恋をすると、いつもと同じ景色が少し違って見えること……ありませんか?
それは、あなたの瞳に恋のフィルターがかかっているから。
何色のフィルターを通して見るかによって、恋の捉え方は大きく変わります。
あなたの星座と生まれ月から、あなたの恋カラーを診断します。

★ この3つが占えます★
・ あなたの恋愛傾向
・ どんな彼に恋する?
・ 男性をキュンとさせるあなたのチャームポイント

カラーの出し方
① 下の表から自分の星座を探して、ABCのどのタイプかをチェックしてください。

② 次に、①で出たアルファベットと自分の生まれ月(奇数or偶数)の交わるところが、あなたの恋カラーです。


あなたの恋愛傾向
あなたは、かなり母性本能が強いタイプ。そのため、誰かを好きになると一生懸命相手をいたわり、尽くそうと頑張る人。ただ、自分が尽くすぶん、相手からの見返りを望む気持ちは強くて、彼の愛を独占しようとヤキモチで彼をがんじがらめにしてしまう傾向も。
どんな彼に恋する?
優しくて頼りになる男性に弱いあなた。困っている時に「大丈夫?」なんて親身になってくれる上司や先輩がいたら、ソク恋に落ちるでしょう。

あなたの恋愛傾向
あなたは、一見おっとり見えても内に秘めるパワーは絶大な人。ちょっぴり臆病なので、相手が自分に好意をもってくれていると思えるまでは、なかなか動きません。でも、いったんGOサインが出ると、どんな逆境にも負けない強さを発揮して、愛を貫く人に大変身!
どんな彼に恋する?
あなたは、尊敬から愛に入るタイプ。だから、仕事でも趣味でも、キラリと輝く世界をもつ人を見ると、恋の炎に火がつきそう。

ピュアでロマンチストのあなたは、どこか恋に恋しているところがあるみたい。だから、ちょっぴりホレっぽいところがあって、素敵な人を見たり、優しくリードされたりすると、つい気持ちがフラフラ…と、かなりムードに流されやすいタイプと言えるかも。
どんな彼に恋する?
とにかく、強引にされると弱いあなた。恋になれている年上男性のリードや、無防備に甘えてくる年下のワガママ男子には極端に弱そう。

あなたの恋愛傾向
人づき合いの上手なあなたは、男性ともすぐに打ち解けられるタイプ。だから恋の数はかなり多いモテガールのはず。ただそのため、どこか恋への どん欲さが欠けがちなところも…。好きな人がいても、他の男性とも仲良くしたりと、なかなか一途にはなれないタイプかも。
どんな彼に恋する?
優しいだけでは満足できないあなたは、ちょっぴり悪そうな男性に、ぶっきらぼうに「つき合えよ」なんて言われるとソク胸キュン。

あなたの恋愛傾向
もともとあなたは、どんな時にもきちんと「自分」というものをもって行動できる人。だから、恋においても常に自分の感情を優先します。好きな人ができると、情熱的にアプローチをするけど、熱が冷めてしまうと「や~めた」と、恋を手放してしまうクールな一面が。
どんな彼に恋する?
恋において理想が高いあなたは、恋人選びもかなりシビア。周囲が憧れるような人気者やイケメンじゃないと恋は始まらないのでは?

あなたの恋愛傾向
あなたは、何事にも縛られることを嫌う自由人。いつも刺激やトキメキを求めて飛び回っているのでは? だから、恋もベタベタした関係は苦手で、一緒にいて楽しい人と明るくすがすがしい恋を繰り返す人。タイプもこだわりはなく「好きになった人が運命の人!」なはず。
どんな彼に恋する?
「楽しくなきゃ恋じゃない!」あなたには、趣味が同じだったり、笑いのツボが同じだったり…息の合う人がソク恋のお相手に。



もともと面倒見の良いあなたは、恋に落ちると彼の世話は何でもしたくなるみたい。でも、構いすぎは時に逆効果。それより100%彼に頼って甘えたほうが魅力的に映り、彼を奮い立たせます。

本来は落ち着いた魅力で男性のハートをキャッチするタイプのあなた。だからこそ、ちょっとしたドジや失敗をしたときに、かわいい仕草をしてみて。普段とのギャップに彼はグラッときそうです。

本当は臆病なのに一度「この人!」と心を許すと、無防備に愛を注ぐあなた。その一途な変身ぶりは男の人にとっては愛おしく、「大事にしなきゃ!」という気分にさせることになりそう。

ノリの良いあなたは、男性からみて一緒にいて楽しい女性。でももう一歩、自分から相手を好きになろうとする情熱をもってみましょう。男性はあなたの「本気」にめっぽう弱いのだから!

恋においても、人生においても自らが「主役」のあなたは、恋をするとそれだけで輝きが増すタイプ。そんなあなたが内に秘めた人情家の一面を出せば、男性の恋心は刺激されること間違いなし!

いつも元気なあなたは、少々お色気不足。だから、みんなの前では明るいキャラを前面に出しても、彼とふたりきりになったら甘え上手に変身しましょう。

自分の恋カラー、出せましたか?
ピンク色だったスタッフはモテポイントで書かれていた「彼に100%頼って」を読んでドキリ…。「私に任せて!」としゃしゃり出てばかり…。あ、コレがダメなところ(のひとつ?)だったんだなと自分を再確認できました。
みなさんも恋カラーを上手にまとわせて、恋を実らせてくださいね!