活力と社会性の基礎を厳しくしっかり教え込む」ってありますけど、中居さんって場を乱さないように配慮される方っていう印象があるから。だから司会として打ってつけなんでしょうね!
A:そういえば中居くんって、そういう秩序を乱さないようにする人なんだって聞いたことあります!! なんか現場の人達みんなで焼肉行こうって話になった時、その中の一人で「焼肉ヤダ~」ってワガママ言う子がいたら、その子を叱ったそうですよ♪
B:へぇ~、でもそんな感じする~☆ 実はまじめそうだもん! 私は、【エロス】(恋愛)の「愛とは尊いもの」で、メンバーのことを、すっごく大事にしてそうだなって思ったよ。
A:きっと扇の要みたいな人なんだろうね!
B:うんうん!(納得)

毎日、TVに登場しない日はないくらい、国民的スターの中居氏。真のリーダーっぷりが、診断結果によぉく表れていたように思います!

さて、そんなわけで「小惑星占星術(アステロイドロジー)」を使ってあれやこれやと占ってみましたが、いつもの星占いと違い、その人のまた別の新しい面を知ることができて、楽しかったです☆ 5つの小惑星で自分の運勢を知りたい人は、ぜひ芳垣先生の『愛の小惑星占星術』をチェックしてみてくださいね♪

愛の小惑星占星術  芳垣宗久・著
http://www.setsuwa.co.jp/04_syuppan/syuppan_list.html