みょんし:先生! ラッピングで自分の思いをうまく伝えたり、相手の心をつかむことができたり……しますか?

先生:できますよ(笑)。素材や色、柄、結び方など、それぞれにいろんな意味があるので、どんな素材のものでラッピングするか、どんな色や柄を選ぶのかなどで、印象がいろいろ変わってきます。もともと、「包む」という行為自体、古くからある特別な意味が込められているものなんですよ。

つつむ=大切なものを守る

先生:「包む」という行為は「大切なものを守るためにくるむ、包む」という意味があるんです。「赤ちゃんをおくるみで包む」って言いますよね?

みょんし:あ、そうですね! やさしく、そ~っと赤ちゃんを包みますね。お母さんが赤ちゃんをくるんでる姿からは、大きな愛情を感じます。

自分でラッピング=気持ちが込もっている表れ

先生:「包む」ことには「隠す」「秘める」「さえぎる」という意味もあって、「つつしむ」という言葉はこの「包む」から派生した言葉なんですよ。お中元やお歳暮で「のし紙」をつけて包んだりしますよね。これは武家の作法にのっとったもので、しわや折り目のない和紙は「中の物は清められているものですよ」という誠意の表れなんです。もともとは各家庭の主婦が和紙と水引(みずひき)を使ってちゃんと包んでいたんですよ。今はプリントされているものがほとんどですけどね。

みょんし:そんな意味があったんですか! デパートで「のしはいりますか?」と聞かれるたびに、いまいちわからないまま、なんとなく返事してました……f(^ . ^)

先生:笑。だから、ラッピングすることで、中身だけでなく、包装にも自分の気持ちが込められていますよ、というアピールにもなるんです。

なるほど~。お土産でお菓子をいただいたりした時なんかも、和紙で包んであったら「和菓子かな♪」とか中を想像してワクワク。(食い意地はりすぎ…)

「見た目」って、意外と「印象」と直結してるかも!

お店でしてもらうキレイなラッピングもいいけれど、どうせなら、自分なりのラッピングで、相手に気持ちを伝えたい! しかも、選び方次第で、相手の心を意のままに(できるかもしれない)!!

よ~し♪ では早速、ラッピングアイテムを選んでいきましょー!

1.まずは色選び。全体のイメージはどんな色にする?

下のテーマに合わせてメインカラーを決めよう。

●かわいらしさを出したい!
●女の子らしさをUPさせたい!

オレンジ×ピンク
イエロー×ピンク

軽快さをイメージさせる色(オレンジ、イエロー)と愛されカラー(ピンク)の最強コンビ。

●もう一度よりを戻したい!

ワインレッド×白

ワインレッド=復活愛、情熱の象徴。白=清めの色→二人の仲をもう一度結びつける。

●知的な印象をもってもらいたい!

ブルー×グリーン

嫉妬心をおさえ、理性的・知的に見せる効果のあるスマートカラーコンビ。

●やさしいイメージをもってもらいたい!

グリーン×ベージュ

単体だと、控えめすぎることもあるベージュが、癒しカラーのグリーンを引き立て、ソフトな雰囲気に見せてくれる。

●ライバルから好きな人を奪いたい!
●略奪愛に効果を発揮させたい!

パープル×ピンク

セクシーさ(パープル)とかわいらしさ(ピンク)を両方同時に併せ持つ小悪魔テイスト。

2.次は箱選び。どんな形の箱に入れる?
底の形に注目して選んでね。

3.今度は包むアイテム選び。どんな素材で包もう?

バスケットに木綿の布を敷く、などいくつか組み合わせてもOK! それぞれの効果がミックスで期待できるよ♪

4.次はモチーフ選び。どんな柄にする?
包装アイテムの柄だったり、つけるアクセサリーだったり、モチーフはいろんなところで大活躍。そのぶんインパクトも大なのでじっくり吟味して♪

みなさんは、どれを選びますか?
私、みょんしは「愛されカラー」ピンクと「軽快カラー」イエローのコンビで女の子らしく♪
恋愛全部に効かせたいから、柄はやっぱりハートでしょ~、でも魅力も開花させたいから、花柄も♪
このパワフルMIXでがっちり愛をつかみまっす!

でも……、包み方はどうしたら……?
せっかくだし、お店の店員さんがやってくれるようなカッコイイ包み方にしたい!
ということでショップみたいな包み方に挑戦♪

紙の大きさはこのくらい↓

写真のように箱を置いて、紙を上からかぶせた時に、箱の上ぶたと厚みが隠れるくらい。

1.箱の右下の角だけが、少しだけ紙の外に出るように置きます。

2.下の紙を箱の上にかぶせます。この時、へりのラインががきれいに出るようにしましょう。

3.左下の角を、箱の厚みのラインを出しながら紙を折り込みます。

4.箱の左端のラインと角がキッチリ出るように整えながら折り上げます。(ここで一旦テープでとめるときれいにできます)

5.4で左上にあった角も同じように、紙を折り込みます。

6.倒したところ。紙をはみ出さないよう中に折り込みながら、ゆっくり箱を倒していきます。

7.反対側のヘリも同じように、角とヘリのラインがキレイに出るように折り込み込みます。(ここでもテープでとめるとラク)はみ出した紙はヘリに合わせて折り、テープでとめます。

8.残りの紙も同じように折り込み、箱の上にかぶせます。箱からはみ出る紙はたたんで折り込み、テープでとめて。

9.表に返してできあがり!

土台は完成です☆ さぁ、これからもっともっとパワーUP! デコレーションで相手の心を揺さぶりますっ。いろんなリボンの結び方も紹介するよ。
5.次はデコレーション。どんなリボン、アクセサリーで飾る?
先に紹介した「柄モチーフ」の他に、「羽根」「フルーツ」「鈴」も追加♪

6.最後に飾り方を考えよう♪ リボンはどんなふうに結んだら効果的? 結び方をチェック!
結び方にもいろんなパワーがあるよ。

<リボンの結び方>
ちょう結びのやりかた
1.ちょう結びができるくらいの長さ(30センチくらい)のリボンを残して、1周リボンをかけて結びます。

2.下側のリボンで写真のように輪を作ります。

3.左上にあるリボンを右斜め上から左手前にもってきて、小さい輪を作ったら……

4.最初に輪にしたリボンの後ろを通り、3で作った小さな輪の間をくぐらせます(ふだんよくやる蝶々結びと同じです)。

5.形をきれいに整えたら、できあがり♪

お花ボウのつくりかた
1.端っこを7~8センチくらい残して好きな大きさの輪を作ります。

2.輪を作りながら、リボンを1回ねじってリボンの表面が自分側に見えるようにします。

3.そのまま後ろに重ねて反対側の指で持ちます。

4.同じように、今度は下側に輪を作ってリボンをねじり、後ろに重ねます。

5.続けてリボンを上にもっていき、同じように輪を作り、1回ねじって後ろで重ねます。

6.4と同じように、下側でまた輪を作り、1回ねじって後ろで重ねます。上下の輪同士が重ならないよう、少しナナメにずらしていくのがポイント。

7.5と同じように、上側でまた輪を作り、1回ねじって後ろで重ねます。

8.6と同じように今度は下側で輪を作り、1回ねじって後ろで重ねます。

9.リボンが重ね合っている部分を、ワイヤーなどでとめます。リボンにギャザーをよせるように、ギュッとワイヤーを引き、裏側で2~3回ねじってとめます。余分 なワイヤーがカットして。(ワイヤーがなければ細いヒモなどで代用してもOKですが、ワイヤーが一番キレイにできます)

10.輪を整えて、できあがり♪

カールリボンのつくりかた
1.市販の「カールリボン」を用意します(100均ショップなどで手に入るよ)。カールさせたい分量のリボンを残して、ちょう結びやボウなどを作ったら、上の部分にハサミのヘリをあてます。

2.リボンをギュッと引っ張りながら、リボンの先に向かってハサミを移動させます。(ハサミでリボンをしごく感じ)

3.できあがり♪

V字がけのやりかた
1.ちょう結びができるくらいの長さ(30センチくらい)のリボンを残して、上から縦方向に2周リボンをかけます。

2.1で残したリボンを、戻ってきたリボンの上から2本のリボンの下に通し、結びます。

3.下側にあるリボンでちょう結びの輪を作ります。

4.反対側のリボンを後ろから前にもってきて、4の輪の後ろをくぐらせてちょう結びを作ります。

5.ちょう結びが箱の上の部分にくるよう、位置とリボンの形を整えます。

6.底のリボンを左右に広げます。

7.できあがり♪

クロスがけのやりかた
1.左にちょう結びができるくらいの長さ(30センチくらい)を残して、縦に1周リボンをかけます。

2.箱を横にして、写真のようにリボンを交差させます。手前のリボンを箱の後ろにもっていき……

3.箱を1周させて、リボンを右側にもってきます。

4.残しておいたリボンを、3で右側にもってきたリボンの上から下を通して対面角にくるよう、くぐらせます。

5.両方のリボンが対角線上に一直線になるよう、ギュッと引っ張ります。

6.箱を縦に戻して、下側のリボンで輪を作ります。

7.上側のリボンを斜め右上から左下にもってきて、6で作った輪の後ろをくぐらせてちょう結びを作ります。

8.左右のリボンの大きさを整え、足の長さをそろえてカットしたら、できあがり♪

よ~し♪ 私みょんしは、リボンも、メインカラーのイエローとピンクをチョイス。
サテン系のイエロー、ピンクのラメで「美しさ、女性らしさ、華やかさ」をプラス♪
結び方は「お花ボウ」と「クロスがけ」の合わせワザに……
ふっ…完ぺきっ。
気合いを入れて最後のデコレーション♪
1.まずはイエローのリボンでクロスがけ。さらにピンクのリボンを重ねてクロスがけしたら、中心にお花ボウを置いて……(リボンの2本使いで、効果も2倍♪)

2.ピンクのリボンでお花ボウをしっかり結ぶ。

3.ちょう結びをプラスして……(縁結び♪)できあがり!

↓横から見たらこんな感じ♪

さらに耳よりテク!
●「2つ(ダブル)使い」で効果も2倍!
数字の「2」は「ペア」を表し、「結婚」「絆」の意味をもちます。包装紙を2枚重ねにしたり、リボンをダブルがけにしたり、箱を2つ重ねてラッピングするなど、「2」をキーワードにすると、それぞれのもつ力をさらに強めることに!
●「香り」で嗅覚からもアプローチ!
「香り」を少しつけるのも効果的。見た目だけでなく、嗅覚も刺激して、相手の心にすっと入っていけるよ。
ただなんとなくラッピング材を選ぶのではなく、込めたい気持ちを考えながらだと、選ぶのもなんだかもっと楽しくなりませんか?
どんなパワーを込めて、どんなふうに発揮させるかは自分次第だし♪
あなたはプレゼントにどんな魔法をかけますか?